グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


保険薬局の薬剤師の皆さま


がん治療において、私たち聖隷浜松病院薬剤部職員は他職種と連携しながら患者さんに対してより効果的でより安全な治療を提供するため、日々、以下を含めた業務を行っております。
  • 内服アドヒアランス向上維持による治療効果減弱回避
  • 治療(薬)に対する認識不足からの副作用発現や治療効果減弱
  • 副作用の早期発見と支持療法による治療中断回避
  • 支持療法の適正な使用よる副作用重篤化回避
  • 副作用発見時においての適正時期/適正基準での治療薬中断による副作用重篤化回避

入院治療と一部の通院治療においては医療者が支えとなり適切なアドバイスの元でがん治療が継続できる一方、多くの通院治療(経口抗がん薬や支持療法薬)においては患者さん自身またはその家族によるマネジメントが重要となります。通院治療における医療情報の提供元には、保険薬局の皆さまも挙げられますが、病院からの提供される情報の不十分性から服薬指導時に苦慮される事例も想定されます。
地域全体で患者さんを支援できる体制作りの充実が重要と考えている私たちと共にがん治療に向き合っていただけるよう当院システムをご理解、ご活用いただければ幸いです。

当院のがん治療の流れ

一般的ながん治療施行時

※【2】薬剤師は、化学療法連携シート、各薬剤パンフレットを活用し説明します。
※【3】緊急性がある場合は『当日』、ない場合は『後日』医師が処方します。

薬剤師外来利用によるがん治療施行時

※【1】薬剤師は、化学療法連携シート、各薬剤パンフレットを活用し説明します。

お問い合わせ窓口

確認したい事柄についてのお問い合わせ

(例)
  • 治療方針
  • がん治療薬(主として注射薬)
  • 検査値
  • 病状の変化
  • 患者さんからの質問事項 など

化学療法担当者より返答いたします

【疑義照会用紙】 または 【電話】にてご連絡ください。
電話:053-474-3433(直通)
FAX:053-474-0115

報告したい事項についてのお問い合わせ

(例)
  • 内服状況
  • 副作用発現状況と対処希望有無
  • 継続の必要性が乏しい薬剤の提案
  • 患者からの発言、治療への認識程度 など

医師、担当薬剤師、関連部署職員に情報提供いたします

【トレーシングレポート】にてご連絡ください。

トレーシングレポート様式

承認レジメン一覧

聖隷浜松病院がん化学療法レジメンは、レジメン内容を保険調剤薬局薬剤師などが、服薬指導管理等で利用するために公開するものです。
本資料は、聖隷浜松病院でがん治療を受ける患者さんの適正な投与・副作用管理を目的として提供されるものであり、その他の目的での用途は想定しておりません。投与量、投与スケジュールは、患者さんの状態によって変更される場合があります。掲載内容については、無断転用を禁じます。

PAGETOP