グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


外科

聖隷浜松病院外科専門研修プログラム

2018年度聖隷浜松病院外科専門研修プログラム


目的と使命

1)専攻医が医師として必要な基本的診療能力を習得すること
2)専攻医が外科領域の専門的診療能力を習得すること
3)上記に関する知識・技能・態度と高い倫理性を備え、標準的な医療を提供できる外科専門医となること
4)外科専門医の育成を通して国民の健康・福祉に貢献すること
5)外科領域全般からサブスペシャルティ領域(消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科)またはそれに準じた外科関連領域(乳腺や内分泌領域)の専門医取得へと連動すること。

プログラムの特徴

臨床経験について

 ・基幹病院単独で年間手術件数 2160件
 ・内視鏡、化学療法、救急疾患も経験でき、外科医としての総合力の習得が可能です
 ・Subspecialty全4領域(消化器外科/心臓血管外科/呼吸器外科/小児外科)の修練施設であり、基幹施設単独で全領域における必須症例経験が可能。
 ・消化器外科、肝胆膵外科、大腸肛門科、呼吸器外科、乳腺科、小児外科が一緒にカンファレンスや診療を行っており、各専門分野の専門医が充実した研修をサポートします。

学術活動のサポート

・基幹病院においては、各種電子ジャーナル、Cochrane Library、Medical Onlineなど、様々な文献検索ツールが3年間の研修期間を通して利用可能です。
・基幹病院では学術広報部を設置しており、専門スタッフによるデータ抽出や統計処理、発表ポスター出力等、学会発表や論文執筆等の学術活動に対するサポートを受けることができます。

プログラムの目標

専門研修1年目

・聖隷浜松病院に所属し、消化器、心臓血管外科、呼吸器、小児外科、乳腺科など、外科系全般の研修を行います。
・経験症例200例以上(術者30例以上)

専門研修2年目

・聖隷浜松病院、または連携施設に所属し、外科系全般の研修を継続します。
・経験症例400例以上/2年(術者120例以上/2年)

専門研修3年目

・聖隷浜松病院、または連携施設で志望するサブスペシャルティ領域を中心とした研修を行います。
・経験症例600例以上/3年(術者250例以上/3年)

プログラム概要

期間:3年間
   最低6ヶ月 基幹病院
   最低6ヶ月 連携施設

<例>  1年次  2年次   3年次    4年次
      基幹    基幹   連携A  
      →→→→→→→→→→→→
            外科専門医研修


 社会人大学生枠 →浜医での学位取得も可能

連携施設

浜松医科大学附属病院
静岡県立静岡がんセンター
聖隷三方原病院
聖隷佐倉市民病院
聖隷横浜病院
聖隷淡路病院
聖隷富士病院

具体例:専門研修医A

手術経験経験症例執刀症例
研修1年目288 /1年84 /1年
研修2年目635 /2年183 /2年
研修3年目951 /3年300 /3年

週間スケジュール

8:00~9:00術前カンファ術後カンファ死亡例(月1回)
抄読会(隔週)
---
9:00~回診回診部長回診回診回診術前検討
9:30~手術内視鏡手術病棟 / 手術手術内視鏡
(隔週)
13:00~
手術/
病棟業務
18:00~病理・内科・
放射線科
合同検討会

実績について

スタッフについて

スタッフはこちらをご覧下さい

教育コーディネーター(各科相談窓口)より

豊富な手術件数・検査を経験できます。
忙しく大変なこともありますが、実りのある専門医研修を行えると思います。ぜひ検討下さい。


浜野 孝
hm-geka1-kenshu@sis.seirei.or.jp

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ