グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


外科

聖隷浜松病院 外科専門研修プログラム

  1. 豊富な症例を経験することができます(年間手術数 約2000例)
  2. 各分野のローテーションは、後期研修医同士の話し合いで決定され、各自の志望科や希望に沿った設定が可能です。
  3. 一定の実力がつけば、志望のサブスペシャルティ領域での研修が可能です。
  4. 上部消化管外科、肝胆膵外科・Acute Care Surgery、大腸肛門科、呼吸器外科、乳腺科、小児外科が一緒にカンファレンスや診療をしているため、各専門分野の専門医が充実した研修をサポートします。
  5. 内視鏡外科学会技術認定医4名(3領域)の指導の下、豊富な症例を基に内視鏡外科手技を基礎から習得することができます。
  6. 腫瘍外科だけでなく、希望者は救急・外傷外科の研修を受けることも可能です。常勤のAcute Care Surgery学会認定外科医2名とともに、外傷チームの一員としてtrauma codeに対応し、重症外傷への対応を身につけることができます。連携施設には救急・外傷外科のHigh Volume Centerやドクターヘリ運航施設も含まれており、救急・外傷外科領域の総合的な研修が可能です。
  7. 各学会の研修指定病院のため、将来のsubspeciality領域の専門医取得を視野に入れた研修が可能です(消化器外科学会、大腸肛門学会、呼吸器外科学会、乳癌学会、小児外科学会、心臓血管外科学会など)。大学病院とも連携しているため、希望者は専門研修期間中に社会人大学院生となり、学位を取得することも可能です。

募集人数

5名

研修期間

3年

目的と使命

1)専攻医が医師として必要な基本的診療能力を習得すること
2)専攻医が外科領域の専門的診療能力を習得すること
3)上記に関する知識・技能・態度と高い倫理性を備え、標準的な医療を提供できる外科専門医となること
4)外科専門医の育成を通して国民の健康・福祉に貢献すること
5)外科領域全般からサブスペシャルティ領域(消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺外科、内分泌外科)またはそれに
  準じた外科関連領域(救急やAcute Care Surgery)の専門医取得へと連動すること

年次毎の専門研修計画

専門研修1年目

基本的診療能力および外科基本的知識と技能の習得を目標とします。
虫垂炎、痔核、絞扼性イレウス、鼠径ヘルニア(成人・小児、腹腔鏡手術含む)、胆石症(炎症の少ないもの)、乳癌(乳房切除など)、胃局所切除(腹腔鏡下)等の低難度症例から執刀を経験します。各自の初期研修での経験に応じて、外科専門医取得に必要な各領域の最低経験症例数を満たすことができるようにローテーションを行います。

専門研修2年目

基本的診療能力の向上に加えて、外科基本的知識・技能を実際の診断・治療へ応用する力量を養うことを目標とします。
より難度の高い幅広い症例の執刀を目指します。強い炎症を伴う虫垂炎や胆嚢炎、腋窩郭清を伴う乳癌手術、肺腫瘍(肺部分切除)、良性胆道疾患(肝外胆管切除・胆管空腸吻合など)、肝腫瘍(肝部分切除)、大腸癌(開腹・腹腔鏡下)、胃癌(開腹・腹腔鏡下)など。将来の志望科に関係なく、各自の研修到達度によって執刀症例が決まります。心臓血管外科を志望する場合は、各自の研修到達度に応じて2年目から心臓血管外科での研修開始が可能です。
連携施設での研修は2年目後半から3年目前半の間に、半年以上の研修を行うことを想定していますが、各自の希望と研修の進捗状況により時期の調整が可能です。

専門研修3年目

外科の実践的知識・技能の習得により様々な外科疾患へ対応する力量を養うことを目標とします。
研修の習熟状況に応じて、将来志望するsubspeciality領域の、より高度な手術手技を経験します。消化器外科領域では、スタッフの指導のもとで大腸癌(開腹・腹腔鏡下)、胃癌(開腹・腹腔鏡下)、胆道癌(肝床切除・肝外胆管切除など)、膵臓癌(PDなど)、肝腫瘍(系統的肝切除など)、呼吸器外科領域では肺癌の解剖学的切除など、より複雑な手術の執刀を経験し、外科医としての技量のさらなる向上を目指します。
研修修了後に、連携施設の大学病院などでsubspeciality領域の研修を継続する場合は、3年目後半から連携施設で研修を行うことも可能です。

連携施設

  • 浜松医科大学附属病院
  • 静岡県立静岡がんセンター
  • 聖隷三方原病院
  • 聖隷佐倉市民病院
  • 聖隷横浜病院
  • 聖隷淡路病院
  • 聖隷富士病院
  • 藤田医科大学病院 
  • 島根大学 Acute Care Surgery講座 

研修モデルコース例

実際の内容は、本人の希望や研修進捗状況などにより調整します。外科専門医取得に必要な最低経験症例が充足している場合、前倒しで志望するsubspecialityでの研修に専念することも可能です。連携施設での研修は2年目後半から3年目前半の間に、半年以上の研修を行うことを想定していますが、各自の希望と研修の進捗状況により時期の調整が可能です。

外科専門医基本コース

456789101112123
1年目大腸肛門科呼吸器外科乳腺科小児外科
2年目上部消化管外科肝胆膵・ACS心臓血管外科大腸肛門科
3年目連携施設研修選択研修

消化器腫瘍外科コース

456789101112123
1年目大腸肛門科呼吸器外科乳腺科 小児外科心臓血管外科
2年目上部消化管外科肝胆膵・ACS連携施設研修
3年目大腸肛門科上部消化管外科肝胆膵・ACS

連携施設:藤田医科大学・浜松医科大学・静岡県立がんセンターなどでの内視鏡外科・ロボット手術の研修が可能です。

呼吸器外科コース

456789101112123
1年目呼吸器外科大腸肛門科乳腺科小児外科心臓血管外科
2年目上部消化管外科肝胆膵・ACS大腸肛門科呼吸器外科
3年目連携施設研修呼吸器外科

連携施設:聖隷三方原病院・浜松医科大学などでの呼吸器外科研修が可能です。

小児外科コース

456789101112123
1年目小児外科上部消化管外科乳腺科呼吸器外科心臓血管外科
2年目大腸肛門科肝胆膵・ACS連携施設研修
3年目小児外科

乳腺外科コース

456789101112123
1年目乳腺科大腸肛門科呼吸器外科小児外科心臓血管外科
2年目上部消化管外科肝胆膵・ACS連携施設研修
3年目乳腺科

心臓血管外科コース

456789101112123
1年目大腸肛門科上部消化管外科
肝胆膵・ACS
乳腺科呼吸器外科小児外科
2年目選択研修心臓血管外科連携施設研修
3年目心臓血管外科

各分野の最低経験症例に不足がある場合、選択研修で経験を補います。外科専門医取得に必要な最低経験症例が充足している場合、前倒しで心臓血管外科での研修に専念することも可能です。
連携施設:浜松医科大学・聖隷三方原病院などで心臓血管外科研修が可能です。

Acute Care Surgeryコース

456789101112123
1年目上部消化管外科
肝胆膵・ACS
呼吸器外科乳腺科小児外科
2年目大腸肛門科心臓血管外科肝胆膵・ACS救命救急
3年目連携施設研修肝胆膵・ACS

連携施設:島根大学高度外傷センター、聖隷三方原病院(高度救命救急センター)などでの研修が可能です。

社会人大学院コース

456789101112123
1年目大腸肛門科呼吸器外科乳腺科小児外科心臓血管外科
2年目上部消化管外科肝胆膵・ACS大腸肛門科選択研修
3年目社会人大学院
選択研修連携施設研修

社会人大学院は3年目での入学を想定しているが、入学時期についての相談は可能。選択研修は、志望のsubspecialityや経験症例に応じて選択します。
連携施設:浜松医科大学での外科研修・研究従事など(研究専属期間は6ヶ月以内)

週間スケジュール

8:00~9:00術前症例検討術後症例検討Mortality conference(月1回)
抄読会(隔週)
--
9:00~回診回診部長回診回診回診
9:30 ~手術内視鏡手術病棟業務 / 手術手術
13:00~
手術 / 病棟業務
18:00~
病理・内科・放射線科 合同検討会

実績について(下記をクリックして下さい)

スタッフについて

スタッフはこちらをご覧下さい

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ