グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療科・部門紹介  >  外科・肛門外科

外科・肛門外科

このページの目次


主に消化器疾患と肛門疾患の診断と治療を行っています。

診断分野

内視鏡センター新設にともない、経鼻胃カメラ、NBI胃カメラなどの新機材を導入し、より安全に、より快適に精度の高い検査を受けられるようになりました。現在、胃カメラ、大腸カメラ、内視鏡下逆行性胆道造影(ERCP)を中心に検査を施行しております。また内視鏡を用いた治療としてポリープ切除、早期胃・大腸癌切除(粘膜切除)、総胆管結石除去、出血性潰瘍、食道静脈瘤の止血処置など積極的に行っており、地域の病院、医院から速やかに治療が移れるよう、連携システムも構築しております。さらに検査結果をより正確にご理解いただくために、内視鏡写真を印刷し説明の際にお渡ししています。

治療分野

外科治療は消化器癌手術を主体に、胆石、胆管結石手術、腸閉塞、腹膜炎、虫垂炎、鼡径ヘルニア、痔疾患などを対象に行っています。内科治療は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、感染性腸炎、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などを対象に行っています。また消化器癌に対する化学療法(抗癌剤治療)はガイドラインに準じて施行しており、終末期における緩和ケアにも力を注いでいます。

手術

手術治療での基本的方針は、安全で確実な手術を提供することを第一としております。胃癌・大腸癌などの消化器癌手術では、過不足のない切除を行い、皮膚切開も位置や長さに配慮し、必要最小限となるよう心がけています。また腹腔鏡手術も胆石、大腸癌、胃癌(早期癌)に対し施行しております。手術後の痛み対策として硬膜外麻酔、鎮痛薬持続静注を用いることにより、早期離床、早期回復に役立てています。


肛門外科

肛門疾患は主に痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(あな痔)、直腸脱などの診療を行っています。最も多い痔核(イボ痔)の治療は、座薬・内服薬での治療、硬化療法(ジオン)、切除手術を症状にあわせて適切に選択することにより、最も効率のよい治療を目指します。手術治療の入院期間は、硬化療法(ジオン)では1~3日、切除手術では10日前後を基本としております。

痔疾患以外に排便に関するご相談も、随時お受けしております。「下剤を内服してもすっきり出ない」「便は軟らかいのに、なかなか出ない」など複雑な排便のお悩みにも積極的に対応し、患者様ごとに適した治療法を、まさにオーダーメイドで行っております。西洋薬と漢方薬を活用することにより、より細かな調節や他の病院からのお薬との併用も行いやすいように工夫しております。

セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオンに対しても全面的にご協力させていただいております。当科にて診断、手術された疾患に対して、ご希望により全ての資料を貸し出しし、紹介状を作成しますので、安心して他の病院に相談に伺うことが可能です。逆に他院からのセカンド・オピニオンについても大腸肛門疾患を中心に承ります。


手術実績

 2015年度2016年度2017年度
手術件数394例385例363例
全身麻酔122例131例133例
腰椎・硬膜外麻酔139例141例121例
局所麻酔133例113例109例
疾患別2015年度2016年度2017年度
胃癌5例10例
※腹腔鏡:1例
10例
大腸癌45例
結腸:24例
直腸:21例
※腹腔鏡:3例
37例
結腸:24例
直腸:13例
※腹腔鏡:6例
34例
結腸:18例
直腸:16例
※腹腔鏡:2例
肝癌転移性:3例
胆石・胆嚢炎47例
※腹腔鏡:39例
47例
※腹腔鏡:43例
43例
※腹腔鏡:35例
胆管結石1例1例1例
胃十二指腸穿孔1例4例1例
大腸穿孔1例3例1例
腸閉塞5例8例9例
虫垂炎10例11例17例
良性大腸疾患2例3例5例
ストマ関連10例6例7例
痔手術79例
痔核:57例
痔瘻:13例
裂肛:9例
66例
痔核:42例
痔瘻:18例
裂肛:6例
78例
痔核:57例
痔瘻:17例
裂肛:4例
直腸脱9例18例6例
ヘルニア60例
鼡径:54例
大腿:2例
腹壁:4例
61例
鼡径:52例
大腿:2例
腹壁:5例
臍:2例
52例
鼡径:45例
大腿:1例
腹壁:4例
閉鎖孔:2例


スタッフ紹介

氏名役職専門分野資格卒業年
小里 俊幸病院長消化器外科
大腸肛門科
腹腔鏡手術
医学博士
外科専門医・指導医
消化器外科専門医・指導医
大腸肛門病専門医・指導医
検診マンモグラフィ読影認定医
1982年
瀬戸口 智彦統括部長
内視鏡センター長
一般外科
消化器外科
医学博士
外科専門医
消化器外科専門医
消化器内視鏡専門医
消化器病専門医
消化器がん外科治療認定医
食道科認定医
麻酔科標榜医
2000年
原 竜平副部長一般外科
消化器外科
医学博士
外科専門医
2002年


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?