グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療科・部門紹介  >  内視鏡センター

内視鏡センター

このページの目次


概要

当院内視鏡センターは、患者様本位の医療の一環といたしまして、皆様が気持ち良く内視鏡検査を受けられます様に、待合室・検査室・回復室・トイレ・洗面などに工夫をしました。
待合室はコーナーラウンジ型のソファを用意し、大型のテレビを鑑賞しながら大腸内視鏡の前処置となる下剤を、ゆったりとくつろいで時間を掛けて飲んでいただけます様に、配慮いたしました。トイレは4ヶ所(+車椅子用1ヶ所)あり、それぞれ個別の患者様に割り振って使えるようにプライバシーに配慮いたしました。また浣腸処置が必要な方の為に車椅子のまま入れる広い浣腸処置室も用意しました。洗面所も明るく工夫しました。
検査室は現在2室ですが、パーテーションを工夫する事により広い内視鏡手術室に早変わりし、将来は3室にも発展できます。
内視鏡機器は最新の電子内視鏡システムを導人し、患者様用のテレビ画面も用意しましたので、余裕があれば検査しながらご自分の胃腸の中を見る事もできます。検査結果もすべて最新のコンピュータ管理です。内視鏡は全自動洗浄機で消毒・管理され感染症対策も万全です。回復室にはベッド2床と安楽チェアー3台を用意し、内視鏡治療後の回復、急な体調不良にも対処可能としました。

内視鏡センター



内視鏡検査・治療

当院では、皆様が気楽に苦痛なくまた都合よく検査を受けられます様に、これまでに
1.麻酔(鎮静)胃カメラ、麻酔(鎮静)大腸カメラ
2.細い経鼻内視鏡の導入
3.大腸カメラ・胃カメラ
の同日検査(希望で)等を積極的に導入して参りました。

次に現在当センターで行っております最新の消化器内視鏡治療を紹介いたします。

内視鏡的消化管止血術

胃や大腸等の消化管から大量に出血しますと吐血、下血が起こり、血圧が下がって生命維持が困難になる場合があります。内視鏡的に止血できれば緊急開腹手術を行わずに済みます。


内視鏡的胃瘻造設術

食事の嚥下障害を伴う方、誤嚥性肺炎を繰り返す方の場合、内視鏡を用いて腹壁と胃壁を直接繋ぐ胃瘻ボタンを設置する事で、点滴よりも安全、生理的な栄養補給を行う事ができます。


内視鏡的腸閉塞解除チューブ挿入術

腸閉塞では、詰まった部位の上流に大量の腸液が溜まり、腹痛や嘔吐の原因となり、放置しますと腸穿孔を起こしますので、内視鏡を用いて腸液を抜くチューブを挿入する事で緊急開腹手術を回避する事もできます。


内視鏡的胆管結石除去術、内視鏡的減黄術

胆管結石は、開腹手術では大手術になる場合もありますが、X線下で内視鏡を十二指腸まで挿入し、胆管の出ロから胆管造影を行い、出ロを拡げて結石を鉗子でつかんで除去する事ができます。また膵癌や胆管癌による悪性胆管狭窄、黄疸に対し胆汁を抜くチューブを内視鏡的に胆管へ挿入して減黄術を行う事もできます。



診療実績

 2014年度2015年度2016年度
EGD
(上部消化管内視鏡)
1,950件1,803件1,711件
CS
(下部消化管内視鏡)
1,182件1,159件1,022件
ERCP
(内視鏡内逆行性胆管膵管造影)
26件26件23件
PTCD 他
(経皮経肝胆管ドレナージ)
15件7件2件
PEG
(経皮的内視鏡胃瘻造設術)
15件17件15件
その他12件10件12件
 2014年度2015年度2016年度
ESD
(内視鏡的粘膜下層剥離術)
5件5件7件
EVL
(内視鏡的静脈瘤結紮術)
3件1件0件
EMR
(内視鏡的粘膜切除術)
3件13件6件
ポリペクトミー314件310件281件
止血術19件16件28件
異物除去3件10件3件
イレウス管挿入12件14件22件


スタッフ紹介

氏名役職医籍
砂山 健一内視鏡センター長
(外科統括部長 兼務)
1993年


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?