グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研修教育活動  > 外部研修事業(看護師・介護職等)  > 看護師特定行為研修 (2019年10月開講(共通科目)2020年4月開講(区分別科目)についての一般公募は受け付けておりません)

看護師特定行為研修
(2019年10月開講(共通科目)2020年4月開講(区分別科目)についての一般公募は受け付けておりません)

2019年10月 新規開講します!

 この研修は、急性期から在宅を含む慢性期医療の現場において、チーム医療の主軸として医療安全に配慮しつつ、高度な臨床能力を発揮できる看護師を養成すること、並びに地域の看護師の自己研鑽が継続できる基盤を構築することを目的として、平成27年10月1日に施行された特定行為に係る看護師の研修制度に基づく研修です。

 当法人ではこの主旨に賛同し、当法人の医療機関、訪問看護事業所の看護師のみならず、ともに地域包括支援システムを築き上げる地域の看護師を育成し、急性期から在宅療養までを支える体制づくりに寄与できる研修を目指します。


当法人の事業は、昭和初期から結核患者の療養を世話することから始まり、その後に診療所から病院へと充実した医療機関となりました。また、結核の予防対策として始まった結核検診の事業は、のちに成人病予防、人間ドック、労働安全衛生、健康増進等の事業を包括した保健事業部へと発展しました。
 さらには、介護保険対応の入所施設、在宅サービス事業、有料老人ホーム事業等、医療、保健、福祉、介護サービスを柱とした総合的なヒューマンサービスを提供する「複合体」となっています。
 少子高齢化が進展し、我が国の社会構造が変化しつつある時代だからこそ、地域の皆様が安心して生活し続けていくためのセーフティネットの充実が必要です。
 

看護師特定行為研修とは

看護師特定行為研修についてご案内します。


「共通科目」についてご案内します。


「区分別科目」についてご案内します。



Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.