グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



役員がつづるコラム「膠漆之心」


「膠漆之心」とは膠(にかわ)と漆(うるし)のように強く離れがたい固い絆の例えです。
聖隷福祉事業団 理事長の青木は仲間との絆を大切にしています。経営陣と職員の絆、すなわち相互理解を深める場として、法人本部(静岡県浜松市)に在席している役員を中心に、日々の「想い」・「行動」をありのままにつづっていきます。

RSS

20220113-132248-7843.jpg

2024.02.08
理事 鎌田裕子:(2024年2月号)健やかに生き抜く健康づくり~小さな喜びでコツコツと~
現在、私は人事担当役員として仕事をしていますが7月の体制変更に伴い、在宅・福祉静岡ブロック(在宅・保育)支援担当と新たな役割も頂きました。

aoki1.jpg

2024.01.09
理事長: 青木善治(2024年1月)最高の質のサービスを追求するために~誰もが輝く2024年へ~
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 昨年5月から、新型コロナウイルス感染症が5類に移行し、感染防止対策を続けながらも自粛や規制のない日常が戻ってまいりました。聖隷の施設におきましても、面会やイベントなどが再開され、ご利用者のたくさんの笑顔を見ることができるようになってきました。

20220117-101626-1068.png

2023.12.04
常務執行役員:福田崇典(2023年12月)今を生きること
最近、誕生日を間近に控え考えたこと、10数か所の事業所での産業医面談を通して感じたことをお伝えしたいと思います。

20210616-145220-6919.jpg

2023.11.06
常務執行役員:井上英樹(2023年11月)「健康」という幸せ
私は多趣味な方ではなく、スポーツもそれほど得意な方ではないので、普段から運動の習慣があまりありません。基本的に家でゴロゴロ本を読んでいるのが好きです。本のジャンルもかなり偏っていて、歴史小説と経営に関する書籍がほとんどです。さらに著者も歴史小説は司馬遼太郎に、経営書籍は稲盛和夫にかなり偏っています。ちなみにゴルフのスコアアップの本もたくさん読みましたが、こちらはあまり意味がありませんでした。

koushitsu_yamamotoinchou.jpg

2023.10.02
理事 山本貴道:聖隷三方原病院院長 (2023年10月号)病院長拝命に当たって思うこと - ご縁を大切に
私は1986年に浜松医大を卒業しました。当時は今と違って正式な形での初期研修は無く、すぐに医局に入るシステムであったため、学生時代から考えていた脳神経外科学教室に入局しました。脳神経外科への入局を最終的に決める前、実は他県の病院での研修も考えていたため、そこに採用されていれば人生は大きく異なっていたことでしょう。

hattorijoumu_3.png

2023.09.04
理事 服部東洋男(2023年9月号)女性リーダーの活躍
2024年4月新卒の採用面接が進行中です。IT化やDXなどのデジタル技術は進展していますが、まだまだ医療や福祉の分野では人の力と人の判断が不可欠です。各現場からの採用要望も多く、我々とともに働いてくれる優秀な人材をひとりでも多く確保したいと面接にも熱が入ります。

okainchou.jpg

2023.08.07
理事 岡俊明:聖隷浜松病院院長 (2023年8月号)ランニングで脳を鍛える
20年くらい前から休みの日にランニングをするようになりました。きっかけは運動不足で体重が増加したことと、その当時は月に5回は当直しており体力アップの必要性を感じたことです。

20220421-154506-3126.jpg

2023.07.20
理事 彦坂浩史:(2023年7月号)公衆電話の使い方
昔は道路や街角で多く見られた公衆電話。現在、その激減を感じている方も多いことでしょう。電気通信事業法施行規則による第一種公衆電話(ユニバーサルサービス)の設置基準が2022年4月に緩和され、さらに減少する方向です。長時間又は長距離電話のために電話に10円玉を積んだり、ポケベルの返信をするために近くの公衆電話に走った経験のある人間としては一抹の寂しさがあります。

koushitsu-230515.webp

2023.05.15
常務執行役員:武藤繁貴(2023年6月) 聖隷での30年
この4月に保健事業部長に就任しました。よろしくお願いいたします。そして先日、永年勤続30年の表彰をいただきましたが、まさかこれほど長く勤めることになるとは思いもよりませんでした。

20230410-113913-1858.jpg

2023.05.08
理事 平川健二:高齢者公益事業部長(2023年5月号)前略 長谷川 保様
今から50年前1973年にあなたは日本で初めての本格的な有料老人ホーム(当時あなたは「高齢者世話ホーム」と呼んでいらっしゃいました)浜名湖エデンの園を開設していただきました。

20230330-161815-1460.jpg

2023.04.03
理事長 青木善治(2023年4月号)with/afterコロナの時代に向けて  ~新入職員の皆さんへ贈る言葉~
桜咲き、新入職員を迎える季節がやってきました。新型コロナも感染症の分類上、5類に変更されることが決まり、以前よりも明るい気持ちで桜を見ることができるようになってきたかと思います。

20230120-180036-1831.jpg

2023.03.06
理事 鎌田裕子:(2023年3月号)日本語って難しい?!
私は人事企画担当役員として職員の採用・育成・制度・配置等の職務を担当しています。 採用に関しては聖隷福祉事業団で共に働く様々な職種の職員を年間500名程度、新入職員として迎え入れています。各専門職種は各専門部門と、そして各事業部と情報共有しながら採用活動を推進しています。

20220117-101626-1068.png

2023.02.06
理事 福田崇典:(2023年2月号)自分らしく生きるために、健康になる
「人生100年時代」は、リンダ・グラットン氏が、2016年に出版した『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』の著者の中で提言しています。 さて、人生100年時代、健やかに生きるためには何が重要でしょうか。 私は、「体も心も元気で、社会との関係も良好である状態」であることが重要と考えます。

20230105-102627-9927.jpg

2023.01.10
理事長 青木善治(2023年1月号)どうする聖隷
「OBの方とのふれ合い」「2022年を振り返って」「財団法人から社会福祉法人へ~給料制度の導入~」についてつづっていきます。

20211025-141323-5792.jpg

2022.12.05
理事 日下部行宏(2022年12月号)聖隷の人づくりの源流
先日、偶然にも私が聖隷三方原病院で診療放射線技師長であった頃の総看護部長とお会いする機会がありました。懐かしい思いと、私自身が職業人生の終盤を迎え、最近考えていた聖隷の人づくりへの思いが一気に溢れ出してきました。

20211011-101218-1017.jpg

2022.11.14
理事 津幡佳伸:在宅・福祉サービス事業部長(2022年11月)「事業部の取り組みを学ぶ見学弾丸ツアー」
100年企業と呼ばれる企業の存続率は2%程度と言われています。その100年企業が生き残っている共通の要素の中に、環境変化への対応力と企業理念の確かさが挙げられています。

20210813-100342-1570.jpg

2022.10.03
常務執行役員:服部東洋男(2022年10月号)今どきの指導方法
アーティスティックスイミング・井村雅代コーチの話を聞く機会がありました。6月に開かれた、世界水泳アーティスティックスイミングのソロ種目で乾友紀子選手が金メダルを獲得しました。その乾選手のコーチです。井村さんは、オリンピック10大会に参加し、そのうち9大会でメダルを獲得。獲得できなかったのが1回のみ...それが2021年の東京オリンピックでした。

20210803-151852-2769.jpg

2022.09.05
理事 平川健二:高齢者公益事業部長(2022年9月)「座右の銘をお聞かせください」
小学生の頃、「あなたの座右の銘をお聞かせください」と言われたら何と答えればよいのだろうと、聞かれたことも無いのに密かにドキドキしていました。

20210709-142444-6869.jpg

2022.08.01
理事 岡俊明:聖隷浜松病院院長 (2022年8月号)医は話術
医師になって35年となりますが、これまで先輩医師から多くのことを学び成長できたと思っています。知識・技術ともに完璧で恐ろしく優秀な先生、パワハラ全開で指導する先生、最後まで何を考えているか理解できなかった先生、など個性的な先輩に恵まれ育ててもらいました。

20210616-145220-6919.jpg

2022.06.06
常務執行役員:井上英樹(2022年7月)医師から教えていただいた「心のあり方」
就職して初めての配属先は聖隷浜松病院の医事課で、病棟や外来にカルテを運んだり、レセプトの請求をする仕事をしていた。 就職当時の外科部長は、副院長も兼務され、聖隷浜松病院の中枢を担われていた。

20210409-141212-6803.jpg

2022.06.06
理事 荻野和功:聖隷三方原病院院長 (2022年6月号)七色の変化球
プロ野球の世界では、160km/hの球速を誇るピッチャーでも直球ばかり投げていると打たれてしまう。相手もプロの打者なので、次第に慣れてタイミングが合ってくるらしい。同じ投球フォームから変幻自在に変化球を投げられると、自慢の直球がさらに生きてくるようで、相手打者も的が絞り辛くなるらしい。やはり、何事も体力勝負では限界が有り、投球術という頭脳プレーが投手生命を左右する。

20220421-154506-3126.jpg

2022.04.21
理事 彦坂浩史:(2022年5月号)見るまえに跳べ
中学の入学式、担任教師が自己紹介で座右の銘は「見るまえに跳べ」と紹介するのを聞いた。時代劇やヒーローものの主人公が、ここぞという場面で発する台詞のように印象に残った。その後、自宅の本棚に大江健三郎の同名の短編集を発見、大江作品を読みあさる始まりにもなり、自分が勇気をふるって一歩を踏み出そうという時、必ず思い出す言葉になった。

20220107-165056-3416.jpg

2022.03.30
理事長 青木善治(2022年4月号) 新年度を迎えて ~初心忘るべからず~
2022年度がスタートしました。今日から新しいメンバーが仲間となる職場も多いことだと思います。ぜひ温かく迎え入れていただき、新しいメンバーから新しい視点での意見を素直に感じ取ってあげてください。新たな発想、変革のキッカケがあるかもしれません。

20220113-132248-7843.jpg

2022.03.07
理事 鎌田裕子:(2022年3月号)健康推進室の目指すべきもの~健康・働きやすさを働きがいにつなげる~
私は2016年に人事企画部長に就任し、人事制度改革や働く環境の整備や研修の更なる充実に向けて取り組みを進めてまいりました。聖隷福祉事業団(以下、聖隷)では2021年10月に健康推進室を設立いたしました。この度、健康推進室室長の兼務を拝命し、身の引き締まる思いです。健康推進室は健康経営・メンタルヘルスケアの促進・職員の健康管理を総合的に推進する部署です。職員の心身の健康・働きやすさ・働きがい 、3つのバランスを考えて組織活性化につなげていきたいと考えています。

20220117-101626-1068.png

2022.02.07
理事 福田崇典:(2022年2月号)健康づくりは「自分」が主体トータルヘルスケア~心身ともに健康に~
保健事業部では、健康診断も画一的な健康診断の提供にとどまらず、先駆的なAI診断技術やゲノムなどを積極的に取り入れて、プレシジョン・メディシン(個別化医療)の展開に繋げていきたいと考えています。

20220107-165056-3416.jpg

2022.01.11
理事長 青木善治(2022年1月号) 2022年 新年のご挨拶
皆さん、あけましておめでとうございます。 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 昨年は、2020年から続く新型コロナウイルス感染症の流行による緊急事態宣言や、まん延防止等重点措置が続いた厳しい1年となりました。その中でも、ワクチン接種において、地域の皆様が出来る限り早く着実に接種できるよう、職員一丸となって体制を整え、積極的に支援を行うことができました。ここに聖隷の理念である「隣人愛」の精神が脈々と引き継がれていることを感じております。 そしてワクチンを接種された方や、地域の皆様から、医療福祉の現場で働く職員に多くのご声援、ご協力をいただいたことに心より御礼申し上げると共に、最前線で医療福祉を支えている職員の皆さんと、その職員を支えてくださっているご家族に改めて感謝申し上げます。 2022年も年明けからオミクロン株が驚異的なスピードで拡大しています。地域の医療福祉を支えるために、3回目のワクチン接種に向け体制を整えつつ、気を引き締めて臨まなければなりません。職員の皆さんには、行動制限などで我慢の日々を続けてもらっていますが、ご利用者や地域の皆様が安心して暮らせるよう、今一度、ご協力をお願いします。

20211011-101218-1017.jpg

2021.12.06
理事 津幡佳伸:在宅・福祉サービス事業部長(2021年12月)「彼等を愛する事を知った人達」
数名の教会の青年達の働きから作られた聖隷福祉事業団は2020年で創立90年を経て、職員数も15000名を超える大きな組織になりました。自身も40年を聖隷で働き、先人の働きを神様の働きとして思い返すことが多くなりました。

20211025-141323-5792.jpg

2021.11.01
理事 日下部行宏(2021年11月号)有情活理-うじょうかつり-
私が好きな言葉、有情活理。理屈が正しくても情がなければ人は動かない。情があることで理屈は活きると言う意味です。情とは人の心のはたらき、つまり、私は信頼だと思います。しっかりと向き合い、お互いの理解と信頼を深めることが大切と考えています。

20210813-100342-1570.jpg

2021.10.04
常務執行役員:服部東洋男(2021年10月号)パラダイムシフト(paradigm shift)
最近、「パラダイムシフト」という言葉を耳にすることが多くなりました。これまで、当たり前のように考えられていた行動や考え方が劇的に変化することなどに使われます。ガリレオの地動説やダーウィンの進化論、産業革命などがこれに当てはまります。19世紀の産業革命では、生産性の低い家内制手工業が大量生産をめざす工場へ変わり、資本主義の礎を築きました。反面、熟練工は仕事を失い、工場管理の事務職などホワイトカラーが活躍する時代となりました。21世紀の(第4次)産業革命では、そのホワイトカラーの仕事の一部はAIに置き換わるとも言われています。パラダイムシフトでは、変化に柔軟(レジリエンス)に対応することが求められます。

20210803-151852-2769.jpg

2021.09.06
理事 平川健二:高齢者公益事業部長(2021年9月)「『超ショートショート講座』に参加しました」
エデンの園では、ご入居者に様々なアクティビティを提供しています。身体を動かしたり、脳を活性化させたり、高齢者の方々だけでなく私たちも楽しめるものがたくさんあります。今回は脳トレのご紹介です。参加されたご入居者の方々も最初は自分が書いた文章を他人に見られることに戸惑いを感じていらっしゃったようですが、だんだんと遊び感覚で楽しんでいただきました。

20210709-142444-6869.jpg

2021.08.02
理事 岡俊明:聖隷浜松病院院長 (2021年8月号)現場の声を聴く
利用者の方から信頼される病院を運営するために、私が心掛けていることは現場の声を聴くということです。大きな組織になればなるほど、現場で起きていることが見えにくくなり、知らない間に管理者と現場が乖離し組織として機能しなくなることがあるのではないでしょうか。ここでいう現場の声とは、ひとつが患者さんやご家族の方の声であり、もうひとつが職員の声です。

20220606-110903-2394.jpg

2021.07.12
常務執行役員:井上英樹(2021年7月号)日々の取り組みから生まれた決算数値 〜2020年度決算報告〜
聖隷福祉事業団は、このたび2020年度(第90期)の決算を終えることができました。 今回の決算数値は、事業団全体で利用者様を新型コロナウイルス感染症から守り、安心して医療や介護サービスをお受けいただけるよう、日々真摯に取り組んだ結果の数値です。 各施設では、玄関での検温や消毒対応、空気清浄機設置や感染防止策、待合エリアの3密対策、新型コロナウイルス感染症患者様の受け入れ、PCR検査の実施、高齢者施設等でのリモート面会、生活困窮者対応等、職員一丸となり対応いたしました。

20210527-101448-7769.jpg

2021.06.07
理事 彦坂浩史:(2021年6月)ITを駆使する
台湾や韓国、シンガポールなどはITを駆使してコロナ対策を行っている優等生とされています。「駆使する」は「思うままに操る」「使いこなす」という意味です。聖隷の先人たちは、「聖書」と「算盤」を常に忘れずに事業を行うよう教えてくれましたが、21世紀の私たちはそれに加えて「IT」も駆使しなければなりません。もちろん、理念が一番大切であることに議論の余地はありませんので、安心してください荻野院長!

20210409-141212-6803.jpg

2021.05.10
理事 荻野和功:聖隷三方原病院院長 (2021年5月号)順序がとっても大事
今回の新型コロナ感染症は私達に多くの事を教えてくれた。最初は中国武漢市で発生した新しい感染症として、毒性も感染力も不明であった。その後、日本国内での患者発生、さらにダイヤモンドプリンセス号の横浜港寄港を経て、日本国内での流行は避けて通れないものと判断し、昨年の4月、朝礼で聖隷三方原病院はこのウィルスと戦うと宣言した。

20210401-121859-2852.jpg

2021.04.01
理事長 青木善治(2021年4月号)(創刊号) 膠漆之心(こうしつのこころ) ~感謝・誠実・仲間・変化~
このたび、理事長に就任いたしました青木善治(あおき よしはる)です。 「感謝・誠実・仲間・変化」の4つの言葉をキーワードにして、新理事長としての所信をお伝えしたいと思います。特に職員と共に歩む気持ちで、職員へ向けた内容とさせていただきます。

  1. ホーム
  2.  >  役員がつづるコラム「膠漆之心」
PAGE
TOP
施設探す