グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 診療科  > 乳腺センター/乳腺科

乳腺センター/乳腺科

概要と特徴

 乳腺科は、乳腺の悪性疾患から乳腺症、乳腺炎、乳腺膿瘍、乳腺線維腺腫、葉状腫瘍、女性化乳房症などの良性疾患まで対応し、乳がんを中心に診療しています。
 
 横浜市中心部に近く乳腺診療の中心的な施設を目指しています。とくに、初回の受診時にマンモグラフィ・乳房超音波検査、必要に応じて細胞診や組織診を行い迅速な診断を心がけます。
 
 早期乳がんに対する乳房温存療法やセンチネルリンパ節生検、局所進行乳がんに対する術前化学療法など行っています。乳がん術後の補助療法や、進行・再発乳がんに対する集学的治療には力を入れており、分子標的療法では開発段階から関わり、豊富な知識と経験を有しています。外来化学療法は、快適な設備が整った外来化学療法センターで、専任の医師・看護師・薬剤師による安全で確実、かつ迅速な治療を行っています。
 
 また、悪性疾患の診断時から終末期に至るまでの患者やそのご家族も含めた身体的・精神的な緩和ケアを積極的に行い、安心して癌の治療を受けられるような診療に努めています。

 乳がんの診断・治療は専門性が重要で、内容は日々進歩しています。乳腺疾患の治療方針は乳腺専門医を中心として、病理専門医、放射線専門医、撮影認定診療放射線技師、超音波検査技師と共に合同カンファレンスを行い、チーム医療を行っています。

手術・周術期療法

 治療計画の決定にあたり、ご本人に詳細な病状を説明します。乳房温存術と乳房切除術の利点・欠点を説明したうえで、可能となる術式を提示し、選択していただいています。乳房切除術では一期的な乳房再建も可能な体制にあり、乳房喪失感の軽減に配慮しています。

 また、術前化学療法による奏効が期待できる場合には、積極的に導入し、乳房温存を目指します。乳房温存術では、術前に高分解乳房MRI検査を行い適切な切除範囲を決定しています。

 術中・術後の詳細な病理学的検索から、科学的根拠に基づいて積極的な術後薬物療法を原則として通院で行います。また、術後放射線療法は、通院可能な施設を紹介します。

進行・再発乳がん治療

 進行・再発乳がんの治療も最新の科学的根拠に基づく治療を原則としつつ、個々の患者さんの希望や状況を考慮したテーラーメード治療を行っています。

 また、新規薬剤の開発試験や臨床試験に積極的に関わり、他の施設に比較して治療の選択が多くなり、既存の治療の無効症例に対する治療成績の向上に努めています。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.