グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



~病院ブログ~


ホーム  > ~病院ブログ~  > 2019年  > 2019年4月

2019年4月

新人看護師の研修が始まりました!(看護部)

毎年恒例ではありますが、新人看護師たちの研修の様子を、ブログに綴っていきたいと思います。第1回は「感染予防対策」から。

今回の研修では標準予防策(スタンダードプリコーション)について学びました。

グループに分かれ、適切な手洗いの方法、個人防護具の着脱や順序、サージカルマスクとN95マスク(微粒子用マスク)の付け方、廃棄物の分別方法、輸液ライン接続部の消毒方法について、それぞれ実際に体験しました。

その中でも特に印象に残っているのは、輸液ラインの管理方法の演習です。

点滴のラインの途中から薬液を流す際、しっかりとゴムの部分をアルコール綿で拭き取らずに注入すると、汚染物がルートを通って患者さんの身体に流れていく様子が、専用の機械を通して目で見ることができました。
看護師が適切な消毒方法を怠ると、患者さんに二次的な合併症や副作用を引き起こししまうリスクがあることを実感しました。

また患者さんの病室に行く際に、手指衛生の五つのタイミング(患者さんに触れる前、清潔な処置をする前、患者さんに触れた後、患者さんのベッド周囲に触れた後、患者さんの血液などに触れたとき)を怠ると、自分自身や看護師同士、他の患者さんにも感染するリスクがあることが分かりました。

今後は1患者1手洗いを意識し、感染源をうつさない・うつらない・持ち運ばないよう業務に励んで行きたいと思います。

看護部 H

新しい顔が増えました!どうぞよろしくお願いします!(看護部)

今年も看護部には24名の新人看護師が加わりました。
元気いっぱいの新米たちですが、これから様々なことを学んで、
患者さんに安心を届けられるよう努めていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

看護部 T

調理技術研修に参加しました!(栄養課)

聖隷福祉事業団の栄養部門による調理技術研修に参加しました。
内容は、「クックチルの基本」と「肉や魚を軟らかくするスベラカーゼミートを使った調理」でした。

クックチルとは、調理した料理を一旦冷却して保存しておき、提供する時間に合わせて再度加熱するという「新調理システム」の調理・保存法の一つで、調理現場で活用されています。
当院ではすでにクックチルを行っているので、基本を再確認することができました。

スベラカーゼミートは、調味料に溶かし、肉や魚・繊維質のある野菜をこれに漬けこんでから調理することによって見た目は変わらずに、歯茎で食べられる程に軟らかくすることができる製品です。
実際に試食したところ、肉・魚・野菜とも繊維質を感じないほどの軟らかさになっており、これなら噛む力が低下した方でも食べられるので病院食でも使用してみたいと思いました。
ただ、使用に際してはいくつかの問題点もあるため、職場内で今後使用できるか検討していきたいと思います。

医療技術部 調理師 T

調理技術研修の様子

スベラカーゼミートの試食中の様子

第29回 南区 桜まつりに行きました!(事務部)

2019年3月31日(日)に蒔田公園で開催された第29回 南区 桜まつりに行きました!

蒔田公園近くの大岡川で撮影、満開の桜を見ることが出来ます!

大岡川では、2019年3月23日(土)から4月10日(水)まで、桜のライトアップとぼんぼりの点灯をしています!
期間中はぜひ大岡川へお出かけいただき、夜空に映える桜並木とぼんぼりをお楽しみください♪

当院の病院名が入ったぼんぼりもあります!
蒔田中学校横の蒔田橋にありますので、是非、お花見と一緒にぼんぼり探しをしてみてください!!

事務部 N

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.