グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム > 診療科・部門紹介  >  脳神経外科

脳神経外科

このページの目次


学会認定
日本脳神経外科学会専門医指定訓練施設

主な対象疾患

・脳腫瘍
・脳卒中
・頭部外傷
・頭痛症
・認知症
・脊椎、脊髄疾患全般
など

診療内容・特色

脳の病気が心配な方の初診医として

症状がある方や、心配がある方のはじめの相談先として、お答えできるよう努めております。必要に応じ各種の検査も取り入れ、診断をした結果、より専門的な検査や治療が必要と判断された場合は、適切な医療機関に紹介もしております。


他のクリニックなどとの連携医として

他の医療機関よりご紹介を承った患者様についても、個々の状況に適した治療を選択するように心がけております。
また、特に脳卒中の患者様では、積極的な連携パスの利用により、回復期リハビリ病院様や維持期開業クリニックの先生方に紹介転院をすすめ、この地域の急性期病院のひとつとして、つなぎ目のない医療の提供を目指しています。


外来医師担当表をみる


ずつう外来

脳神経外科では、慢性の頭痛で困っておられる方に対応しています。
「ずつう外来」を開いて午後の診療時間にゆっくりお話を伺っています。
慢性的な頭痛は「単なる頭痛持ちだから」と受診を遠慮されている方もいるかもしれません。
そんなことはありません。頭痛も立派な診療対象です。
どうぞ我々の外来へ受診してください。
なお、ずつう外来は主に安藤が担当しています。

脊椎外来

大井が中心になり脊髄、脊椎疾患を診療しています。
大井はこれまでに1500例以上の脊椎外科手術を経験しており、とくに、顕微鏡を使ったマイクロサージャリー、経皮的椎弓根スクリュー設置など、低侵襲手術を得意としています。

頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアといった従来は整形外科が担当していた疾患についても、整形外科との垣根をこえて、脊椎外来で診療しています。
頚部痛や腕や手のシビレ、腰痛、下肢痛、下肢のシビレといった症状の方々に是非受診して頂きたいと思います。

また、今年度、高周波神経凝固装置を導入したことで、慢性腰痛に対する治療の幅も広がりました。長年腰痛で苦労している方、諦めていた腰痛について、脊椎外来へ受診してください。

診療実績

 2015年度2016年度
平均在院日数17.7日17.1日
紹介件数163件181件
(うち入院件数)38件38件
入院・外来手術件数51件64件
救急車受け入れ件数137件164件
患者数入院外来入院外来
延べ患者数3,529人6,506人4,102人6,278人
1日平均患者数9.6人22.2人11.3人21.4人

スタッフ紹介

氏名
役職
専門領域・専門医
安藤 直人
(あんどう なおと)
部長専門:脊椎・脊髄、痛み、頭痛
日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脊髄外科学会 脊髄外科認定医
大井 政芳
(おおい まさよし)
副部長専門:脊椎・脊髄
日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脊髄外科学会 脊髄外科認定医
中島 裕子
(なかしま ゆうこ)
医員専門:脳外科一般

外来医師担当表をみる

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?