グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門



脳神経外科

生涯のかかりつけ医として患者さまの要望にきめ細かく応えられる医療を目指します

診療内容


脳神経外科の対象となる患者の症状は、頭痛、手足のマヒ、しびれ、歩けない、歩きにくい、ものが二重に見える、ぼんやりしている、意識がない、しゃべりにくい、しゃべれない、言葉が理解できない、顔面まひ、ものが飲み込みにくい、むせやすい、めまい、ふらつき、動揺感、認知症、ぼけ、記憶障害、知能低下、顔の痛み、顔がぴくぴくする、頭・頚部の外傷などです。


【対象疾患】
●脳卒中
 くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、脳動脈狭窄、脳動脈閉塞、内頸動脈狭窄症、一過性脳虚血発作、
 椎骨脳底動脈循環不全症、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、もやもや病、脳動脈解離など
●腫瘍
 腫瘍性疾患として、脳腫瘍(神経膠腫、膠芽腫、髄膜腫、下垂体腫瘍、転移性脳腫瘍など)など
●外傷
 頭部外傷、脳挫傷、び漫性軸索損傷、慢性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、
 外傷性くも膜下出血、頭蓋底骨折、頭蓋骨骨折、髄液漏、頸椎捻挫、外傷性頚部症候群など
●その他
 三叉神経痛、顔面けいれん、正常圧水頭症、水頭症、先天奇形、脳膿瘍、硬膜外膿瘍、硬膜下膿瘍

診療の特色

患者さま個々のQuality of life(QOL)を考慮し、低侵襲な治療を行います。
常勤医師全て、日本脳神経外科学会認定専門医の資格を有しております。
さまざまな専門分野を持った医師と有機的な連携を持ち、高度先進医療にも対応することができます。

主な検査・医療設備

MRI Ingenia3.0T 1台
MRI Elition 3.0T 1台
256列マルチスライスCT Brilliannce iCT 1台
160列マルチスライスCT Aquilion Precision 1台
64列マルチスライスCT Aquilion64 1台
X線TVシステム DREX-ULT80/01,SONIALVISION G4  2台
血管撮影装置 Allura clarity FD10 1台
血管撮影装置 Allura clarity FD20/15 1台

主な手術室機器設備

メドトロニック社製 ナビゲーションシステム
カールツァイス社製 手術用顕微鏡
ナカニシ社製 手術用ドリル
日本光電社製 術中神経モニタリング装置
マチダ社製  脳神経ファイバースコープ(軟性鏡)
ストルツ社製 硬性神経内視鏡 HOPKINSⅡテレスコープ

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.