グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 診療科  > 腎臓・高血圧内科

腎臓・高血圧内科

概要

腎臓が関連する病気もしくは腎臓を中心に据えて診療することが望ましい病気を主として診療しています。腎臓は全身の体液バランスや微小循環動態、血行動態、骨代謝、造血、代謝物の排泄などに関連しています。それらの状態を注意深く診察していき腎臓の中でおきている異常と原因をつきとめるのがわたしたちの役割です。複数の専門分野にわたる知識を必要としますが、常に最新の情報を確認し質の高いレベルの診療を提供できるよう努めています。

また近年は糖尿病や高血圧、心血管病、癌など多くの病気を抱えながらさらに腎臓を悪くする患者様が多くおられます。
そのような状況では病気にとって最も推奨されている治療法が患者にとって最適なものとは限らなくなってきます。
病気において最新であると同時にその患者様にとっての最善の治療を常に意識しながら診療を提案していきたいと考えています。
ご紹介状をお持ちの方は電話での外来予約も可能です。当院地域医療連携室(下記)にて予約を承ります。

直通ダイヤル: 045-715-3194です。

どのようなときに腎臓内科を受診するのか?

1.症状は?

腎臓には多くの機能があります。そして多くの病気が腎臓を傷害します。一口に腎臓病と言っても、その原因、病状、障害されている機能によって異なっており多岐にわたります。むくみや呼吸困難、全身倦怠感などは重篤な症状の一つで、腎臓病の体液量調節機能が破綻することによって出てきます。ですがこれらの症状は心臓病や肝臓病などでも見られる紛らわしい症状の代表でもあります。詳細なインタビューと診察を行い, 時には心臓の検査や肝臓の検査も適宜行いながら診断にあたります。皮下出血などは血管の病気を疑わせるサインの1つです。血管の異常は往々にして腎臓病を合併するため、皮膚科ではなく腎臓内科で診療する場合が多々あります。

また消化管出血などにおいても同様に血管によって発症している場合があり、同様に腎臓内科の診療を勧められることがあります。悪心嘔吐は主として胃腸の病気を疑う代表的な症状でありますが、腎臓病の最重症の症状である尿毒症や体液ミネラルバランス異常の1症状があります。その場合にはすでに放置できない状態であるため可及的速やかに入院診療を考慮する必要が出てきます。

かようにどのような症状をとっても腎臓病の可能性を考慮する必要性が必ずでてきます。初めから専門診療科を受診されると症状を抱えたまま複数診療科をめぐりがちです。それよりはかかりつけ医に相談の上、望ましい診療科を選定してもらった上で専門診療科(腎臓関連と判断されれば当科)を受診されるのが最も早道と言えます。当科に直接受診いただきました場合には、まずは腎臓病血管病などの有無について診療が開始されます。その経過の中で専門診療が望ましい疾患が診断される場合は, 然るべき専門医の診療が受けられるように手配させていただきます。当科の診療で診断がつかない場合でも今一度客観的な見地から診断いただけるよう当院総合内科での診療を考慮させていただくようにしております。

2.診療情報提供書(紹介状)を持参される場合

症状があって腎臓病が疑われ紹介される場合はもちろんですが、症状がなくて腎臓病が疑われて受診される場合も多々あります。
腎臓病にはかなり進行しないと症状が出ないものも多くあるからです。
また健康診断における検尿異常や血清クレアチニン値異常、高血圧などで受診される方も多くいらっしゃいます。かかりつけ医の診療情報提供書や過去の健康診断の記録を持参頂けますとそれまでの経緯や薬歴などがわかりやすく、より速やかに確実な診断が得られやすくなります。

どのようなかたちで受診される場合でも腎臓病の原因を診断するよう努めるとともにその重症度、治療目標がどこにあるのかを明らかにし、その患者様にとって最も望ましいと思われる診療を提案してまいります。

診療内容と主な疾患

大きく分けて3つの場合があります。(1)腎臓を悪くする病気の診療、(2)腎臓が悪くなった後の腎機能障害を手当する治療、(3)生命が危うくなるまでに腎機能が悪化した場合(尿毒症)に行われる治療としての透析治療、です。
当科はこれらの腎臓病診療に必要な技術のほとんどが可能であり、また新しい技術を取り入れていっています。
そしてこれらを有効活用し最善の治療が行えるように努めてまいります。
腎臓病診療で行われる具体的内容は以下のとおりです。
外来で施行入院で施行
血液生化学検査
蓄尿検査
高血圧内分泌負荷試験
腎病理検査(腎生検)
超音波検査
CT, MRI検査
免疫抑制治療内容による
CKD診療X(状況による)
内シャント造設術
シャント経皮経管血管形成術〇(注1)
血液透析〇(注2)
急性及び特殊浄化
(注1)当院外来通院中の患者様もしくは当院で導入を行った患者様が主な対象です。
(注2)下記②、④、⑤を参照ください。尚、当科は当院における血液浄化診療の全てを管理しております。
詳細は血液浄化センターのホームページをご参照ください。

①腎臓病を引き起こす原因はたくさんあります。その中には完治が見込めるもの、治療法が確立していないもの、急速に進んでいくものなど個々の病気によって様々な経過を辿ります。
まずは腎臓病を発症している原因を明らかにし、その腎臓病がどのような経過をたどるのかを明らかにしていきます。そして病状に応じた最適な診療手段を提案していきます。
代表的な病気として以下の様な疾患があります。

  1. 慢性腎炎症候群(IgA腎症、一次性ネフローゼ症候群、など)
  2. 腎機能障害を合併する自己免疫疾患, 血管炎
  3. 糖尿病性腎症や腎硬化症など生活習慣病を原因とする慢性腎臓病
  4. 一部の遺伝性疾患(常染色体優性多発性嚢胞腎など)

これらの病気はいずれも難病を含みますが、最新の情報をもとにその時点で最良と思われる診療をおこなってまいります。
②また何らかの原因で急性腎障害を発症する場合があります。その際には腎臓病に対する治療とともに透析診療(特殊浄化療法を含む)を組み合わせて身体機能を損なわないようにしながら原因となる病気の診断を行い診療してまいります。

  1. 薬剤やサプリメントなどによる腎障害
  2. 感染症を原因とする腎障害
  3. 一部の腎炎(急性腎炎もしくは急速進行性糸球体腎炎など)
  4. 急性腎障害を発症する一部の血液疾患(血栓性血小板減少性紫斑病など)
  5. うっ血性心不全による腎機能障害
③腎機能障害がある程度進行した場合(慢性腎臓病)、主たる治療目標は改善、治癒ではなく進行抑制となります。
腎機能温存に努めなくてはなりませんが、それに特化した薬剤を使用するという方法ではなく増悪因子(悪くしやすい要因)を一つずつ管理していく総合的なアプローチとなります。それらの多くは普段私達が何気なく行っている生活習慣であったりします。薬物治療は多くが生活習慣病に関連した処方となります。常に自分の生活と向かい合いながら治療を継続していくため、かかりつけ医の診療が中心となる病態ではありますが、
当科では慢性腎臓病を悪くする要因は日常生活の中で無意識に行われていることに潜んでいることに着目し、まずは自分の普段の過ごし方に対する意識を変えて病気と付き合って生活ができるよう支援してまいります。

食事療法は生活習慣の根幹をなすものですが、栄養士と連絡を密にしながら診療をおこなっています。近年、食事に対する考え方は大きく変わってきております。常に最新情報を検証しながら積極的にかつ無理なく進めていけるよう支援してまいります。薬物治療は定まったものについては引き続きかかりつけ医で適切な処方を継続してもらっています(多くは最善のもしくは標準的な治療がなされています)。

当院での診療の役割は慢性腎臓病によってでてくる合併症の発見と治療の検討や生活習慣(特に食習慣)の見直しです。年に数回程度は当院に通院いただき蓄尿検査などによる食生活の数値化とそれに基づく生活習慣の改善提案を行っていきます。
また定期的(年3回)に腎臓病教室(集団栄養指導)を行なっており、腎臓病に関連した知識の習得とともに食事療法について知識の習得を目指すコースを準備しています。
④末期腎不全:残念ながら腎機能障害が末期にいたった場合には、尿毒症を発症する可能性が高くなります。 この場合、もはや自分の腎臓では身体を支えきれないと判断されます。
あらゆる治療法をもってしても腎機能は回復しない状態であり、そのままでは死に至ります。
そのような病状から社会復帰を目指していくために、廃絶していく腎臓にかわって透析治療もしくは移植腎を自分の身体を支えていく代替手段として機能させます。
この場合には、急性腎障害のそれと異なり、開始後は生涯にわたって行われることを意識しなくてはなりません。種々の不安や葛藤やストレスも多い中、透析治療をうまく生活に組み込んでいく必要があります。
それら患者様の心理背景や社会背景を尊重しながら円滑に透析診療が継続され社会復帰がなされるように配慮してまいります。

末期腎不全に対する腎代替療法としては、血液透析治療、腹膜透析治療、腎移植治療がありますが、それらのうち当院では前者2者を行っています(腎移植診療についてはアドバイスと斡旋を行っています)。
尚、当院で透析治療を開始された患者様については、ご要望があればそのまま外来透析診療の継続を検討いたします(空き状況などの諸般の事情による)。
⑤維持透析患者様における合併症診療:当院では維持透析を受けておられる患者様が何らかの合併症を発症した場合にも、他診療科と連絡を密にしながら診療を行っております。
専門診療領域の処置(内視鏡や心臓血管カテーテル検査、各種手術など)が必要な場合には、その診療科の入院下に維持透析診療について当科で管理を行います。また総合内科的見地から入院診療が必要となった場合には当科が診療に当たりますのでお問い合わせください。

注:療養もしくはリハビリテーションなどを目的とした入院診療はおこなっておりません。
⑥体液・電解質異常:身体のミネラルバランスは主として腎臓と神経体液因子(ホルモン)で司られています。これらの異常は意識障害、筋痙攣、食欲低下などの全身症状となって現れます。これらは種々の検査を通して初めて分かる異常ですが、これらの異常が認められた場合には当科で診療を行います。
⑦高血圧:本疾患は生活習慣病の中でも最もポピュラーなもののひとつであり、また動脈硬化を進める病気の中でも最も重要なもののひとつです。高血圧はそれ自体が病気とされますが、いろんな病気の1症状としての側面もあります。当科では高血圧について種々の検査を組み合わせることでアルドステロン症や腎血管性高血圧や腎動脈狭窄症などについて検査をすすめていき、この患者の血圧上昇の病態に迫り適切な治療法や薬剤選択を行っています。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.