グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 診療科  > 腎臓・高血圧内科

腎臓・高血圧内科

概要

腎臓が関連する病気もしくは腎臓を中心に据えて診療することが望ましい病気を主として診療しています。
かつて尿毒症を発症する腎臓病の多くは慢性腎炎症候群でしたが、近年は糖尿病や高血圧、心血管病、癌など多くの病気を抱えながらさらに腎臓を悪くする患者さまが多くを占めます。

それらの合併症としての腎臓病は多くの場合長期間にわたって診療が必要となりますが、腎臓病が長期かつ継続的に診療が必要なものである場合、慢性腎臓病と称します。慢性腎臓病の治療目標は高血圧対策を中心とした生活習慣病対策を総合的に行うことによって進行抑制していくことですが、なされるべき対策は多岐にわたります。

すべての患者さまに全ての対策が達成されるのは至難の業ですが、その患者さまにとってどのような対策が最もふさわしいかを考えながら診療していきます。

どのようなときに腎臓内科を受診するのか?

1.症状は?

腎臓には多くの機能があります。血圧調節機構、ナトリウム代謝調節機構、骨ミネラル代謝調節機構、造血調節機能、最終代謝産物排泄機構などが知られていますが、どの機能が障害されるかによって症状はさまざまです。そして多くの病気が腎臓を傷害しますのでそれらの病気の症状と相まって複雑な病状を呈します。

どのような症状をとっても腎臓病の可能性を考慮する必要性が必ず出てきますが、その全体像から腎臓病との関連を明確にして適切と思われる腎臓病診療を進めてまいります。

診療内容と主な疾患

当科の診療は大きく分けて(1)慢性腎臓病診療と(2)高血圧診療の2つがあります。

また残念ながら腎機能が廃絶してしまった病状(末期腎不全)に対する(3)腎代替療法(維持血液透析)診療を行っておりますが、血液浄化センターにおいて専任医師が外来維持透析診療にあたっております。

(1)慢性腎臓病

腎臓を悪くしている原因疾患の多くは生活習慣(病)です。糖尿病、高血圧、肥満症、喫煙などが知られています。

残念ながら慢性腎臓病を患ってしまった場合、腎機能悪化が進行しないようにしていかなくてはなりません。種々の生活習慣病対策を進め、適切な食事管理をはじめとする生活習慣の見直しと必要にして十分な処方を行うことによって腎機能障害進行が最小限になるよう診療してまいります。

(2)高血圧診療

腎臓内科では高血圧診療を行っております。高血圧は腎臓を中心に考えて診療されるべき疾患のひとつです。

また慢性腎臓病において重視される原因疾患の1つでもあり、かつ慢性腎臓病はかなりの確率で高血圧を合併します。
血圧管理は腎臓を長持ちさせる上でとても重要です。
健康診断で血圧上昇が指摘された方や家庭で血圧が高い、変動が激しいなど悩みをお持ちの方は当科で診療を承ります。

(3)血液透析診療

血液浄化センターでは外来血液透析を行っております。血液透析とは腎機能が廃絶してしまい本来であれば尿毒症を発症して死に至る病態に対して行われる腎代替療法の一つです。

これによって日常生活に復帰できるまで回復いたしますが、回復した体力を可能な限り維持していかなくてはなりません。

栄養管理、薬物治療も駆使しながら治療を勧めてまいります。通常週3回で1回4時間として月・水・金と火・木・土の各午前午後で行っております(注:夜間透析は行っておりません。また入院による透析診療は行っておりません)。

維持透析診療をご希望される皆さまへ

当院で維持透析診療をご希望される場合には、現在の診療施設を通して当院地域連携室に事前にお問い合わせください。
病状その他の事情によっては受諾困難な場合がございます。
また現在診療を受けていただいている医療施設からの診療情報提供書(紹介状)を持参いただけますようお願い申し上げます。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.