グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2021年度

当院では以下に掲載した臨床研究が実施されております。
臨床研究の中には、
(1)個別に患者さんやご家族に説明してご理解いただき、その上で同意を頂く方式と、(2)直接の説明や同意をいただく手続きに代えて、研究に関係する情報を公開する方式の研究があります。
(2)情報を公開する方式の研究は、主としてカルテなどの診療記録を集計するなどして行なうものです。
(2)に該当する臨床研究は、同意の手続き欄を「情報公開」としてあります。「情報公開」をクリックしていただくと、その研究の情報公開文書をご覧いただけます。また、情報公開文書には、「問い合わせ先」が記載されておりますので、研究についてお尋ねになりたい点などございましたら「問い合わせ先」にご連絡下さい。
研究番号研究名研究責任者同意の
手続き
2021年4月審査
第21-01号2021年に外科治療を施行された肺癌症例のデータベース研究呼吸器外科棚橋雅幸情報公開(21-01)
第21-02号原発性肺癌に対する縮小手術施行時における術前病理学的浸潤癌予測因子の検討呼吸器外科土田浩之情報公開(21-02)
第21-03号肺切除手術における肺がんの浸潤・癒着とX線動画像上の所見との相関性調査呼吸器外科棚橋雅幸情報公開(21-03)
2021年5月審査
第21-05号急性期脳卒中患者における6分間歩行距離と関連する入院前・入院時の因子の検討リハビリテーション部芦澤遼太情報公開(21-05)
第21-06号当院の身体拘束の現状と看護部倫理委員会における減少への取り組みの成果と課題看護部佐藤晶子情報公開(21-06)
第21-07号A病棟におけるテレフォンフォローアップ強化への取り組み看護部丸山和真情報公開(21-07)
第21-08号直腸がん手術後患者の排便障害へのストレスコーピングと経時的変化聖隷クリストファー大学看護学部
看護部
寺田康祐個別同意
2021年6月審査
第21-09号がんによる神経障害性疼痛に対するオキシコドン、プレガバリン、およびタペンタドールの有効性と安全性の比較薬剤部髙科嘉章情報公開(21-09)
第21-11号要介護高齢者における立位・座位肢位でのリーチ動作の見積もり誤差が転倒発生に与える影響三方原ベテルホーム
リハビリテーション課
池田圭介個別同意
第21-12号当院精神科病棟での自己管理指導における患者アンケート調査薬剤部田口弘美個別同意
第21-13号肩手術の入院前オリエンテーション導入後の入院期間短縮の評価看護部村松咲江情報公開(21-13)
2021年7月審査
第21-14号膵腫瘍に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)後の穿刺経路腫瘍細胞播種(Needle tract seeding)の二次調査消化器内科多々内暁光情報公開(21-14)
第21-15号僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術の有用性に関する多施設共同研究心臓血管外科浅野満情報公開(21-15)
第21-16号A病院の救急外来に心肺停止で救急搬送された患者家族に対する看護実践についての実態調査看護部村松武明情報公開(21-16)
第21-17号肺切除術前CT検査による3次元画像の最適化の検討画像診断部鈴木千晶情報公開(21-17)
第21-18号本邦における気胸治療の実態調査:多施設共同後方視的研究呼吸器外科棚橋雅幸情報公開(21-18)

情報公開

第21-01号 2021年に外科治療を施行された肺癌症例のデータベース研究

第21-02号 原発性肺癌に対する縮小手術施行時における術前病理学的浸潤癌予測因子の検討

第21-03号 肺切除手術における肺がんの浸潤・癒着とX線動画像上の所見との相関性調査

第21-05号 急性期脳卒中患者における6分間歩行距離と関連する入院前・入院時の因子の検討

第21-06号 当院の身体拘束の現状と看護部倫理委員会における減少への取り組みの成果と課題

第21-07号 A病棟におけるテレフォンフォローアップ強化への取り組み

第21-09号 がんによる神経障害性疼痛に対するオキシコドン、プレガバリン、およびタペンタドールの有効性と安全性の比較

第21-13号 肩手術の入院前オリエンテーション導入後の入院期間短縮の評価

第21-14号 膵腫瘍に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)後の穿刺経路腫瘍細胞播種(Needle tract seeding)の二次調査

第21-15号 僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術の有用性に関する多施設共同研究

第21-16号 A病院の救急外来に心肺停止で救急搬送された患者家族に対する看護実践についての実態調査

第21-17号 肺切除術前CT検査による3次元画像の最適化の検討

第21-18号 本邦における気胸治療の実態調査:多施設共同後方視的研究