グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム > 診療科・部門紹介  >  看護部  >  認定看護師

認定看護師

認定看護師とは

認定看護師は5年の実務経験のあと7ヶ月の教育を受け認定試験に合格し得られる資格です。
「実践」「指導」「相談」の3つの役割を持ち、それぞれの分野で専門的知識・技術を発揮し活動しています。
個々の活動のほかに、感染対策チーム・糖尿病チーム・緩和ケアチーム・栄養サポートチーム・認知症ケアチームなど他職種とのチームワークにより生み出される価値のある医療サービスを利用される方々に提供します。


このページの目次


緩和ケア認定看護師

原 麿美
緩和ケアとは、がんと診断された時から人生最後の時を迎えるその時まで、患者さんとご家族の意志を尊重し、その人らしく生きることを支えるケアです。
ひとりひとりの思いに寄り添い、「その人らしさ」を尊重しながら、がんと共に生きる過程で生じる身体や心の辛さを持つ患者さん、ご家族を支援することが緩和ケア認定看護師の役割です。

現在、緩和ケアチームに所属しながら、病棟や外来において、病気による身体症状や、化学療法中の副作用など、治療によって生じる不快な症状の緩和のほか、告知を受けた後の気持ちの整理や治療方針決定の為のお手伝い、治療や今後への不安を和らげる心理的サポートなどを行っています。
また、緩和ケアに携わる看護師への指導・相談を通して、緩和ケアの質の向上に貢献することも認定看護師としての大切な役割です。
がんの分野で使われることの多い「緩和ケア」という言葉ですが、すべての疾患を抱える患者さんに必要とされるものであり、いわば看護の基本であると感じています。
この事からも、院内での勉強会開催のほかに、病棟では患者さんそれぞれの担当看護師と一緒にケアを行いながら、専門職としての判断の過程やケアの方法を伝えていくことを心掛けています。

緩和ケア認定看護師として、当院を利用される方々が身体や心の辛さを少しでも和らげて治療に臨めるように、そして、ご家族や周囲の方々との大切な時間を快適に過ごしていただけるよう、チームワークによりお手伝いをさせて頂きたいと考えています。



糖尿病看護認定看護師

水野 信子
日本では、年々、糖尿病患者が増加しており、糖尿病が強く疑われる方が約1000万人と推計され増加の一途をたどっています。また、超高齢化社会も加速しており、それにより糖尿病患者様の高齢化や高齢になってから糖尿病を発症する患者様が増加している現状もあります。
 糖尿病は、放置すると様々な合併症を引き起こしてしまうため、生涯にわたり食事や運動、薬物療法などの治療を行い、自己管理をしていかなければならない病気です。糖尿病を持ちながら、毎日の生活の中で自己管理を行っていくことは大変なことだと思います。
 糖尿病患者様が、糖尿病を持ちながら、毎日の生活をその人らしく過ごしてもらえることを目標に、患者様に合った方法を一緒に考え、看護を提供しています。
 また、私が所属している糖尿病チーム委員会では、症例検討や勉強会等、患者会では、年2回のウォーキング・食事会のサポート等を糖尿病療養指導士や他職種と連携を図りながら活動を行っています。


感染管理認定看護師

佐藤 美由紀
院内感染防止対策は、患者さんと家族、院内で働く全ての人たちを感染から守るために必要な対策です。
感染管理認定看護師は医療安全管理室の感染管理担当者として専従で活動しています。
感染制御チーム(ICT)・抗菌薬適正使用支援チーム(AST)活動では、他職種のメンバーと共に各職場で感染防止対策が適切に実施されているか抗菌薬が適正に使用されているか週1回ラウンドを実施しています。院内感染対策委員会のワーキンググループ活動では感染対策ニュースの発行や全職員対象の研修会を企画し実施しています。
看護部の感染対策委員会では、リンクナースがそれぞれの職場で感染対策を実践する推進リーダーとして活動できるよう毎月勉強会を開催しています。また、職場で感染対策を実施するうえで悩んだり困っていることの相談を受け解決する方法を共に考える事も役割の一つです。感染防止は認定看護師だけではできません。全ての職種と協力し医療関連感染の低減を目標に活動していきます。



脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

尾鷲 美帆
脳卒中は日本人の死亡原因第4位、寝たきりの原因第1位です。
発症すると運動麻痺や失語、高次脳機能障害などを伴うことも多く、その後の生活が大きく変化します。

脳卒中リハビリテーション看護の専門性は、急性期・回復期・生活期を通して、その人らしい生活を目指し人生の再構築に関わることです。
急性期では、障害を最小限に抑え、合併症予防や重篤化を回避することが重要となります。
そして、リスク管理をしながら早期にリハビリテーションを実践していくことが必要です。

現在は、臨床の場での看護実践やスタッフ教育、脳卒中再発予防指導、脳卒中地域連携パスを通して地域の施設との連携強化に努めています。
また、摂食嚥下障害の患者さんへの支援の役割も担い、NST(栄養サポートチーム)の中で嚥下機能評価をし、担当部署のスタッフと共に考えながら患者さんへの支援につなげています。

活動を通して脳卒中リハビリテーション看護の質向上を目指し、患者さんが再び住み慣れた地域で障害と向き合い、自分らしい生活を送ることができるよう取り組んでいきたいと考えています。


皮膚・排泄ケア認定看護師

髙田 幸江
皮膚・排泄ケア認定看護師の役割は、健康を害した皮膚ならびに皮膚障害のリスクが高い脆弱や菲薄な皮膚に対するスキンケアを中心に、褥瘡などの創傷管理を行うことです。また、ストーマ、失禁等の排泄管理、患者の自己管理およびセルフケア支援、スタッフの教育なども行っています。

創傷管理では、褥瘡回診を1週間に1回、形成外科医師・薬剤師・栄養士・理学療法士など他部門のスタッフと共に行い、栄養管理やポジショニングなどについて、患者さんの褥瘡治癒に向けたディスカッションを行っています。院内褥瘡発生を起こさないために、病棟スタッフと協働して適切な体圧分散寝具の選択や予防に力を入れることも重要な役割のひとつです。

ストーマ(人工肛門・人工膀胱)を造設される前に、ストーマの位置決めを医師と共に行っています。ストーマの位置は、患者さんの体型や腹壁の状況、日常生活、活動や職業などに配慮し、ストーマ保有者のセルフケアがしやすい位置を選択しています。さらに患者さんが、安心して手術を受けられるためのお手伝いとして、順調に身体的・心理的・社会的な適応ができ、ストーマ造設前の生活をめざすための支援などを行います。

高齢化社会となり、加齢による身体機能の低下などにより、便・尿失禁を伴うことで社会生活を制限し、家に引きこもってしまう可能性を持つ方々にも注目しなければなりません。この排泄障害による精神的苦痛を軽減し、個人の尊厳を保ち、その人らしい生活を取り戻すためのケアを専門的な知識、技術を用いて援助していく場面も増えていくことと考えています。

病棟を回診していると、高齢者の脆弱な皮膚を目にすることがあります。皮膚がカサカサしていたり、腹部や背中の掻破の跡、どこかにぶつけたことで皮膚の皮が剥けたりなどの皮膚障害が多いと感じています。これらの高齢者の皮膚を守るべく皮膚障害発生のリスクを軽減していく必要があります。今後、皮膚の健康を損なった場合は健康を回復させる環境を整え、原因を取り除くスキンケアや予防に力をいれていきたいと思っています。私が大切にしていきたいことは、常に患者さん、ご家族の気持ちに寄り添って行ける看護を提供していくことです。



当院では、形成外科医と皮膚・排泄ケア認定看護師が褥瘡患者さんの治療ケアを行っております。
一般社団法人日本褥瘡学会のホームページでは、褥瘡受け入れ病院一覧を都道府県別に公表しており、当院も平成29年4月より褥瘡の外来診療(形成外科)と入院加療ができる病院として紹介されています。

日本褥瘡学会ホームページはこちら



認知症看護認定看護師

土屋 晴子
「もしも、親や身近な人、あるいは自分自身が認知症になってしまったらどうしよう…」そんな不安を抱いたことはありませんか。超高齢社会を迎え認知症になる可能性は誰にでもあります。認知症は、何かの病気によって脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態をいいます。そして認知症が進行すると、だんだんと理解する力や判断する力がなくなって、社会生活や日常生活に支障が出てくるようになります。
認知症看護認定看護師の役割は、認知症の人の生活の質を守るための療養環境の調整と認知症の人および家族のサポートを行います。また、認知症の行動心理症状(妄想、徘徊、暴言、暴力、不安、抑うつ等)の緩和や予防、それに伴う看護職に対する指導、相談を行います。
 
現在、病棟で勤務しながら週1回、他病棟の認知症患者さんの巡回を行っています。入院したことによる環境の変化に混乱し、不安な表情が見られた時は「何か困っていることはありませんか?」と声かけを行い不安の軽減に努めています。また、看護職からの相談を受け、どのような対応が認知症の人の意思が尊重された看護につながるのか一緒に考えるようにしています。
H28年度より認知症対策委員会が発足されました。認知症の人の尊厳を守り、安心、安全な療養環境の調整と、認知症看護の対応力を向上するためリンクナースに向けた勉強会を毎月行う活動もしています。勉強会を通して、認知症の理解を広め、認知症の人にとって望ましい看護を自分の言葉、行動で伝えていけるようになりたいと思っています。



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?