グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 診療科  > 心臓血管センター内科

心臓血管センター内科

診療の特徴

心臓カテーテル治療は24時間365日常勤医で施行しています。医療チーム全員で統一された治療方針・治療技術でいつでも誰もが安定したレベルの治療を受けることができ、患者さんの安心・満足に貢献致します。特に、部長の芦田医師は国内外の患者さんにもカテーテル治療を施し、地域・海外のカテーテル技術向上にも寄与しています。また、退院後も栄養士・薬剤師など様々なスタッフと協力し、動脈硬化の再発・進行を抑制することにも力を入れています。患者さんと一生のお付き合いをさせていただくため、包括的な医療を提供し、皆様の健康をお守りいたします。

診療内容

対象疾患名

  • 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
  • 不整脈全般(ペースメーカー治療など)
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 心不全
  • 弁膜症
  • 高血圧
  • 心筋症

症状

胸痛・息切れ・動悸・歩行時などの下肢痛(足の痛み)・足のむくみ、をお感じの方は是非一度当科をご受診ください。一度拝見した患者さんとは一生のおつきあい、を合言葉に懇切・丁寧な診療、地域密着型の循環器診療を展開します。また地域のかかりつけドクターとも連携し、皆様の健康を、心臓血管系疾患からお守りいたします。

検査

  • 心電図
  • ホルター心電図
  • 負荷心電図
  • 心エコー検査
  • ABI測定(下肢動脈硬化検査・血管年齢計測)
  • 心臓CT(256列CT)
  • 心臓MRI(3T)
  • 心臓カテーテル検査
  • 冠動脈造影検査
  • 心臓電気生理検査

心臓CTは地域最新鋭の256列CTを使用し、迅速・正確な画像診断に貢献しています。

治療

経皮的冠動脈形成術(PCI;心臓血管に対するカテーテル治療)
  • ペースメーカー植え込み術(不整脈治療)
  • 下肢末梢血管形成術(下肢の動脈硬化症に対するカテーテル治療)
  • 心不全治療など

様々なスタッフと協力し、安心・安全な治療を提供します。カテーテル治療は2泊3日入院の局所麻酔で行い、退院後は原則すぐに日常生活に復帰できます。

高周波カテーテルアブレーション治療 開始

心臓血管センター内科では地域に密着した循環器診療をさらに展開するために、
不整脈の根治療法である高周波カテーテルアブレーション治療(以下:アブレーション治療)を開始いたしました。

アブレーション治療は局所麻酔下でカテーテルという直径2mm位の管を鼠径(そけい)部(太ももの付け根)から
心臓内に挿入して、不整脈のもととなる異常な部分に高周波をあて病巣を焼灼します。
アブレーション治療で、特に発作性心房細動は約9割の確率で根治が可能です。
その結果、生涯内服が必要であった抗不整脈薬、状況によっては抗凝固薬の中止も可能となります。
治療時間は3時間前後で、術後数日での退院ができるので負担も少ないというメリットがあります。
また当科は【腎臓・高血圧内科】【内分泌・糖尿病内科】と深い連携を築くことで、糖尿病・腎機能障害など動脈硬化にかかわる背景疾患を有する患者さまに相互に協力した治療を提供してまいりましたが、今後はさらに【脳血管センター】とも連携することで、不整脈が背景として起きる脳梗塞の既往のある患者さまにも包括的な医療を提供します。

下記の対象疾患でお悩みの患者さまは、かかりつけ医にご相談の上、当院心臓血管センター内科の外来へお越しください。

【対象疾患】

発作性心房細動(PAF)
心房粗動(AFI)
慢性心房細動(Af)
発作性上室頻拍(PSVT)
WPW症候群
心室頻拍(VT)

診療実績

カテーテル治療実績(2017年1月~12月)件数
PCI(冠動脈ステント治療)496
 急性心筋梗塞に対する緊急PCI55
 緊急PCI103
 待機的PCI338
心筋焼灼術カテーテルアブレーション16
冠動脈造影(CAG)846
末梢動脈疾患カテーテル治療(EVT)41
大動脈内バルーンパンピング(IABP)16
下大静脈フィルター留置術(IVCフィルター)9
ペースメーカー植え込み術23

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.