ナビゲーションへ

コンテンツへ

フッターへ


ホーム  > 医療従事者向けセミナー  > 緩和ケアセミナートピックス編

緩和ケアセミナートピックス編


場所 第1回~第3回:聖隷三方原病院 大ホール
第4回:県西部浜松医療センター
時間 18時45分~20時45分
内容 レクチャー45分、小グループディスカッション・事例検討75分

第1回 がん性疼痛治療のオピオイドの使い方と看護のコツ

日時:2009年8月19日(水)

第1回 緩和ケアセミナー

緩和支持治療科:森田 達也
緩和ケア認定看護師:藤本 亘史

小グループディスカッションのテーマ一覧

1つのテーマを14Gに分かれて事例検討を行い、その後全体で共有しました。

参加された方の声

  • 事例検討をすることにより、様々な立場で仕事をしている方の中で色々な側面についての話が出来て良かったです。
    改めて“痛み”の対応について説明がきけたことは良かったと思います。
  • グループディスカッションはためになった。
  • 色々な思い・方法がきけてよかった。
  • 検討する内容が挙げられていたことで何をアセスメントし評価対応していくことが必要か良く分かった。
    疼痛評価をすることでその対処方法を明確にできる。
  • 顔が見える関係が少しずつですが確実に出来てきてとても良い会と思っています。
  • 痛みに対する対処として、薬を使う事がやはり多い中、看護ケアについて再度検討していきたい。

第2回 スピリチュアルケアと精神的ケア

日時:2009年9月9日(水)

第2回 緩和ケアセミナー

緩和支持治療科:森田 達也
緩和ケア認定看護師:福田 かおり

  4.6点

小グループディスカッションのテーマ一覧

テーマ ファシリテーター 役立ち度
1 短期入院でできるブロックの紹介 医師
4.5点
2 スピリチュアルケア(テーマ:負担感) 緩和ケア
認定看護師

4.8点
3 スピリチュアルケアの実際(テーマ:自律) 看護師
4.5点
4 気持ちのつらさに対する評価と治療・ケア 医師
4.2点
5 化学療法の中止を相談するとき 医師
がん化学療法看護認定看護師

4.2点
6 診療所との連携を考える MSW
4.7点
7 動けなくなってきた患者さんへの日常生活の介助のコツ 理学療法士
作業療法士

4.8点
8 がん患者のケアにいかす呼吸理学療法 理学療法士
4.8点
9 がん患者の口腔ケアのコツ 歯科医師
歯科衛生士

4.8点

第3回 看取りのケア

日時:2009年10月14日(水)

第3回 緩和ケアセミナー

緩和支持治療科:森田 達也
ホスピス科:大谷 弘行
緩和ケア認定看護師:藤本 亘史
緩和ケア認定看護師:福田 かおり

  4.4点

小グループディスカッションのテーマ一覧

テーマ ファシリテーター 役立ち度
1 看取りのパンフレットの使い方
~ 背景知識を理解して実践に活かす ~
医師
緩和ケア認定看護師

4.8点
2 がん患者さんを支えるご家族のこころのケアを考える 浜松市精神保健
福祉センター
医師

4.3点
3 入院中の終末期せん妄のケア 医師
4.6点
4 化学療法の継続を支えるケア
~ 精神的サポート・身体症状のマネジメント ~
医師
がん化学療法看護認定看護師

4.3点
5 がん患者の褥瘡ケアの実際 皮膚・排泄ケア
認定看護師

4.5点
6 診療所との連携を考える 医師
4.4点
7 動けなくなってきた患者さんへの日常生活の介助のコツ 理学療法士
作業療法士

4.2点
8 がん患者のケアにいかす呼吸理学療法 理学療法士
4.0点
9 がん患者の口腔ケアのコツ 歯科医師
歯科衛生士

5.0点

第4回 息苦しさの治療と看護のコツ

日時:2009年12月2日(水)

第4回 緩和ケアセミナー

県西部浜松医療センター
緩和医療科:佐々木 一義
緩和ケア認定看護師:吉川 陽子

  4.3点

小グループディスカッションのテーマ一覧

1つのテーマを6グループに分かれて事例検討を行い、その後全体で共有しました。

参加された方の声

  • 今年は、すべての会に参加できませんでしたが、来年度は多くの会に参加し、情報を得て仕事に役立てていきたい。
  • 在宅診療の現場で活躍されている医師の話をお聞きしたい。
  • グループ別にまとめる時間があると整理できてよいのではないかと思った。
  • とても勉強になりました。
  • 息苦しさを中心に話をする機会がなく良かったと思います。