グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 外来受診  > がん診療

がん診療

地域がん診療連携拠点病院とは

当院は、2005年1月に「地域がん診療拠点病院」(現「地域がん診療連携拠点病院」)として国から指定を受けました。
当院は、地域がん診療連携拠点病院として各診療科の医師や看護師、薬剤師など様々な分野のスペシャリストが最良のがん診療を提供しています。また、近隣の医師会の他、訪問看護ステーション、市長、県、国(行政)と相互に情報交換をしながら、がん診療に係わるさまざまな事柄に向き合い、地域全体で患者さんを診ていくチーム医療の実践と地域のがん診療の均てん化と医療の質の向上に取り組んでいます。

当院のがん診療の流れ

例えば、こんなときは・・・

・話を聞いてもらいながら自分の気持ちを整理したい
・医療費の支払いなど経済的な心配がある 
がん相談支援センター
・放射線治療について知りたい放射線治療
・将来、お子さんをもつことを考えたい(妊孕性温存)がん生殖医療
・治療に伴う脱毛、爪、皮膚などの変化について(治療)支持療法科
(ケア)アピアランスケア【準備中】
・若年性がん患者のサポートが知りたいAYA世代(15歳から39歳)の患者さんへ