グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > ご利用案内  >  健康診断のご案内

健康診断のご案内

このページの目次


脳ドック検診

「脳卒中」は高齢者に多くみられる病気ですが、最近では発症年齢が低下してきているという報告も多数あります。原因のひとつとして、日本人の食生活の変化があげられます。高血圧や脂質異常症をはじめとする生活習慣病のほか、喫煙や過度の飲酒、運動不足など日頃の生活と大きな関わりがあります。脳ドックには脳MRだけでなく、市などで行われる特定健診の内容も入っております。
ご家族に脳卒中になった方がいてご心配な方、物忘れなどが気になる方も受診をおすすめします。

検査項目MRI・眼底検査・胸部レントゲン・心電図・血液検査・尿検査・一般測定
実施日毎週火曜日午後・金曜日午後(祝日・年末年始休暇は除く):予約制

料金
一般利用者:50,000円
勤労者福祉サービスセンター利用者:42,000円



ご希望の方は、直接当院へお申込下さい。

申込電話番号:0545-52-0780(代表)
※ 申込時に脳ドック希望とお伝え下さい。



富士市 乳がん検診

乳がんにかかる人は30代から増えはじめ、50代を中心に最も多くなります。日本人女性が生涯で乳がんにかかる確率は約16人に1人とされています。自覚症状がなくても必ず定期的に検診を受けましょう。

対象者40歳以上の富士市民(昨年度の乳がん検診を受けてない方)
※ 2年に1回
検診項目問診・視触診・マンモグラフィ検査
実施期間5月~翌年2月
実施日毎週火・水曜日の午後(予約制)
自己負担金1,700円


富士市 個別がん検診

胃がん検診

バリウム検査では、さまざまな角度から胃の部位を撮影します。胃の内部の変化が分かるので、胃がんだけでなく潰瘍やポリープなども発見できます。


対象者35歳以上の富士市民
検査項目バリウム検査
実施期間5月~翌年2月
実施日月~金(祝日を除く)※予約制
自己負担金2,500円


大腸がん検診

便に潜む血液の有無を調べる検査です。大腸にがんやポリープがあると便の中に血液が混じることがあります。専用の容器をお送りしますので、ご自宅にて採取し、提出していただきます。


対象者35歳以上の富士市民
検査項目便潜血(2日法)
実施期間5月~翌年2月
実施日予約制
自己負担金700円


前立腺がん検診

採血による血液中のPSA値を調べます。前立腺がんは高齢の男性に多いがんの一つとされています。


対象者50歳以上の男性の富士市民
検査項目血液検査(PSA検査)
実施期間5月~翌年2月
実施日予約制
自己負担金1,100円
(脳ドック・特定検診と同時実施は800円)


肝炎ウイルス検診


対象者35歳以上の富士市民(過去に検査を受けてない方のみ)
検査項目血液検査(C型肝炎ウイルス検査・HBS抗原検査)
実施期間5月~翌年2月
実施日予約制
自己負担金1,400円
(脳ドック・特定検診と同時実施は1,000円)


その他健診について

準備中です。しばらくお待ちください。


検診に関する問い合わせ

各種検診の問い合わせ及び予約の申し込みについては、下記へご連絡下さい。

受付日月~金曜日(土日祝祭日は除く)
受付時間8時30分~16時30分
電話番号聖隷富士病院 地域医療連携室
0545-52-0875 または 0545-52-0780

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?