グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > ブログ「さくら茶」  >  2019年8月

2019年8月


ロビーコンサートを開催しました。

8月24日(土)、ロビーコンサートを開催しました。今回は、ハワイアンバントのKAOLUNA(カオルナ)さんに演奏をしていただきました。
ハワイの楽曲やジャズ、ラテンなど様々なジャンルの曲を演奏いただきました。またフラダンサーの華やかな踊りもあり、夏の海にいるような楽しい1時間でした。
入院している患者の皆さんにも、楽しい夏の思い出になったと思います。
KAOLUNAの皆さん、ダンサーの皆さんありがとうございました。

次回は10月5日(土)を予定しています。ホームページや広報誌でご案内しますので、皆さまのお越しをお待ちしております。


2019年8月26日
総合企画室 大石


第4期工事_新B号館の引渡し

2018年4月に着工した第4期工事は、設計会社さん・施工会社さんのご協力のもと無事に工事も進み、8月23日(金)に待望の新病棟の引渡しが行われました。
 第4期工事プロジェクトリーダー立ち会いのもと、戸田建設の現場所長から設備の取り扱い説明、引渡し書類の確認、鍵の受け渡しなどが行われました。今後は、10月1日の新病棟稼動にむけて、竣工式の準備、備品の搬入、新病棟で使う機械のオペレーションなどを行っていきます。
 新病棟の工事は完了しましたが、増築手術棟の工事は11月末まで続く予定です。当院をご利用される皆さまには、駐車場の制限や工事車両の通過などでご迷惑をお掛けしますが、もうしばらくの間、ご協力をお願いいたします。

2019年8月26日
建築工事プロジェクト 事務局

国際骨粗鬆症財団からGold認定

骨粗鬆症リエゾン活動に取り組んでいる世界各国の医療機関の活動に対して、IOF(国際骨粗鬆症財団 International Osteoporosis Foundation)が5つのカテゴリーに分類して評価を行い、総合評価の結果をGold、Silver、Bronzeに分けて表彰しています。
 このたび、当院の骨粗鬆症リエゾンサービスチームの『大腿骨近位部骨折の患者さまを入院から外来受診まで追跡する、長期フォロー』の取り組みが評価され、成功度で93%の高得点をマークし、国内3施設目となるGoldを受賞しました。

 その他、骨粗鬆症リエゾンサービス委員会では追跡調査のため、データベースの作成や、半年ごとの受診の促し、再骨折の調査などを行い、全国平均を下回る結果が予想されています!

 このようなの活動が国際機関からも認められたことは大変名誉なことであり、佐倉地域で行っている当院の活動が更に良い取り組みに発展し、地域住民の皆さんへの医療の質・生活の質向上に繋がるように活動を続けていきます!


2019年8月7日
骨粗鬆症リエゾンサービス委員会 一同

第4期工事_病院サインのLED化

 病院の正面ロータリーとA号館屋上に設置してある病院サイン看板がLEDに変更されました。
 LEDに変更することで省エネに貢献できるとともに、夜間の視認性も良くなりました。まわりが暗くなるとLED化された聖隷マークと聖隷佐倉市民病院の文字が浮かび上がり、江原台の台地の中で地域に根ざした病院としての存在感を表しています。

2019年8月5日 
第4期工事プロジェクト 事務局


小児科夏祭りを開催しました!

2019年7月26日(金)、毎年恒例の小児科夏祭りを開催しました。
今年のクーデルムーデルの合唱はリハビリ部対事務・薬剤部の対抗で行われ、どちらのチームも日々の練習の成果を発揮していました。
大賞を獲得したのは、事務・薬剤部チーム!
世界にひとつだけの花など、誰もが知っている歌を披露してくれました。
おめでとうございます!

その後の出店では栄養科がカレーや焼きそば、かき氷などを準備してしてくださり、こどもたちばかりか、一緒に来ていた大人たちも一緒になっておいしくいただいていました。
縁日スペースでは、射的や輪投げなどを行い、日々外来通院や入院など辛い思いをしているこどもたちの楽しく遊んでいる姿を見られて、とてもうれしかったです。
最後は花火で盛り上がり、今年も小児科夏祭りを無事開催できました。
ご参加頂きました皆さま、ありがとうございました。

また、ご協力いただいた栄養科・小児科病棟・事務部のみなさまありがとうございました。

2019年8月1日
総合企画室 大石



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?