グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > スタッフブログ  >  2020年度 スタッフブログ

2020年度 スタッフブログ

このページの目次


糖尿病について シリーズ 第1回

毎年恒例の糖尿病教室ですが、今年は新型コロナウイルスの影響から、ブログにて糖尿病についてシリーズ掲載させて頂きます。糖尿病でない方も、内容を読んで生活習慣を振り返る機会にしてみてください。

「糖尿病ってどんな病気?」
食べ物から得たブドウ糖は、インスリンというホルモンが作用することで、血液を介して全身へ運ばれ、エネルギー源として使われます。
糖尿病とは、インスリンがうまく出ないか、インスリンの効きが悪くて、血糖が高くなる病気です。生活習慣の乱れだけではなく、体質の遺伝や、膵臓の病気、妊娠なども原因となります。はじめは何ともなくても、喉が渇く・疲れやすい・やせる・おしっこの回数が増える、などの症状が現れます。

「血糖が高いと、なぜ良くないの?」
血糖が高い状態が長く続くと、血管が傷つき、全身にいろんな病気をもたらします。

糖尿病だから起こる病気
経に異常がでる神経障害
が悪くなり失明する網膜症
臓が悪くなり透析になる腎症

糖尿病だけが原因ではないが、命に関わる病気
足が疽(えそ)する閉塞性動脈硬化症
の血管がつまる・やぶける脳卒中
心臓が働かなくなる血性心疾患

一文字目を取って、きのこの「し・め・じ」と「え・の・き」と覚えておきましょう。
これらの病気が起きていても、自覚症状にとぼしいため気がつかないうちに進行し、命に関わる状態や、その後の日常生活に大きく影響をおよぼす恐れがあります。まずは、健康診断で指摘を受けたら、早めに受診しましょう。


2020年9月1日
糖尿病療養支援委員会


富士ニュースに掲載されました

当法人における在宅事業部門2施設(訪問看護ST/居宅介護支援事業所けいあい)の聖隷富士病院内への移転が富士ニュース紙上に掲載されました。

移転により協力体制を強化、地域包括ケア病床47床の活用、円滑な入退院支援体制の実現に向けた活動が紹介されました。


紙面はこちら



今年度も特定健診の季節がやってきました★

毎年GW明けから大忙しの特定健診ですが、今年は新型コロナ感染拡大防止のため、実施時期が7月からとなっておりました。

お問い合わせ、ご予約頂きました皆様。大変長らくお待たせしました。
少しでも皆様に安心して、健診をお受けいただけるよう、定期的な換気・消毒など〝3密〟を避けるためスタッフ一同努め、お待ちしております。


ご自身の健康管理の為にも年に1度の健康診断をお勧めいたします。
「どんな検査をするのか」「受診券の見方が分からない」など、お問い合わせ、ご相談のみでも結構です。お気軽にお声かけください。
皆様の健康管理のよいきっかけ作り、お手伝いができればと思います。


2020年7月31日
保健事業推進室




当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?