グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 病院概要  > 沿革

沿革

2013年5月袋井市立 聖隷袋井市民病院 新規開設
聖隷福祉事業団が指定管理者として受託運営開始
2013年6月保険診療開始(一般病床:3階東病棟、外来:脳神経外科、内科)
2014年4月整形外科 開設(二橋宏嘉部長)
2014年8月西館改修工事終了(一般50床:3階東病棟から4階病棟【ゆり】へ移転)
2014年9月療養病棟開設(療養病床:5階病棟【コスモス】)
2015年11月内科部長(西田淳部長)就任
2016年4月3階病棟開設(一般病床:回復期リハビリテーション病棟:3階病棟【ひまわり】)
2016年4月院内保育所「ふくろうのもり」開設
2018年4月第二期指定管理受託運営開始
2019年4月訪問リハビリテーション事業開始
2019年9月電子カルテシステム導入