グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




治療方法について

このページの目次


理学療法

理学療法は病気や怪我などで身体に障害がある方に対して、運動機能の改善・維持・予防を目的に、運動または温熱・電気などを用いて治療を行います。具体的には、関節可動域練習・筋力練習・歩行などの日常生活動作練習を行い、自立した生活が送れるように支援していきます。

レッグエクステンション

●筋力練習

高齢者でも乗り降りしやすく、簡便な筋力測定ができ、また筋力トレーニングが可能な機器を配置しております。回数や負荷量も高齢者に見やすい表示であり、当院では廃用症候群の予防・改善、筋力強化練習に使用しています。

介助歩行

●歩行練習

移動方法としての歩行は、人間にとって大切な日常生活動作のひとつです。歩行を再獲得するために、個々の状態に合わせた積極的な歩行練習を行っております。
また必要に応じて、公共交通機関を利用できるか確認するために、バス訓練も行っております。

かろやか運動教室

●袋井市介護予防事業

袋井市介護予防事業に当院リハビリスタッフが関わらせて頂いております。袋井市立聖隷袋井市民病院として、袋井市民のみなさまのために少しでもお役に立てるよう、努力していきます。

作業療法

作業療法とは「身体又は精神に障害のある方、またはそれが予測される方に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復、維持および開発を促す。作業活動を用いて治療、指導および援助を行うこと。」とされています。特に運動機能、認知機能、精神機能、食事やトイレなどの生活で行われる活動、地域活動への参加や就労就学の支援など、様々な能力の改善・維持を目的としています。

●ADL(日常生活動作)

普段みなさまが日常的に行っている食事やトイレや入浴動作の練習を行っています。そのような動作が困難となった患者様に対して、動作の練習をしたり、補助具を用いたりすることで、日常生活動作の再獲得ができるように一緒に練習を行っています。また、必要に応じて自助具(補助具)の作製をしています。
●退院前訪問指導

当院では退院前に在宅生活に不安がある患者様に対して退院前訪問指導を行っています。退院前訪問指導では、リハビリスタッフと在宅スタッフと一緒に自宅へ伺い、生活する場での患者さんの動きを確認し、動作アドバイスや生活スタイルに合った環境調整の提案をしています。(段差解消や手すり設置など)病院と自宅では環境が違うため、実際に専門スタッフとご自宅で動いてみることで、より安心して退院できるように支援しています。

●APDL(生活関連動作)練習

調理・掃除・洗濯などの家事動作や買い物、交通機関の利用、電話の使用などの家庭生活を維持するために必要な動作の練習を、個々の患者様に合わせて一緒に行って行きます。
●認知症(物忘れ)外来の評価

当院では医師の診察・MRI検査・リハビリでの認知機能評価を行っています。認知機能評価(長谷川式簡易評価スケール・WAIS-Ⅲ)では、言語性・動作性に関しての知能指数(IQ)の評価を行っています。

言語療法

言語療法では、普段私たちが行っている「話す」「聞く」「食べる」ことについて治療を行います。また高次脳機能障害の方の検査や評価も行っています。
舌が動かしにくい為話しにくい方、単語が思い出せなくなる・言葉が理解できなくなる事でコミュニケーションが困難になる方、食物が飲み込みにくい・かめない・むせるなど食事を摂る事が困難な方、同時に2つの事ができなくなった・段取りが悪くなったなど生活や仕事に支障をきたす方に社会復帰のお手伝いをし、自分らしい生活ができるよう支援しています。

●摂食嚥下練習

言語聴覚士が評価・検査を行い、個々に合った摂食条件を検討します。医師や看護師とチームで連携し、情報共有や治療内容の設定をしながら摂食嚥下練習を行っています。