グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科  > 整形外科

整形外科

診療科責任者

吉田 正弘 整形外科 部長

吉田 正弘
整形外科 部長

冨永 亨 関節外科 部長

冨永 亨
関節外科 部長

概要または責任者から一言

整形外科へ入院する患者さん、ご家族へ

国は高齢化社会に対応するために、患者さんが急性期治療から在宅療養に至るまで、効率的に医療を提供する体制作りを推進しています。患者さんの状態に応じて医療を提供するために、病院を高度急性期、急性期、回復期、慢性期と分け、病院の機能に応じた役割を担うよう整備しています。
当院では、急性期医療を提供しており、患者さんの1日も早いご回復に向け、適切な医療を行っております。
 患者さんには、担当医師から入院診療計画やクリニカルパスにより、必要な入院期間が示されます。手術にもよりますが、整形外科で入院が必要な治療期間は1泊から2週間程度であり、退院後はご自宅で療養及びリハビリをしながら通院で治療経過を見ていく治療計画となっております。
 入院期間にご理解をいただき、退院後の生活に向けリハビリと、早期からのご家庭の療養準備をお願い致します。
 急性期の治療が終了した後の療養のあり方については、外来、病棟、よろず相談室で相談に応じております。ご遠慮なく医師、看護師など病院職員にお尋ねください。

整形外科
整形外科は全身(脊椎、四肢)の運動器の疾患を対象としていますが、特に関節外科、脊椎脊髄外科、骨折外傷外科、の3つが当科のメインとなっています。

関節外科

骨関節外科の骨は骨折などの外傷、関節外科は人工関節などを示します。
関節リウマチ、変形性関節症などで障害された関節機能の再建を目的としており、股関節、膝関節の下肢大関節がほとんどを占めています。人工関節を適応する例が多いため(股関節74例、膝関節212例・・2005年)、人工関節センターとして専門的、先進的治療の充実を図っています。また人工膝関節のラーニングセンターを開き、全国から手術見学研修を受入れています。

脊椎脊髄外科

頸椎症性脊髄症、後縦靱帯骨化症に対しては前方除圧固定術を主に行なっています。ほとんどプレート&スクリュー固定を併用するため、術翌日から起立歩行が可能です。後方侵入の椎弓形成術も症例に応じて使い分けて行なっています。アセトーゼCPやRA、不安定性のある症例では後方インストゥルメンテーション(椎弓根スクリュー、外側塊スクリュー)手術も行っています。
保存治療無効の胸腰椎圧迫骨折には、バルーンカイフォプラスティー(BKP)を行っています。
5mmぐらいの創で1時間弱の低侵襲手術です。全身麻酔が可能なら超高齢者でも可能です。

腰部脊柱管狭窄症、変性辷り症、変性側弯性、後弯性などには後腹膜進入腰椎椎体間固定術(OLIF、XLIF)にインストゥルメンテーション(椎弓根スクリュー&ロッド)後方固定術を併用した前後合併手術が主に行われています。症例によっては後方進入腰椎椎体間固定術にインストゥルメンテーションを併用した後方固定術も行なっています。高度変形例には骨切術も加えた脊椎矯正手術も行なっています。

脊椎外科手術のほとんどで手術用顕微鏡を用いて安全な脊髄除圧を心がけています。
必要に応じてナビゲーションや脊髄モニタリングを行い、安全な手術を目指しています。

骨折外傷外科

骨粗鬆症を伴う高齢者の骨折と救命救急センター経由での交通事故などの高エネルギー外傷が多くを占めます。
前者の代表である大腿骨頚部骨折、転子部骨折は1年後の死亡率が10~30%と言われています。その為、準緊急として早期手術をおこない、臥床による合併症の予防に努めています。

専門外来

人工関節外来・リウマチ外来・小児股関節外来・股関節外科・脊椎脊髄外科

スタッフ

氏名職位卒年専門領域・認定医・専門医
吉田 正弘部長1985年日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
臨床研修指導医講習会修了
冨永 亨部長1995年日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
脊椎脊髄外科専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
臨床研修指導医講習会修了
日本整形外科学会指導者講習会修了
Tornier Reversed Shoulder Arthroplasty Training修了
村尾 浩樹医長2002年日本整形外科学会専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
田中 達也医長2006年日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
髙橋 伸弥医長2006年日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会リウマチ医
石田 正高医長2009年日本内科学会認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本救急医学会専門医
織田 和樹医師2013年がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
赤松 翔太医師2015年がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
近藤 洵也医師2016年がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
森田 悟希医師2017年
藤田 一晃医師2017年

2019年10月1日 現在

治療成績

手術件数

2014年度2015年度2016度2017年度2018年度
脊椎外科
 頸椎6463546957
 胸腰椎153161184158155
 脊髄腫瘍23100
関節外科
股関節人工関節7166555650
人工関節
再置換
81011149
人工骨頭101112115122129
その他101311179
膝関節人工関節125107123111102
人工関節
再置換
211892
単顆置換00000
半月板手術2621371934
腱、靭帯119161413
再建術
その他2728293659
肩関節人工関節31615913
人工骨頭
腱板修復3012203619
その他229141684
肘関節人工関節-0201
その他310629
足関節
足部関節
人工関節00201
関節固定357339
関節形成32335
その他116552358
その他関節-0002
外傷外科
骨接合術上肢154186236212139
下肢335327343323287
再接着術241719
その他外傷50277824090
手の外科関節26708
腱・靭帯1413112039
その他5041495273
腫瘍外科良性腫瘍----3
原発性----1
悪性腫瘍
転移性----5
悪性腫瘍
骨軟部腫瘍12201095
抹消神経222915629
その他手術21618313342173
手術総数14521451149917011741

クリニカルパス

クリニカルパスは、入院中の治療や検査等、標準的なスケジュールをご説明した経過表です。
現在当科で実際に使用されているクリニカルパスについてはこちらをご覧ください。

よくある質問