グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 病院案内  > Webマガジン「白いまど」 (YouTube 病院チャンネル「白いまど」)

Webマガジン「白いまど」
(YouTube 病院チャンネル「白いまど」)

更新日:2018年11月1日

広報誌「白いまど」のWeb版”Webマガジン「白いまど」”

毎月1日に患者さん向けに発行している広報誌「白いまど」のWeb版”Webマガジン「白いまど」”では、医療情報や病院紹介を中心に、当院を身近に感じてもらえるような旬な話題をお届けします。さらに詳しい内容をYouTubeの病院チャンネル(外部サイトに移動します)で配信しています。ぜひ、ご覧ください。

冊子は、病院玄関、i案内、外来、病棟など院内各所に置いています。

【特集】温かいものは温かく 冷たいものは冷たく 適温でおいしい 病院食

新厨房完成! 栄養課の新たな挑戦!

8月16日(木)、猛暑の中、新しい厨房が完成。今までの食事提供システムを変更し、より安全でおいしい病院食を目指し、新しい厨房、新しい調理方法での食事提供を開始しました。

より安全でおいしい 食事提供

従来の調理後に温冷蔵庫で保管した食事を時間に合わせて常温で提供するシステムから、調理後に急速冷却からチルド保存をして、提供前に「再加熱」を行うシステムに変更しました。現在は、朝食、昼食、夕食をこのシステムで提供しています。
1 より安全に
調理後に急速冷却することにより、食中毒菌の増殖を抑え、また、再加熱することで、安全かつ適温で提供しています。
2 おいしい食事
食器も再加熱調理専用の食器を使用し、「冷めて、おいしくない病院食」の概念を払拭し、「温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、適温でおいしい病院食」を目指しています。

大豆ミートカレー

3 献立が充実
調理師、栄養士が協力して検証、試作を行い、再加熱提供に適した新しい献立の作成、変更など、患者さんに喜ばれる食事提供への挑戦を続けています。お肉の苦手な方にもお召し上がりいただけるように、大豆ミートを使用した見た目も食感も肉のような「大豆ミートカレー」や、今まで再加熱に適さなかった揚げ物も提供しています。

管理栄養士による栄養指導

入院および外来の患者さんを対象に管理栄養士による個別の栄養指導を行い、患者さんの気持ちに寄り添いながら改善方法をアドバイスしています。
また、「糖尿病教室」、「腎臓病いきいき教室」、「脳卒中再発予防教室」、「母親学級」で集団栄養指導を行っています。
入院患者さんには、管理栄養士が食事に関して問診し、食物アレルギーなどの対応も行っています。
これからも、食事を通じて患者さんの治療のサポートを行っていきます。

栄養指導

集団栄養指導

文責::栄養課 課長代行 鈴木 浩
さらに詳しい情報を知りたい方は・・・?
以下の動画をご覧ください。
聖隷浜松病院チャンネル 「白いまど」(外部サイトに移動します)

2018年11月号(冊子)

表紙・特集
温かいものは温かく 冷たいものは冷たく 適温でおいしい 病院食
インフォメーション
診療科・センター紹介
脳卒中センター
診療を支えるスペシャリスト
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

アーカイブ