グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 病院案内  > Webマガジン「白いまど」 (YouTube 病院チャンネル「白いまど」)

Webマガジン「白いまど」
(YouTube 病院チャンネル「白いまど」)

更新日:2017年10月2日

広報誌「白いまど」のWeb版”Webマガジン「白いまど」”

毎月1日に患者さん向けに発行している広報誌「白いまど」のWeb版”Webマガジン「白いまど」”では、医療情報や病院紹介を中心に、当院を身近に感じてもらえるような旬な話題をお届けします。さらに詳しい内容をYouTubeの病院チャンネル(外部サイトに移動します)で配信しています。ぜひ、ご覧ください。

冊子は、病院玄関、i案内、外来、病棟など院内各所に置いています。

【特集】がんに克つ!⑨ -乳がん 乳房を知り、乳がんを知り、乳がんに克つ-

(2017年10月号特集)
日本人の2人に1人が一生のうちに一度はなるといわれている『がん』。
シリーズ「がんに克つ!」では、日本人がかかりやすいがんを中心に、その特徴・最新治療・予防法などを紹介します。

日本では乳がんが増え続け、生涯でかかる人は11人に1人といわれています。40代後半~50代前半の母、妻、社会で活躍する世代に多く、社会問題です。薬物療法の進歩で治癒率は向上しましたが、お亡くなりになる方が減少するまでには至っていません。
予防が一番ですが、残念ながら確実な予防法はありません。「乳癌診療ガイドライン」によると「個人レベルで実践に値する要因は、アルコール、肥満、身体活動であり、アルコール摂取を控え、閉経後の肥満を避けるために体重を管理し、身体活動量を増やすことが重要」です。
※:2015年版の最新の「科学的根拠に基づく 乳癌診療ガイドライン 疫学・診断編」(日本乳癌学会編)

早期発見の機会を逃さないようにしましょう

まずは自己検診!症状(乳房や腋窩(えきか)のしこり、乳頭分泌物、乳頭のひきつれ・陥没など)があればすぐ受診!なければ乳がん検診、40歳になったら2年に1回のマンモグラフィ検診を受けましょう。検診で異常がなければ、自己検診と定期的な検診を継続しましょう。要精検のときは必ず精密検査を受けてください(要精検となる人は5~10%程度)。必ずしも乳がんではありません(精密検査を受けて乳がんと診断される人は3 ~4%程度)。

乳がんと診断されたら、必ず適切な治療(標準治療)を受け根治をめざしましょう

2cm以下でリンパ節転移のない乳がんは、95%以上根治が可能です。2cmは1円玉の直径で自分でもわかる大きさです。乳腺科外来では、初診時に視触診・乳房超音波検査・マンモグラフィを行います。良悪性の鑑別が必要なときは、針生検を行います。乳がんと診断されたら、MRIやCT検査を行い、治療方法を選択します。

治療は、手術・放射線などの局所療法と転移・再発を予防する薬物療法(全身療法)を組みあわせます。部分切除のときは乳房へ放射線を照射し、乳房切除(全摘)と同じ効果を確保します。乳房切除のときは乳房再建を追加して行う方法もあります。転移・再発予防の薬物療法にはホルモン療法、化学療法、抗体療法などがあり、がんの性格(生物学的特性)に従い効果的な薬剤を選択します。挙児希望(妊娠・出産を希望する)のある若い女性が化学療法(抗がん剤治療)を受けるときには、抗がん剤治療に伴う不妊対策(妊孕性温存)の専門チームがサポートします。
文責:乳腺科 部長 吉田 雅行
さらに詳しい情報を知りたい方は・・・?
以下の動画をご覧ください。

2017年10月号(冊子)

表紙・特集
がんに克つ!⑨ 乳がん -乳房を知り、乳がんを知り、乳がんに克つ-
新任医師紹介
インフォメーション
診療科・センター紹介
病理診断科 
診療を支えるスペシャリスト
体表領域超音波検査士

アーカイブ