グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科  > 呼吸器外科

呼吸器外科

診療科責任者

棚橋 雅幸 部長

当科の基本方針





当科では、evidenceに基づいた最新の治療をおこなうことを基本とし、患者さん、ご家族に、手術あるいは治療の目的、方法、予測される結果を充分に説明し理解していただいてから治療をおこなっています。インフォームドコンセントの充実には力を入れており、患者用クリニカルパスにより多くの情報を提供し、少しでも不安を取り除くようにしています。

クリニカルパス

クリニカルパスは、入院中の治療や検査等、標準的なスケジュールをご説明した経過表です。
現在当科で実際に使用されているクリニカルパスについてはこちらをご覧ください。

研究テーマ

  • 肺癌の拡大手術
  • パンコースト肺癌のアプローチ法
  • 肺癌に対する胸腔鏡下手術
  • 肺癌に対する術前、術後化学療法
  • 肺癌検診の有用性
  • 中枢気道狭窄に対する内視鏡的治療
  • 縦隔腫瘍手術
  • 胸腺腫治療
  • 重症筋無力症に対する拡大胸腺摘出術
  • 手掌多汗症に対する胸腔鏡下交感神経焼灼手術

呼吸器外科対象疾患

肺癌、自然気胸、膿胸、結核、感染性肺疾患、肺真菌症など胸腔鏡手術を中心におこなっています。

縦隔腫瘍、重症筋無力症、胸部外傷、手掌多汗症

スタッフ

氏名職位卒年専門領域・認定医・専門医
棚橋 雅幸部長
呼吸器センター長
1993年日本呼吸器外科学会専門医
日本外科学会認定医/指導医/専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医/専門医
日本呼吸器学会指導医/専門医
日本がん治療認定医機構認定医/暫定教育医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
臨床呼吸機能講習会臨床呼吸機能基礎コース修了
臨床研修指導医講習会修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
鈴木 恵理子医長1998年日本呼吸器外科学会専門医
日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医/専門医
がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修会修了
吉井 直子医長1999年日本呼吸器外科学会専門医
日本外科学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医/専門医
日本がん治療認定医機構認定医
がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修会修了
渡邊 拓弥医師2010年日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
ICLSコース修了胸腔鏡手術講習会(ドライラボ)受講
臨床研究の基礎知識講座修了
ダ・ヴィンチサージカルシステム認定資格
上沼 康範医師2014年がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本呼吸療法医学会人工呼吸管理基礎教育プログラムADVANCEDコース修了
日本呼吸療法医学会人工呼吸管理基礎教育プログラムBASICコース修了
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
千馬 謙亮医師2014年内視鏡外科手術トレーニングセミナー受講
TNT研修会修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
ACLS研修会修了
病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修修了
喚田 祥吾医師2016年がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

2019年9月1日現在

概要

呼吸器外科専門医4名、後期研修医4名で構成されるチーム。専門医がそろっており高度な手術と緻密な周術期管理が可能で、胸腔鏡手術、進行肺がん拡大手術、高齢者手術などに質の高い医療を提供してきた。2018年に安全かつ低侵襲で質の高い手術を目指し肺悪性腫瘍、縦隔腫瘍に対するロボット支援手術を導入した。肺がんを含めた年間手術件数は毎年350~400例にのぼり,非常に豊富な手術経験がある。2018年の肺がん手術数は161件、気胸46件、炎症性肺疾患25件、転移性肺腫瘍17件、縦隔腫瘍23件であった。症例数が多く呼吸器外科医のみでなく麻酔医、看護師、呼吸理学療法士も治療、ケアに精通している。術前から呼吸理学療法、栄養指導を行い、多くの職種が参加したチーム医療を実践し、術後合併症の発生を最低限に抑えるよう努めている。また日本人の高齢化に伴い、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞などの合併症を有する患者さんも増加しており、循環器科、脳卒中科、内分泌代謝科、リハビリ科など他の診療科とも協力して術後の合併症予防を図っている。
肺がんを疑う患者さんには正確な病期診断を行い最適な治療法を選択するため、気管支鏡検査(EBUS-TBNA、EBUS-GS)やPET検査などにより、腫瘍ならびに縦隔リンパ節転移の評価を実施している。
I、II期の患者さんには手術を第一選択とし胸腔鏡手術、ロボット支援手術を施行している(年間約100例)。I 期の患者さんのなかでもCT、PETで非浸潤性小型肺がんと考えられる場合には、根治性を確保しつつ肺機能を温存する縮小手術を提案している。胸壁浸潤肺がんや隣接臓器浸潤肺がん、縦隔リンパ節転移肺がんなどの局所進行肺がんに対しては化学療法、放射線療法、外科治療を組み合わせた集学的治療を行い予後の向上を目指している。また当院は気管支鏡治療も数多く実施しており、肺がんによる気道狭窄がみられる患者さんには硬性気管支鏡下に腫瘍を切除し、全身状態の改善を得たのちに根治術を行っている。
最近いくつかの新しい抗がん薬が開発されたが、肺がんに確実な効果を示す薬剤はまだない。しかし特定の患者さんには効果を示す抗がん薬が存在することは事実で、いかにその薬剤をみつけだすかということが大きなポイントとなる。分子標的薬であるEGFR-TKIやALK阻害剤では,特定の遺伝子変異が抗腫瘍効果に関与している。さらに免疫チェックポイント阻害薬では腫瘍のPD-L1タンパクの発現が効果予測に有用であることが判明している。当科では手術検体を用いてそれら遺伝子変異やタンパク発現の検索を患者さんの状況に応じて提案している。
2014年度2015年度2016年度2017年度2018年度
肺疾患
  肺悪性腫瘍216177194217181
    原発性肺癌191156174193161
    移転性肺癌2521202417
  肺良性腫瘍26951
  炎症性肺疾患3022282825
  自然気胸4440476346
胸膜疾患
  中皮腫10111
  膿胸、その他129152216
縦隔疾患
  胸腺腫、悪性腫瘍858711
  嚢腫、その他11199912
胸壁、横隔膜疾患57455
気管、気管支941084
外傷33121
経気管支鏡手術917141320
その他4257395235
総計392366379432358