グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科  > 心臓血管外科

心臓血管外科

診療科責任者

浅野 満  心臓血管外科 部長

浅野 満
心臓血管外科 部長

概要または責任者からの一言

今まで、血管外科として腹部大動脈、末梢動脈(主として足の動脈)、下肢静脈瘤などの手術を含めた診療をおこなってきましたが、今回心臓血管外科として新たな診療体制でスタートすることになりました。

狭心症や弁膜症などの心臓病をはじめ、胸部大動脈疾患などすべての循環器系疾患に対して手術ができる体制を整えています。また、各診療科との協力のもと緊急手術にも対応できる体制を整備しています。すべての患者さんにより良い治療を提供できるよう研鑽を重ねるとともに、すべての情報を患者さんと共有し、患者さん一人ひとりがエビデンスに基づいた最適な治療を受けられるように努力しています。

特殊医療機器

心臓や胸部大動脈の病気に対する手術では、人工心肺装置による補助が必要です。この装置で全身の循環を維持し(体外循環)、心臓を停止させた状態で手術をおこないます。この装置は手術中の患者さんの命をつなぐ重要な装置であり、専門資格を有し、十分なトレーニングを受けた臨床工学士が機械の操作を担当します。

主な対象疾患

心臓外科領域(主に人工心肺装置が必要な手術)

【虚血性心疾患】
狭心症、心筋梗塞に対する冠動脈バイパス術
(症例によっては、対外循環装置を使用せず、心臓を拍動させたままで手術を行います)
【心臓弁膜症】
狭窄症や閉鎖不全症に対する人工弁置換術、または弁形成術
【肺動脈】
肺動脈血栓塞栓症に対する血栓塞栓摘出術
【胸部大動脈】
上行大動脈・弓部大動脈・下行大動脈の大動脈瘤・大動脈解離などに対する人工血管置換術

血管外科領域(通常、人工心肺装置が不要である手術)

【腹部大動脈】
腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術、腹部大動脈閉塞または狭窄に対するバイパス手術
【末梢動脈】
急性動脈閉塞に対する血栓塞栓摘出術、慢性閉塞性動脈閉塞症に対するバイパス術
【末梢静脈】
下肢静脈瘤に対するストリッピング術・高位結紮術、深部静脈血栓症に対する治療(下大静脈フィルター留置など)

診療と手術実績

診療と手術実績 2017年度


スタッフ

氏名職位卒年専門領域・認定医・専門医
浅野 満部長1997年心臓血管外科専門医/指導医/責任者
日本外科学会外科専門医/指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
腹部ステントグラフト指導医/実施医(Endurant・GORE Excluder)
ゴアバイアバーンステントグラフト(SFA・血管損傷適応)ワークショップ修了
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医/指導医
臨床研修指導医養成講習会修了
永峯 洋医長1993年日本外科学会専門医/指導医
心臓血管外科専門医/指導医
佐藤 雅信医長2008年腹部ステントグラフト実施医(GORE Excluder・Endurant・Zenith・Aorfix・Powerlink)
下肢静脈に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医

2019年4月1日現在

学会認定

  • 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構規則に規定する基幹施設
  • 胸部大動脈瘤ステントグラフト実施基準による血管内治療の実施施設
  • 腹部大動脈瘤ステントグラフト実施基準による血管内治療の実施施設
  • 下肢静脈留に対する血管内焼灼術の実施基準による実施施設
  • TAVI(経カテーテル的大動脈弁置換術)実施施設(プロクター中)

術前・術後リハビリテーション

手術後のリハビリの目標は入院前の日常生活動作の再獲得です。手術後、ベッド上で動かないでいると、筋力・体力が低下したり、肺炎など合併症を発症する危険がありますが、できるだけ早期からリハビリを開始することで、合併症が少なく回復も早いと言われています。手術後のリハビリは、理学療法士と看護師がお手伝いします。
また、手術後リハビリを継続することで、バイパス手術後の血管の開存率が良くなる,心臓のポンプ機能が改善するなどの効果があるといわれており、退院後の運動に対するアドバイスも行います。

手術前
手術前に理学療法士が訪問します。
手術前のリハビリは、パンフレットを用いて
  1. 手術後のリハビリの流れを説明します。
  2. 傷を守るために咳や起き上がりの動作を練習します。
  3. 手術後、うまく痰を出し肺炎を予防するために呼吸の練習をします。

手術後
医師の許可のもと、早ければ手術翌日からリハビリが開始されます。
リハビリは、体調、心電図、心拍数、血圧、呼吸状態などが安定しているか、動いたときにそれらの数値や自覚症状の変化に問題がないかを確認しながら進めて行きます。順調に経過すれば手術後1週間ほどで病棟内を一人で歩けるようになります。
リハビリは、以下のように段階的に行います。日にちは順調に経過した場合の目安です。
  1. ベッドに腰掛けます。座ることで,呼吸がしやすくなったり,血圧の調整や座るバランスの機能の改善も期待できます。(術後1~2日)
  2. 立ちます。(術後1~2日)
  3. 歩きます。歩く距離は、まずはトイレまで程度から、徐々に50m、100mと、症状にあわせ延長していきます。(術後1~2日)
  4. その後はリハビリ訓練室で階段や自転車などのリハビリを行なっていきます.同時に再発予防の為の教育や指導も行ないます.お仕事や家事に特有の動作がある方は、そういった動作の練習も行ないます。心臓血管手術後のリハビリは重要ですが、やみくもに運動を行うと逆に心臓への負担が増え、悪化させてしまう恐れがあります。当院では心臓リハビリテーション指導士の資格を有するスタッフが在籍しており、安全にリハビリが行えるようにアドバイス致します。

パンフレットの一部です

パンフレットの一部です

リハビリの様子

リハビリの様子

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。