グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医療技術職  > 臨床工学室  > 職場の紹介

職場の紹介

臨床工学室の概要

【 聖隷福祉事業団 臨床工学技士の理念 】

わたしたちは、臨床の現場で医療機器のスペシャリストとして、その最前線で利用者の安全を守り、最善の医療を提供する

【使 命】

◆医療人としての倫理観を高く持つ
医療人であることを常に優先し、安定した利用者サービスを提供する。チーム医療の一員として臨床工学技士の誇りを持ち責務を常に果たす。

◆最先端の治療を探求し利用者によりよい医療が提供できるよう寄与する
各分野の最先端を目指し、臨床に深く関わり自己成長すること。常に改善を求め続ける姿勢を持ち、広く学術的に研鑽を続け、根拠を持って対応する。

◆医療機器トラブルを予防できる環境を整える
スタッフの危険予知能力などの感性を磨き、トラブルが発生しない保守点検、教育、環境整備を実施する。

2011年7月 聖隷福祉事業団 聖隷浜松病院 臨床工学室
手術センター
手術センターでは12部屋の手術室で年間10,000件余りの手術症例を行っております。臨床工学技士は常時10~15名が従事しており、チーム医療の一角を担っております。開 心術の際、心臓と肺の代わりをする人工心肺装置を操作し、患者さまの生命を維持します。それ以外にも手術の際は、人工呼吸器、血液浄化装置、術中自己血回 収装置、選択的血液成分採取装置、IABPなどを一人の患者さまへ同時に使用されるのでそれらを適正に操作します。また、眼科手術に使用される医療機器全 般と内視鏡手術・顕微鏡手術・ナビゲーション・治療用医療機器などの操作介助、整形外科・脳外科・心臓血管外科・耳鼻科領域では誘発電位測定、眼科・内視 鏡外科手術・婦人科レーザーに関しては清潔介助、メーカ立会い規制に対応するために、整形外科のインプラント業務を行い安全で質の高い医療が提供できるよ う努めています。
腎センター
血液浄化療法を中心とした慢性(急性)腎不全患者さまの人工透析療法、特殊医療機器を使用した持続緩徐式血液濾過透析、血漿成分領域における免疫吸着療法・血漿交換療法などのセットアップから装置の操作・保守管理を行っています。また腎センターでの患者受け持ちを実施し臨床症状や検査データーなどを分析、透析材料や適正設定のアドバイスを臨床工学技士の視点から提案することで、質の高い透析治療の提供に努めています。
救命救急センター
急性期の患者さまが最新の医療機器を使用し最高の治療が提供できるよう日々参加しています。具体的には人工呼吸器の管理や心肺不全患者さまへのPCPSやECMOの操作、緊急血液浄化、緊急内視鏡、高度医療機器使用患者さまの救急搬送介助などを行っています。
総合周産期母子医療センター
新 生児部門では7種類27台ある人工呼吸器を患者さまの状態ごとに使い分け使用されることから医師、看護師との連携協力のもと安全に使用していただける環境 を提供しています。特殊治療として窒素療法、一酸化窒素療法、脳低体温療法などにも臨床工学技士が積極的に関わり安全に使用できるよう参加しています。産科部門では日々、分娩監視装置や分娩室、分娩用手術室などの保守点検を行い常にベストの環境を整えるよう努めています。
内視鏡室
内 視鏡室ではスコープ、内視鏡装置の保守・点検を行い、検査が安全かつスムーズに行えるように努めています。医師・看護の協力の下、医師と臨床工学技士で検 査に入り検査中のトラブル対応だけでなく、患者介助や処置介助も行っています。消化器内科ではESD、FNA、呼吸器内科ではガイドシース法、TBNAな どの特殊検査を行っており、高額で操作が難しい機器が多いため機器のセットアップと操作介助を行っています。
医療機器管理室
外 来・病棟で使用される輸液・シリンジポンプなど代表的な医療機器は中央管理を行い適正な保守に努めています。また、カテーテルアブレーション、ペースメー カ、ICD、マンマトーム、末梢血幹細胞採取、内視鏡やラジオ波など積極的に最新機器の導入や、新しい治療に参加し、円滑に業務・治療が行なえるように努 めています。  

検査と治療の特色

特殊医療機器

【手術センター】
分離型人工心肺装置 血小板採取装置
自己血回収装置IABP大動脈バルーンパンピング装置
超音波乳化吸引装置アルゴンガス凝固装置
レーザー超音波メス
マイクロ波凝固装置冷凍手術装置
白内障硝子体手術システム超音波白内障手術装置
体温維持装置電気メス(モノポーラ・ハイポーラ)
除細動器DC患者監視装置
自動麻酔記録装置パルスオキシメータ
呼気炭酸ガスモニター麻酔用ベンチレータ
麻酔器手術用顕微鏡
手術用内視鏡機器一式エアードリル&電動ドリル
ナビゲーション装置 PAL-1
手術用ベッド静脈血栓予防用フットポンプ
高機能電気メス脊椎専用ジャクソンテーブル
シリンジポンプ血管造影専用ベッド
誘発電位機器その他
【腎センター】
透析患者監視装置(DCS-73 42台DCG-02 3台、DCG-03 4台)特殊血液浄化装置(プラソートIQ-21 2台)
病棟透析用患者監視装置(DBG-02 1台DBG-03 2台)透析液供給装置(DAB-C 2台)
逆浸透水処理装置(セントラル1台、個人用2台)B粉末自動溶解装置(DRY-01)
A剤粉末溶解装置(DRY-11A 2台)浸透圧計
電解質NaK計その他
【医療機器管理室及び病棟機器】
シリンジポンプ(187台)輸液ポンプ・経腸栄養ポンプ(111台)
ベッドサイド・セントラルモニタ(16台)低圧持続吸引器(36台)
パルスオキシメータ(87台)超音波ネブライザー(24台)
人工呼吸器(25台)12誘導心電計
超音波診装置除細動器
AED(半自動除細動器)心臓内電機生理検査装置
カテーテルアブレーション装置ペースメーカ・CRT・ICD各種
マンマトーム 末梢血幹細胞採取装置
ラジオ波オリンパスEVIS260
IVUS内視鏡拡大内視鏡装置
マルチベンディングスコープ
【総合周産期母子医療センター】
患者監視装置閉鎖式保育器
経皮ガスモニター開放式保育器
NO供給装置(アイノベント)
人工呼吸器(BP750vs、ハミングV、ステファニ、インファントスターその他)人工呼吸器(BP750vs、ハミングV、ステファニ、インファントスター、クロスベント、その他)

スタッフ・医療機器安全管理責任者

スタッフの配置とローテーション

臨床工学室46名は病院全体の医療機器を管理する臨床工学技士31名と血液浄化を専門とする臨床工学技士15名に分かれ、それぞれで専門を追求しています。また、院内でのローテーションを行うことで広く知識を身につけるよう教育に関しても2年以上かけて各部署を担当するよう努めています。  院内には、手術室臨床工学室、透析センタ臨床工学室、中央臨床工学室、周産期母子医療センタ新生児部門臨床工学室、救急センタ臨床工学室があり、各部署に臨床工学技士を配置しています。
体外循環技術認定士5名透析技術認定士4名
3学会合同呼吸療法認定士7名臨床ME専門認定士6名
臨床検査技師8名第2種ME認定士32名
医療機器情報コミュニケータ(MIDC)1名看護師1名
ペースメーカ関連専門臨床工学技師4名保健師1名
第2種滅菌技士1名第2種電気工事士2名
静岡県臨床工学技士会理事静岡県臨床工学技士会循環器部会副委員長
静岡県臨床工学技士会代謝部会委員静岡県臨床工学技士会呼吸器部会委員
静岡県院内移植コーディネーター日本体外循環技術医学会評議委員
日本体外循環技術医学会東海地方会評議員

医療機器安全管理責任者

医療機器安全管理責任者

2007年に医療機器安全管理責任者の配置に対し当院での対応は、病院安全管理委員会が中心となり、関連担当各部署が保守計画と保守の実施、操作方法の周知と教育の記録を行い、安全管理委員会が監査役となり委員会への報告を行うよう対応しています。

実績

2015年度 手術室業務

臨床業務立会い件数
整形外科自己血回収195
内視鏡機器操作介助2,773
レーザー装置操作介助521
双胎間輸血症候群19
誘発電位測定902
眼科手術1,703
脳外科ナビゲーション173
デモ機器対応54
外科用放射線イメージ1,852
CUSA・ソノペット164
人工心肺立ち合い症例175
大血管ステント手術45
補助循環症例13
総件数8,589

術中誘発電位モニタリング
心臓血管外科0
脳神経外科108
整形外科743
耳鼻咽喉科22
総件数873

2015年度 カテ室業務

心臓電気生理検査総件数247CE心カテ業務827
アブレーション127CE心カテ業務(緊急)180
ペースメーカー新規植え込み56IVUS225
ペースメーカー交換28ロータブレーダー60
植え込み型除細動器18OCT192
両室ペーシング15Pressure wire15
ペースメーカー外来及び病棟チェック1,614小児カテ135
心カテ件数827PTA・エンボリ78
PCI423心カテ清潔介助業務118
総件数5,185

2015年度 内視鏡業務

上部内視鏡検査検査3,658
治療32
下部内視鏡検査検査1,635
治療721
ERCP検査13
治療3
気管支鏡検査182
治療2
緊急・出張対応治療46
内視鏡洗浄件数3
小腸内視鏡検査検査46
治療1

2015年度 病棟および外来でのペースメーカ点検

総数1,614
調整件数273

2015年度 未熟児センター内特殊療法

脳低温療法1
窒素療法7
NO療法 合計25
在宅呼吸器導入患者数5

2015年度 マンモトーム

ステレオ下11
エコー下1

2015年度 透析業務

総透析回数17,095
内訳外来維持透析14,387
入院患者透析2,361
病棟出張透析347
特殊療法件数360
内訳CHDF73
免疫吸着13
血漿交換65
血球成分除去療法43
腹水濃縮濾過再静注法53
吸着式血液浄化療法17
エンドトキシン吸着31
術中透析11
腹水濃縮濾過再静注療法54