グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医療技術職  > 放射線部  > スタッフ  > 先輩技師の一日

先輩技師の一日

聖隷浜松病院 5年目 男性技師

聖隷に入社して気の合う仲間達に出会い、毎日楽しく働いています。
AM午前はCT担当です。

1台の装置を二人一組で担当します。
スキャンをしたり、3DやMIPの作成をしたり、患者さんの案内をしています。

100件以上の撮影を毎日繰り返すことで、今では心電図同期などの高度な撮影もこなせるようになりました。

先輩に教わりながら、後輩の教育もしています。
教える難しさを痛感中・・・
PM今日の午後は血管造影です。

医師、看護師、臨床工学士、臨床検査技師の人達と検査することで、チーム医療の中で働いている実感を持てました。
最先端のハイブリッド治療装置(IVR手技環境と外科的手技環境を融合した装置)を扱えるように頑張っています。
今日の勤務はCTと血管造影でしたが、時には一般撮影や病棟へポータブル撮影に出ることもあります。
当直当直は2人体制(二次救急の当番日は3人)です。

一般撮影、CT、ポータブル撮影 etc…分担しながら撮影します。

一息ついて夕ご飯。この日は出前の大盛りカツカレー。
これで夜中も頑張れます!
撮影依頼がなければ夜は当直室で待機しています。重症の患者さんも来るので緊張感を持って撮影をしています。
翌日8時30分、業務終了です。
お疲れ様でした。

聖隷浜松病院 2年目 女性技師

AM午前の業務はマンモグラフィと一般撮影 

一日のスタート!


朝出勤したら、まず装置の始業点検を行います。装置・機器の管理は患者さんの安全を守るための大事な仕事のひとつです!

乳癌検診から精密検査に来る患者さんや、手術後の患者さんに不安を与えないように、コミュニケーションを大事にしています!

また、医師や看護師、臨床工学技師と共にマンモトームを行う日もあります。

一般撮影では一日に約300~500件の撮影を行っています。

患者さんを待たせてしまわないように、質とスピードが求められます!

診療科が多いのでいろんな撮影ができます。時には先輩技師と相談し、工夫しながら撮影しています!
休憩

お昼ご飯は技師室で他のモダリティの人達と一緒に楽しく食べています!

お弁当を持参する人や院内の売店で買ってくる人など様々です。



午後も頑張るぞー!
PM午後の業務はポータブル撮影です。 

女性でも一人で病棟やOPE室、救急室に撮影をしに行っています。そのせいか、少し筋肉がついた気がします・・・

一般撮影では、他にもTV検査・骨密度・ESWL・OPE-CTを担当します。いろんな検査に携わる事ができ、仕事も様々です。
~業務後~ 

この日は女性技師でマンモグラフィの勉強会をしました。

女性の先輩技師がたくさんいて相談にのってもらったり、分からないことを聞いたり、働きやすい職場です!

終わった後はにはみんなでご飯へ行きました!