グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


腎臓内科カリキュラム

【一般目標 General Instruction Objective : GIO】

腎臓専門医になるために、初期研修で培った、腎臓を通して「全身を診ることができる」、「チーム医療」および「医療リスク管理」を正しく行える能力をさらに深める。
専門医研修では、外来診療や他科コンサルト、透析当番、初期研修医の指導、学会発表、論文作成などにより、初期研修より進化した専門的能力・当事者能力を養う。

【行動目標 Structural Behavior Objectives : SBOs】

1.知識
1)腎臓の形態・機能について概略を述べることができる。
腎尿路系の形態
腎の機能(体液の恒常性、腎循環と糸球体機能、尿の生成機序、水電解質調節機能、酸塩基平衡調節機能、腎内分泌調節など)
2)腎臓病の主要症候について概略を述べることができる。
(尿の異常、浮腫、高血圧、貧血、腰腹痛、腹部腫瘤、尿毒症など)
3)腎臓病の疾患分類について概略を述べることができる。
(糸球体疾患、尿細管/間質疾患)
4)腎臓病診療における「チーム医療」、「医療リスク管理」の概略を述べることができる。
2.診察
腎疾患の全身診察法(腎の触診、浮腫の見方などを含む)の概略を述べ、受持ち症例については、自ら実践、記載、評価できる。
3.検査
1)尿検査(検尿、尿沈渣、蓄尿など)、血液生化学、免疫学的検査、腎機能検査(Ccrなど)、画像診断、病理組織検査(腎生検を含む)、腎内分泌機能検査などの概略を述べることが出来、受持ち症例に関しては、自ら実践することができる。腎生検は鏡検にて病理診断を行う。
2)検査に必要なチームとの連絡、交渉を行うことができる。
3)上級医の指導のもとで、検査のベネフィットとリスクを理解し、患者と家族に伝え、同意を取ることができる。検査のリスクを最小限に留める努力と注意が出来る。
4.治療
1)最新の各学会のガイドラインなどに基づき、病態に合った生活・食事指導を述べることができ、受持ち症例については実践することができる。(食事や栄養指導のオーダーも含む)。患者だけでなく、家族にも指導ができる。
2)病態に沿った輸液・水電解質管理の概略を述べることが出来、受持ち症例については、適切な管理を実践できる。
3)以下の薬物療法の機序/効果と副作用について述べることが出来、受持ち症例については、適切な治療法を選択、オーダー、副作用のモニターを実践できる。
(利尿薬、ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体阻害薬、副腎皮質ステロイド薬、免疫抑制薬、非ステロイド性消炎鎮痛薬、抗血小板薬、抗凝固薬、経口吸着薬など)
4)血液浄化法の概略について述べることが出来、受持ち症例については、実践できる(血液透析、血液ろ過透析、血液吸着、血漿交換など。緊急透析用ダブルルーメンカテーテル挿入と管理ができる。)
5)血液透析用ブラッドアクセスの手術(内シャント、表在化動脈)の概略を述べることが出来、受持ち症例については実践できる。
6)全身状態が非常に悪化した末期腎疾患患者に対する緩和ケアと、看取りを行うことができる。家族のケアも行うことが出来る。
7)治療に必要なチームとの連絡、交渉を行うことが出来る。
8)治療のベネフィットとリスクを理解し、患者と家族に伝え、同意を取ることができる。治療のリスクを最小限に留める努力と注意ができる。
9)日常生活動作の評価、患者に必要な障害/介護申請などを行うことが出来る。
5.症例
以下の代表的疾患について、概略を述べることができ、受持ち症例については診断、治療、全身管理ができる。
(急性腎不全、急性腎盂腎炎、急性糸球体腎炎、急性間質性腎炎、急速進行性糸球体腎炎、多臓器不全、慢性腎不全、慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、腎硬化症、脱水症、溢水症、電解質代謝異常〔Na ,K ,Cl, Ca ,P 〕、酸塩基平衡異常(アシドーシス、アルカローシス)、原発性糸球体腎炎(微小変化群、単状糸球体硬化症、膜性腎炎、IgA腎症、増殖性腎炎など)、二次性糸球体腎炎(DM、SLE、RA、アミロイドーシス、痛風腎、ANCA関連腎炎、Goodpasuture症候群など)。
本カリキュラムは、(社)日本腎臓学会の「腎臓専門医研修カリキュラム」(2003年5月改訂)および当院研修プログラムに準拠して作成された。

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ