グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医療技術職  > 臨床工学室  > カテーテル室業務  > ペースメーカー関連業務

ペースメーカー関連業務

心臓ペースメーカや植え込み型除細動器、両室ペーシング用ペースメーカなどの植え込み術にも参加しています。臨床工学技士は、心臓内電気生理検査(EPS)とプログラマーを操作して患者様に最適な設定を行えるよう努めています。また、ペースメーカ外来に参加し、患者さまの安全を確保しています。


ペースメーカ外来時に植込んだペースメーカが正常に作動しているか確認

2012年2013年2014年2015年2016年
心臓電気生理検査総数218210226247261
アブレーション115112112127142
ペースメーカ新規植え込み4240605647
ペースメーカ交換2637252819
植え込み型除細動器1615161816
心臓再同期療法824157
ペースメーカ外来及び病棟チェック13271354139216141519

心臓内電気生理検査(EPS)、カテーテルアブレーション、ペースメーカ関連業務以外に、植込み型除細動器(ICD)や心臓再同期療法(CRT)などにも積極的に参加しています。
ペースメーカ外来では積極的に各社の遠隔モニタリングを導入しています。