グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医療技術職  > 薬剤部  > 職場の紹介

職場の紹介

各部署

【調剤室】
調剤室では、主に入院患者さんおよび一部の外来患者さん(特殊薬)の処方を調剤・監査しています。患者さんに合わせた投薬(一包化・簡易懸濁・錠剤の粉砕等)を行い、服薬アドヒアランスの向上や薬の飲み間違い防止を図っています。
また、お薬相談窓口で、外来患者さんの服薬指導(抗がん薬指導・麻薬指導・吸入薬指導等)や副作用・相互作用等の相談について対応しています。
保険薬局からの院外処方箋問い合わせ窓口となり、医師への疑義照会を行っています。
【製剤室】
治療上必要不可欠な薬が市販されていない場合、薬剤師が文献などの資料を参考にして薬を調製しています(=院内製剤)。例えば、癌性疼痛に用いられる高用量アセトアミノフェン坐剤などを調製しています。

【TPN】
高カロリー輸液(TPN:total parenteral nutrition)は何らかの理由で経腸栄養できない場合に、必要な栄養素をすべて経静脈的に投与するための輸液方法です。中心静脈カテーテルは長期的に留置され、感染予防が必要となります。そのため、毎日クリーンベンチ内で無菌的に高カロリー輸液を調製し、組成のチェックや医師への処方提案・情報提供を行うことで安全かつ効果的な栄養療法の実施に携わっています。また、定期的に勉強会を行い、TPNチームの知識の向上を行っています。
【がん化学療法】
がん薬物療法認定薬剤師を中心に、患者さんが安心してがん治療を受けられるよう、抗がん薬調製、服薬指導、薬歴管理などを行っています。また、地域連携実施のため医師・看護師や薬局薬剤師との勉強会も開催しています。
【DI】
医薬品が適正に使用されるために、医師や看護師などの医療スタッフへの、適切かつ信頼性の高い医薬品情報の提供を目指して、情報の収集・評価・管理を行っています。
また、医薬品に関する問い合わせ(医薬品の選択、治療計画、副作用、医薬品の配合変化、医薬品の鑑別等)、院内で起きた医薬品の有害事象の情報収集・解析、DIニュースの発行など、日々奮闘しています。

【薬品管理室(注射兼)】
院内で、薬を安定的に供給し、安全に使用するための在庫および使用管理を行っています。また、麻薬の管理者として麻薬の適正使用と法的管理を行っています。
また、医薬品の価格交渉を行い、病院における医療材料費の削減に取り組んでいます。

特殊病棟

【手術室】
手術室で多用される厳重な管理を求められているハイリスク薬(麻薬、毒薬、向精神薬等)の統括的な管理を行っています。また、各症例に応じた手術薬品の取り揃え、医薬品情報の提供なども行っています。

【NICU】
NICU(新生児集中治療室)では、出生体重500g未満の児や先天性の病気をもった重症新生児など、微細な投与量で集中管理が必要な患児を治療しています。当院はNICUに全国に先駆けて薬剤師を配置し、処方監査、医薬品管理、家族への服薬指導を通じ、適正かつ安全な薬物療法に貢献しています。
【ICU】
集中治療においては、鎮静薬・昇圧薬など多くの医薬品が用いられます。各医薬品の投与速度・投与量の確認をします。また、複数の注射薬を限られた投与ルートから投与することから、配合の可否などを確認しています。加えて、向精神薬・筋弛緩薬など厳重な管理が必要な医薬品の適正な医薬品管理を担当しています。さらに、多職種からの医薬品に関する問い合わせにも、随時対応しています。
【MFICU】
MFICU(母体・胎児集中治療室)では集中管理が必要な患者さんへの服薬指導を実施し、妊娠中の薬剤投与への不安軽減や安全性の確保に貢献しています。胎児不整脈や母体の大動脈弁置換後妊娠など幅広い症例に当たることができ、医師と治療方針を相談しながら患者さんのより良い薬物療法に貢献しています。
一般産科病棟では通常の服薬指導の他、週3回「ママとベビーのお薬教室」を開催し、「授乳中の市販薬の使用について」「赤ちゃんのお薬の飲ませ方について」を説明し、出産後の育児と薬剤使用に関する知識を深めて頂いています。
また、妊婦授乳婦認定薬剤師を配置し、産科医師、新生児科医師、助産師、他科医師と相談しながら、てんかんや精神疾患合併妊娠の妊娠・授乳に関する患者さんへの服薬指導を行っています。

チーム

【NST】
NSTとは(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)のことで、栄養管理を医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師などの多職種で実施・支援するチーム医療です。
[薬剤師の役割としては]
①チームで回診や情報共有を行い、投与する輸液処方の提案や服薬指導を実施
②栄養摂取の改善によるADLやQOLの向上といった患者さんを元気にする手助け
③NST養成セミナーの運営(静脈栄養について講義)
【緩和ケアチーム】
緩和ケアチームは緩和ケアを医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師などの多職種で実施・支援するチーム医療です。疼痛や様々な苦痛(吐き気、便秘、不眠、せん妄、気持ちの辛さなど)に対して薬学的視点(薬剤の適正使用、効果と有害事象、投与量、相互作用、剤形など)による薬物療法の支援を行っています。患者の苦痛を取り除くために、薬剤師は週1回のカンファレンス、病棟回診などに参加して日々奮闘しています。
【褥瘡対策チーム】
当院では褥瘡回診に薬剤師が参加しています。褥瘡対策チームは医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士で構成されており、チーム医療として活動しています。
回診の際、医薬品の使用法などのコンサルテーションも行っています。特に中心静脈栄養療法が行われている場合や抗血小板薬を服用している場合などは、その治療法にも影響することがありますので適切な情報提供を行っています。
【嚥下チーム】
嚥下チームはリハビリ科医師・言語聴覚士・看護師・歯科衛生士・栄養士・薬剤師が集まり、嚥下機能の悪い患者さんについて評価を行っています。嚥下機能が悪く、錠剤を内服できない患者さんに懸濁や粉砕ができない薬剤が処方されている場合、医師に対し他の薬剤へ変更の相談・提案を行っています。
また、当院に新規採用になった内服薬剤について、簡易懸濁法での投与が可能かどうかを確認しています。インタビューフォームを見たり、実際に簡易懸濁法を行ったりして、薬剤の溶けやすさやチューブへの詰まり具合等を確認しています。この確認した情報は、どの職種の方でも閲覧できるよう情報を公開しています。
嚥下チームでは、患者さんの嚥下機能に合わせた処方がされているかをカンファレンスにて確認しています。錠剤の懸濁・粉砕の適否を確認し、医師や病棟薬剤師に他剤への変更の相談・提案を行っています。
【ICT】
感染専門薬剤師を配置し、院内の抗菌薬適正使用を目的として、抗菌薬ガイドラインの作成・抗菌薬の採用削除検討・院内の抗菌薬使用状況(診療科別・病棟別)のモニタリングを実践しています。特定抗菌薬に関しては届出制・許可制やTDMを用いた抗菌薬の管理を実践しています。週1回のラウンドおよびミーティングを実施し、多職種共同での感染コントロール・抗菌薬コントロールを実践しています。

教室

【糖尿病教室】
主に内分泌内科の患者さんで糖尿病教育入院の方が対象としています。経口血糖降下薬やインスリンの作用と使い分け、インスリンの投与部位や保管方法、低血糖症状や低血糖発作時の対処法などをレクチャーし、最後に「食事療法と運動療法が大切で、それでも血糖コントロールが改善しなければ薬物療法を加えるので規則正しい生活を心がけましょう」と伝えています。

【腎臓いきいき教室】
慢性腎臓病(CKD)について毎月違うテーマで説明しています。
医師よりCKDの病態や治療法等について、薬剤師よりCKDに関わる薬剤と副作用等について、栄養士よりCKD患者さん用の献立の提案や調理のポイント等について説明しています。

【脳卒中セミナー】
当院では毎年【脳卒中市民公開セミナー】を開催しています。
2014年度は、薬剤部の展示ブースで脳卒中の予防に用いられる代表的な薬の紹介をしました。また、薬の飲み忘れや間違いを防ぐ為の管理ツールであるお薬カレンダーやお薬管理箱の紹介を行い、地域の皆さんの脳卒中予防に努めています。

出身大学

(2015.1月現在)
学部卒人数 修士卒人数
静岡県立大学6静岡県立大学8
昭和薬科大学4静岡薬科大学2
明治薬科大学4岐阜薬科大学1
静岡薬科大学2神戸薬科大学1
名城大学2東京薬科大学1
北陸大学2東北薬科大学1
京都薬科大学1東邦大学1
共立薬科大学1名城大学1
神戸薬科大学1星薬科大学1
城西大学1
昭和大学1
帝京大学1
東京薬科大学1
東北薬科大学1
日本薬科大学1
福山大学1