グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 事務職  > 医療福祉相談室  > 学生の皆さんへ

学生の皆さんへ


聖隷浜松病院の医療ソーシャルワーカーに求められる人物像は「複雑な病院組織・地域構造を見通して、患者の権利を守るために、あらゆる社会資源を有機的に機能させることによって、健全な病院運営に貢献できる人物」です。
医療福祉相談室は、事務部に所属しています。そのため社会福祉士の資格を持ちながら、医事課や総務課などで働いた経験をもつ職員が多くおります。また、福祉施設や一般企業での就労経験を生かして入職した者もいます。そのため幅広い知識やより多くの職種の人達とのネットワークを持っているという強みを生かして、日々相談支援に励んでいます。当院ではチーム医療が定着し、患者ひとりひとりにとっての最善とは何かを、それぞれの立場で考え、提案し、協力しながら実践する病院風土が根付いています。回り道のように感じるかもしれませんが、長い職業人生を考えたときには、井の中の蛙にならぬよう、福祉分野以外にも様々なことに興味を持ち、チャレンジすることは社会人としての宝になることでしょう。
実習を希望される場合には、所属する学校を通じてご連絡ください。