グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


脳神経外科

脳神経外科専門医になるためには

脳神経外科専門医の資格取得のためには日本脳神経外科学会が認定した基幹研修プログラムで研修しなければなりません。
大学病院以外で基幹研修施設となっている病院は全国に23しかありませんが当院はその1つです。
脳外科医になりたいが、研究より臨床に重点を置きたいという方にぴったりなプログラムです。

当院手術症例数

2014年手術実績:総数456例症例数
脳腫瘍72
脳血管障害(脳動脈瘤:40、脳内出血:12、CEA:5、その他:19)66
血管内治療9
外傷(慢性硬膜下血腫77)109
脳室腹腔シャント41
てんかん外科84
脊髄外科9
当院で後期研修+専門医1年目(9ヶ月)Drが執刀した症例数症例数
慢性硬膜下血腫40
VP(CP含む)シャント(うち小児17)
36
頭蓋形成術6
開頭血腫除去15
脳腫瘍21
頚動脈血栓内膜剥離術9
脳動脈瘤クリッピング34
AVM摘出術1
脊髄髄膜龍修復術 など2
バクロフェンポンプ設置1

プログラムの特徴

3つのPoint
  • 豊富な手術症例を経験することができます。
  • 優秀なコメディカルが支える病院です。雑用が少なく医師としての仕事と研修に専念できます。
  • 臨床に強い、脳神経外科医としての総合力を習得するための最適なプログラムです。

スタッフ紹介

田中 篤太郎

聖隷浜松病院 研修プログラム責任者
脳神経外科 部長


  • 日本脳神経外科学会専門医、代議員
  • 脳卒中学会専門医、代議員
  • 医学博士 浜松医大臨床教授

山本 貴道

聖隷浜松病院 副院長
てんかん科 部長


  • てんかん外科・小児脳神経外科
  • 脳神経外科専門医
  • 日本てんかん学会専門医指導医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 米国医師資格 (ECFMG Certificate)
  • 医学博士
  • 医療管理学修士 (ニューヨーク大学大学院)
  • 国際小児神経外科学会 (ISPN) 正会員

稲永 親憲

聖隷浜松病院 脳神経外科
脳腫瘍外科 部長


  • 神経病理
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 医学博士
  • 日本病理学会 病理解剖医

藤本 礼尚

聖隷浜松病院 てんかんセンター 副センター長

  • てんかん てんかん外科 不随意運動
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本てんかん学会専門医指導医
  • カナダてんかん専門医
  • 神経内視鏡学会技術認定医
  • 日本臨床神経生理学会脳波認定医
  • 医学博士
  • 脳神経外科学会 同時通訳団 会員

週間スケジュール

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
午前8時00分~ 脳外科カンファレンス
8時15分~ 脳卒中科入院カンファレンス
9時00分
手術
8時45分
脳外+リハビリ総回診
9時00分
手術
8時45分
脳神経外科総回診
午後13時00分
脳血管撮影

19時00分
症例検討会と抄読会(隔週)
19時00分以降
症例検討会
13時00分
脳血管撮影

18時00分
脳卒中退院時カンファレンス
19時00分
症例検討会
13時00分
脳血管撮影

19時00分
症例検討会

教育コーディネーター(各科相談役)より

卒後6年目迄に手術の自立が目標です。 海外留学も視野に入れたトレーニングです。
まずはお気軽にメールでご相談してください。


藤本 礼尚
E-mail:hm-nogeka1-kenshu@sis.seirei.or.jp

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ