グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


救急科

当科について

ERでの初療

  • 1次~3次救急すべて来るERです
  • 内因性疾患、外因性疾患いずれも豊富
  • 24時間体制で各専門科バックアップあり
  • 主に日勤帯を担当(夜間はoncallで重症対応)
  • ドクターカーでプレホスピタル対応も行います

集中治療

救命救急病棟18床+ICU12床
  • 2015年度~ICU集中治療医として救急科医の常駐開始 semi-closed化進行中
  • 救急科は重症感染症、多発外傷、心肺停止蘇生後症例、中毒、熱傷、その他内因性・外因性問わず呼吸循環の不安定な症例を、主科として担当
  • 救急科管理症例は内科重症疾患、術後管理(消化器外科/脳神経外科/てんかん外科/心臓血管外科etc)、血液疾患移植後、重症妊産婦 等多岐にわたります。
  • 集中治療に熱いスタッフ(Ns、ME、リハ、栄養士、薬剤師 etc)多数
  • 2017年度から、集中治療専門医研修施設となりました

その他業務

  • 一般病棟管理(救急科も主科として入院とります)
  • 院内急変対応(RRS、コードブルー対応)
  • フォローアップ外来(退院後や創傷フォローなど)
  • 院内ICLS講習会、気道管理講習会 etc
  • 各種委員会(輸血療法、研修医教育、安全管理 etc)

スタッフについて

スタッフ一覧はこちらからご覧下さい

  • 指導医-専門医研修医-初期研修医の屋根瓦体勢でチームをつくっています
  • 医局・派閥とくになし
  • 他科専門医研修医のローテーターもときどきいます(2014年度は2名 計5ヶ月

研修について

  • 豊富な症例を初療~入院/退院まで最前線で担当
  • 指導医のサポートのもと、緊急時の判断・手技などを多数経験、救急医としてのearly exposureを重ねます
  • 救急科内でのカンファレンス、回診を通じ方針決定
  • 多職種カンファレンスを通じ、全人的医療を実践
  • 夕方に当日のER全症例を振返り共有しています
  • 他院(神戸市立医療センター中央市民病院ほか)との抄読会あり(online)
  • EBM実践のための充実した環境(主要ジャーナルはonlineで網羅、Clinical keyで膨大なテキストも参照可能)

  • 各種資格取得・講習会参加のサポートあり
    ex:ICLS、JATEC、FCCSは全員取得済
    MCLS、PEEC、ISLS、ALSO、SHEARほか受講

  • 院内他科ローテート可 (数ヶ月or手技機会/年)
    ex:循環器科、脳神経外科 麻酔科、放射線科etc

  • 現在の専門医研修連携病院(数ヶ月/年)
    ex: 聖隷三方原病院 救急科(ドクターヘリ研修)
       神戸市立医療センター市民病院(ER、ICU研修)
       浜松医科大学(シミュレーション研修)
       西伊豆病院(地域医療研修)

待遇

勤務時間8時30分~17時00分(月~金曜日)、~12時15分(土曜日)、適宜(日曜日)
休暇約1週間/年+必要時適宜(専門医研修医内で融通してます)
出張費発表の有無などによらず、年間一定額補助あり
住居病院借り上げ物件に格安で入居可(プライバシー問題なし)
当直ICU当直(週1回程度)+6日毎の2次救当番日に1名当直、数名準夜

カリキュラム

実績について

こちらをご覧下さい

専門医研修医の声

PGY7 土手 尚

都市部のER、外傷センター、自己完結型の高度救命救急センター、大学病院など研修先を選ぶにあたっては、様々な特徴をもった施設を前に悩むことと思います。それぞれの施設で得られることは少しずつことなってくるのでしょうが、当院で得られることの中で最も重要なのは「救急医としてのearly exposure」だと思っています。

当科ではERにおいてもICUにおいても、診療の主導権は常に専門医研修医にあります。指導医のバックアップを受けつつも、自分の診療方針に責任を持って重症管理を行えることは、卒後3-5年目の我々にとってなにより貴重な経験であり、臨床能力の向上に大きく影響していると思います。

また、当科はここ4年でメンバーが4名増、ICUやプレホスピタルなど中心に守備範囲の拡大を行っています。当院のような規模の大きめの病院で、このような変革に関わるのも面白いです。救急医を目指す方もそうでない方も、お待ちしています!

PGY5 植田 秀樹

救急科、後期研修医3年目の植田と申します。
当院での初期研修終了後、継続して当院での後期研修をスタートしました。

当科のメリットはERとICUの両方に関与できることです。特に自分がERで診た重症患者をICUで継続して診れる点は非常に良い点だと思います。

また、病院の規模が大きく他科のバックアップ体制が充実しているため、日々専門科より学ぶことが多い点も救急医として充実した研修を積める点だと思います。

PGY 3 齋藤 隆介

救急科後期研修医1年目の齋藤と申します。
当院での初期研修を修了後、引き続き当院救急科で後期研修をしています。

当院での救急科研修のメリットは救急外来での初期対応・救急科病棟の管理・ICUでの重症患者の管理を不足なく研修できる環境が備わっているところだと思います。

近年は後期研修医含めスタッフの数が増えており、勢い!?があるのではないかと感じています。是非一度雰囲気を味わいに浜松まで足を延ばして下さい。

教育コーディネーター(各科相談役)より

病院全体で救急医療を行っています。救急科は、専門科の先生方、看護師、コメディカルの方々と共に、恵まれた環境の中でER、ICUの中核を担います。救急科での専門研修を希望される方、専門科を学びながら救急も経験したい方、それぞれに適したプログラムを準備します。気軽にご相談下さい。

渥美 生弘
E-mail:hm-kenshu@sis.seirei.or.jp

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ