グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


産婦人科

当科について

当院では、《産婦人科専門医を目指そうとする産婦人科専攻医》および《産婦人科専門医取得後に産婦人科一般のレベルアップとさらなる専門領域(産科・周産期、婦人科腫瘍、生殖医療・内視鏡)の専門医(サブスペシャリティー)取得のためのサブスペシャリティー専攻医》、および《産婦人科診療を行いながら、全般および専門領域での指導を行えるスタッフ》を募集中です。
当院産婦人科の特徴は、産科・周産期科、婦人科、不妊内分泌科の部門があり、産婦人科全般に十分な研修が可能です。また、それぞれの専門領域でのサブスペシャリティー専門医および関連の専門医(詳細は下記参照)の取得も可能です。
日々の診療だけではなく、学術的な活動(学会発表や論文作成)も積極的に行っており、日本産科婦人科学会をはじめ、各専門領域である周産期新生児学会、婦人科腫瘍学会、生殖医学会などに毎年複数の演題を発表しています。また、国際学会での発表も毎年数題ずつ行っています。専門医取得後のサブスペシャリティー取得のための研修では、希望に応じて国内外に研修留学も行っています。
シニアレジデント(産婦人科専攻医・後期研修医)の研修では、産婦人科医としての院内研修に加えて、隣接している聖隷健康診断センターでの集団健診業務や、他の中規模関連病院での短期研修も行い産婦人科疾患に広く対応できる医師の養成を目指しています。また、NICUや麻酔科の研修も可能です。
診療は各分野ともにチーム診療を基本とし、常に指導医や上級医とチームで主治医や担当医として診療にあたります。産婦人科として常に二人当直体制(上級医+シニアレジデント)をとっており、産婦人科全般の救急に対応しています。
産婦人科専門医を目指す方および専門医取得後でさらなる技術取得を目指したサブスペシャリティー専門医取得のためのスタッフの応募をお待ちしています。

豊富なサブスペシャリティ

産科婦人科専門医

婦人科腫瘍専門医・周産期(母体・胎児)・専門医
  • 臨床細胞学会細胞診専門医
  • 臨床腫瘍学会専門医
  • がん治療認定医
  • 緩和医療専門医
  • 超音波専門医
  • 臨床遺伝専門医
  • 産科婦人科内視鏡学会技術認定医

産科・周産期科

1998年に総合周産期母子医療センターに指定され、産科救急のみならず、高度産科医療に対応した体制を整えております。正常分娩も取り扱っており、年間約1500例の分娩を取り扱っています。ハイリスク胎児症例は、NICUばかりではなく、小児外科、小児循環器科、小児心臓血管外科、小児脳神経外科などの小児病院的な専門各科と連携して治療に当たっています。また、母体の合併症や母体救急などにも内科各専門科に加えて、麻酔科、循環器科、脳神経外科、脳卒中科などと連携し様々な母体合併症や母体救命にも積極的に対応しています。また、多胎妊娠の管理や胎児診断・治療も積極的に行っています。特に双胎間輸血症候群(TTTS)のレーザー治療や胎児胸水への胎児胸腔—羊水腔シャント術は、先進医療の認可を受けて実施しています。

婦人科

良性腫瘍、悪性腫瘍ともに取り扱い、婦人科救急体制も整えています。広汎子宮全摘術をはじめ悪性腫瘍手術は年間60~70件(子宮頚部円錐切除を除く)で、そのうち3割程度は鏡視下手術です。婦人科手術件数全体では年間750件程度で年間400症例以上にロボット支援下手術を含めた鏡視下手術を施行しています。また新規悪性腫瘍登録数は年間80~100例あり、外科・泌尿器科を始め他科や他部門と連携して高度集学的治療から緩和医療まで行っています。

不妊内分泌科

体外受精、胚移植、顕微授精、胚凍結などの高度不妊医療から一般不妊医療まで幅広く診療を行っています。男性不妊に対しても泌尿器科と連携し精巣からの回収精子による体外受精も行っています。年間150件以上の高度生殖補助医療を行っています。  総合周産期母子医療センターと不妊部門が同じ施設にあり連携しているという環境で多胎妊娠を減らすよう努力を常に行っており、全国の他の施設に先駆けて移植胚の制限や単一胚盤胞移植などを行い、妊娠率を下げずに多胎率を減らす不妊医療を行っています。

スタッフについて

スタッフ一覧はこちらからご覧下さい

専門医研修のプログラム例

お問い合わせ

見学は随時行っています。興味がある方は下記にお問い合わせください。

産婦人科責任者:村越 毅
E-mail:t-murakoshi@sis.seirei.or.jp

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ