グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


腫瘍放射線科カリキュラム

【対象】 

2年間の卒後臨床研修を修了し、放射線治療専門医を目指す研修医を対象とする。

【任期】 

卒後臨床研修了時から6年間とする。

【当科プログラムの特徴】

標準的がん治療を理解しながら、チーム医療の一部としての放射線治療の役割を理解し、高度の専門診療を担当することができるようになる。
将来、放射線治療専門医として独立できる情報収集・判断能力、技術を取得する。

【一般目標 General Instruction Objective : GIO】

標準的がん治療を理解しながら、チーム医療の一部としての放射線治療の役割を理解し、高度の専門診療を担当することができるようになる。
将来、放射線治療専門医として独立できる情報収集・判断能力、技術を取得する。

【行動目標 Structural Behavior Objectives : SBOs】

  1. 各種がんの疫学・病態,画像について説明できる (知識)
  2. 各種がんの治療法について説明できる (知識)
  3. がん治療についての臨床研究の批判的吟味ができるようになる (知識)
  4. 放射線生物学を理解し、治療理論、合併症を説明できるようになる (知識)
  5. 放射線治療システムについて、説明できるようになる (知識)
  6. 放射線治療計画(通常外照射)の適用を判断し、実施できる (知識・技能)
  7. 特殊放射線治療計画(定位照射、VMAT・IMRTなど)の適用を判断し、実施できる(知識・技能)
  8. 放射線治療診察のための診療技術(内診、内視鏡等)を実施できる (技能)
  9. 放射線治療に伴う合併症を適切に判定し、対処することができる。(知識・技能)
  10. 小線源治療についての適用を理解し、対処することができる。(知識)
  11. 診療上の問題をまとめて、学会発表できるようになる。(知識・技能)
  12. がん治療チームと連携し、専門医としての責任を果たす。(態度)

【方略 Learning Strategies:LS】

No.SBO方法時期人数場所時間媒体指導協力者
11-5自習全研修期間1医局、図書館Net、教科書、学会図書館司書
指導医
21-9 講義全研修期間1外来、治療計画室Net、教科書、PC指導医
36-10診察全研修期間1外来、治療計画室
患者指導医
46-9シミュレーション全研修期間1治療計画室PC指導医
54-7
9-12
カンファレンス毎日/指定日5~10治療計画室
病棟
30分会議録指導医、上級医
技師
61-2
4-10
外来診察全研修期間1外来、治療計画室週3日患者指導医
711学会発表全研修期間3-10学会場1-2回/年学会指導医
81-11研究会全研修期間3-10研修会3-4回/年研究会指導医

【評価 Evaluatiton:EV】

SBO対象領域目的方法測定者時期
1-3知識形成的評価口頭試問指導医見学前
4-7技能形成的評価シミュレーション指導医シミュレーション前
2, 4, 6–10 技能形成的評価診察手技指導医外来診察前
1-5、10知識・技能形成的評価専門医試験学会5年修了後
6-9,12態度・習慣形成的評価観察記録指導医6年修了時
6-9態度・習慣形成的評価観察記録コメディカル6年修了時
11態度・習慣形成的評価監査指導医6年修了時

・新患業務には、固定具の作成やCT撮影指示、治療計画などを全て含む
・学会等へは、年に数回の参加が必要である。
・学会等では、年に2回以上の発表が望ましい。
・小線源治療のため、院外研修もすることが望ましい。


□腫瘍放射線科研究内容
  1. 頭頸部定位放射線治療
  2. 呼吸同期と加速器搭載型KV透視装置・断層撮影装置による体幹部定位照射
  3. 広範囲の疾患・病態に対する強度変調放射線治療(VMAT)
  4. 加速器搭載型KV透視装置・断層撮影装置を使った前立腺に対するVMAT
  5. 放射線治療の品質管理
  6. 部門システムを使ったチーム医療
  7. 自作ソフトウェアによる放射線治療計画の品質管理
  8. 体外レーザーを用いた放射線治療部位の位置決め

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ