グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 臨床研修医  > 研修医インタビュー

研修医インタビュー

2年目研修医 德山仁美

Q.学生の時、病院見学先を選んだ基準はありますか?
・上級医の後ろからついていく病院ではなく、研修医が先頭にたって診療に当たる病院
・自分が行った診療に対してフィードバックがもらえる病院
・医師の土台となる最初の2年間で「良い考え方のくせ」をつけられる病院 です。

Q.病院見学でのチェックポイントは?
上級医が教育的かどうか、研修医のモチベーション(どんな研修医が集まってきているのか)、
研修医が一番長く時間を過ごす場所(研修医単独で過ごせる場所があるのか)をチェックしていました。

Q.当院を選んでよかったことは?
モチベーションの高い同期が多く、お互いに良い影響を受けることができること、
見学中から感じていましたが、上級医が快くフィードバックをくれる。コンサルトのしやすさ。
他科との垣根が低い。自分の疾患で疑問に思った事を他科の先生に質問させてもらえることだと思います。

Q.当院に見学に来た学生さんに見てほしいポイントは?
研修医同士の気軽さ、先輩後輩同士の仲の良さです。

Q.ズバリ!見学おすすめ診療科は?
総合診療内科、救急科です。
研修が始まってからも一番勉強になるし、研修医が先頭で診療をしている科なので。


Q.見学に来られる学生さんへメッセージをお願いします
私は初期の2年間は「何科の医師として」ではなく医師として必要な考え方や、患者さんとの接し方の土台を作る期間であると考えています。
そのために必要な教育体制がしっかりしており、共に頑張れる同期・先輩がいる聖隷浜松病院を初期研修の場として選びました。
上級医の先生方の胸を借りて挑戦、失敗させもらえるのはこの2年間だけであり、その環境が整っている病院であると感じています。
決して楽な2年間では無いと思いますが、2年間を終えて振り返ったときに得られたものがこれからの自分の医師としての礎になると信じています。

2年目研修医 増田 拓

Q. 当院を選んだ理由は何ですか?
私が当院を選んだ一番の理由は広い診療科を持ち、教育的で素晴らしい研修環境と魅力的な先生方がいらっしゃったからです。当院のローテーションではプライマリ・ケアに重きを、患者さんと接し方から病歴の取り方、プレゼンテーションやコンサルテーションのやり方まで丁寧に勉強する事が出来ます。幅広い診療科をローテートすることで、将来自分が進む診療科を選ぶ上で具体的なイメージを掴みやすいと思います。また、今後の医師としての礎を築く事ができ、教育熱心な上級医や先輩に見守られながら日々の研修に臨めることは非常に大きな利点だと思います。

Q. ズバリ決めては?
病院見学の際、研修システムや環境はもちろんのこと、当院に集まってくる人がとても暖かく教育的であり、お互いを協調し合いながら成長出来る関係を築くことが出来ると感じた所です。

Q. 当院のおすすめポイント
研修医医室には十分な台数のパソコンがあり、電子カルテを書いたり、勉強したりと余裕を持ってデスクに向かうことが出来ます。また、研修医室はオープンなデスクになっており、症例の検討やコンサルトが非常にしやすくなっています。そのため、研修医室では医学に関することや趣味の話まで熱い議論が繰り広げられています。

Q. 学生さんに一言!    
当院には自分次第でどこまでも成長出来る環境が揃っています。 皆さんも当院で記憶に残る熱い研修医生活を送りませんか?研修医一同、お待ちしてます。

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ