グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 臨床研修医  > 研修医インタビュー

研修医インタビュー

2年目研修医 遠藤浩一

Q. 当院を選んだ理由は何ですか?
ここ聖隷浜松病院には医師の礎を築く2年間の初期研修で自分を一番成長できる環境があると確信したからです。

私の初期研修における目標の一つは、将来専門とする分野に関わらず
一般的な診療において頻繁にかかわる疾病や負傷に対応できる基本的な診療能力を身に付ける事です。

当院の研修の特徴の一つとして、1年目に総合診療内科を4ヶ月間、救急科を2ヶ月間ローテーションすることが挙げられます。
この6カ月間を通じてプライマリケアに重点を置いた研修を行うことができ、充実した指導体制のもとで多くの患者さんに対して
自らが主治医として診療することができます。
総合診療内科では患者さんの病状だけを把握するのではなく、患者さん一人一人の社会的背景に重点を置いた診療が行われています。
入院中からご家族や多職種と連携を取り合っていくことは、退院後に患者さんがより充実した生活を送ることに繋がります。実際入院から退院まで寄り添った診療を提供することで、日々行っている医療のやりがいを改めて身をもって感じています。
また当院では基本的な診療能力だけでなく、医療人として必要な基本姿勢や態度を自然と身に付けることができます。
教育熱心で熱い上級医・指導医に囲まれ、診療の知識・技術をただ吸収するのでなく、しっかりとした知識や技術を習得するための「すべ」や医師としての「姿勢」を学ぶことができます。

そして、自分を一番成長できる環境だと感じた大きな理由として、一緒に働きたいと思える「人」がいたからです。
当院には全国から色々な価値観や背景を持った、モチベーションの高い研修医が集まってきます。
日々の診療の中で各々が目指す医師像にいち早く近づけるように研修医全体で協力し、切磋琢磨しながら毎日を過ごしています。

Q. 学生さんに一言!
お互いを刺激し合い、助け合える仲間の存在は何にも代え難い物だと思います。
是非、当院の研修を体感しに来てください。

1年目研修医 増田 拓

Q. 当院を選んだ理由は何ですか?
私が当院を選んだ一番の理由は広い診療科を持ち、教育的で素晴らしい研修環境と魅力的な先生方がいらっしゃったからです。当院のローテーションではプライマリ・ケアに重きを、患者さんと接し方から病歴の取り方、プレゼンテーションやコンサルテーションのやり方まで丁寧に勉強する事が出来ます。幅広い診療科をローテートすることで、将来自分が進む診療科を選ぶ上で具体的なイメージを掴みやすいと思います。また、今後の医師としての礎を築く事ができ、教育熱心な上級医や先輩に見守られながら日々の研修に臨めることは非常に大きな利点だと思います。

Q. ズバリ決めては?
病院見学の際、研修システムや環境はもちろんのこと、当院に集まってくる人がとても暖かく教育的であり、お互いを協調し合いながら成長出来る関係を築くことが出来ると感じた所です。

Q. 当院のおすすめポイント
研修医医室には十分な台数のパソコンがあり、電子カルテを書いたり、勉強したりと余裕を持ってデスクに向かうことが出来ます。また、研修医室はオープンなデスクになっており、症例の検討やコンサルトが非常にしやすくなっています。そのため、研修医室では医学に関することや趣味の話まで熱い議論が繰り広げられています。

Q. 学生さんに一言!    
当院には自分次第でどこまでも成長出来る環境が揃っています。 皆さんも当院で記憶に残る熱い研修医生活を送りませんか?研修医一同、お待ちしてます。

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ