グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医療技術職  > 臨床工学室  > 手術関連業務  > 体外循環関連業務

体外循環関連業務

ページ内リンク


心臓の手術をされる患者さまの手術中の生命を維持するために使用する人工心肺装置を中心に、心臓を保護する心筋保護装置、心臓の補助及び心臓に血流を増加させる大動脈内バルーンパンピング装置(IABP)を医師の指示のもと、臨床工学技士が専門性を活かし操作します。
当院の人工心肺装置は2007年4月に勧告された安全指針に対するガイドラインの必修項目を全て装備したシステムで安全にそしてより質の高い体外循環技術を提供しています。

人工心肺装置1

人工心肺装置2

人工心肺装置3

体外循環システム

当院では体外循環システムの小型化を行うため1999年から分離型ポンプの採用とステリーシート、ショートコネクタの開発を行いました。その後も低充填の人工肺、動脈フィルタ、分離型コントローラと各メーカとともに共同開発し、各体重別のシステムは、世界で最も優れた低充填量を実現しています。2008年から動脈フィルタ内蔵型人工肺を採用し、さらなる充填量削減を実現しました。充填量を軽減することは、血液希釈の影響、すなわち酸素運搬能をできるだけ下げないこと、浸透圧を下げず水分バランスを適正に保ち体外循環の合併症でもある浮腫や肺への水分の貯留を最小限にします。具体的には術後の人工呼吸器使用期間、ICU滞在期間、入院期間の短縮にもつながると考えます。また、輸血を使用しない無輸血体外循環の可能性が飛躍的に高まります。輸血は感染症やGVHD、小児では高カリウム血症や各種メディエータの影響を受け体外循環開始後の循環不全を起こす可能性があります。それらの影響を本システムを使用することで最小限にする事が可能となります。

以下に当院での体重別のシステムを紹介します。
体重(kg)~55~88~1111~1717~3030~
充填量
(ml)
110115125130280430
人工肺テルモFX05テルモFX15
人工肺
充填量
(ml)
43144
動脈
フィルタ
テルモFX05テルモFX15
リザーバテルモRR10テルモRR40
メイン
回路
サイズ
5/32inch3/16inch1/4inch脱血
3/8inch
送血
8mm
ポンプ
ヘッド
75φ
1/4inch
120φ
1/4inch
150φ
1/4inch
120φ
3/8inch
150φ
3/8inch
JMSMIXFLOW
(20ml)
最大流量
(L/min)
1.22.33.55

さらに、世界最小の充填量に加え、RP:reduced priming(脱血側を充填せずバックへ回収)とRAP:retrograde autologous priming(送血カニューレ挿入後、患者様の血液を人工心肺装置に誘導し充填液と置換することで置換した液をバックに回収)を行うことで血液希釈を最小限にする方法に努めています。人工心肺終了後はMUF:Modilfied Ultrafiltrationと言われる技術を使い、人工心肺回路内の血液を5~10分程度で血液が希釈前の状態に近づけるよう操作します。 また、この操作により水分バランスがさらに是正され、肺の血管抵抗が下がり循環動態も安定すると報告されています。