グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





2016年3月

聖隷福祉事業団辞令交付式が開催されました

2016年3月23日(水)、2016年度聖隷福祉事業団辞令交付式が静岡県浜松市で開催されました。
聖隷福祉事業団発祥の地が浜松の地であるため、毎年辞令交付式は浜松で開催されます。

2016年度、聖隷福祉事業団全体では600人を超える新入職員を迎えます。

この辞令交付式で聖隷福祉事業団の歴史と理念を再確認し、新社会人として、聖隷福祉事業団の職員として、働くことの意義やその素晴らしさを学びました。

もちろん4月1日より当院で勤務する予定の32人も参加しました。

この機会を通じて一緒に働く同期入職の仲間としてつながりを深める機会にもなりました。
4月1日に新しい仲間を迎えて、病院全体で気持ちも新たに取り組んでいきます。

2016年3月25日 
経営事務課採用担当 K

2016年度辞令交付式&就職オリエンテーション

山本理事長からのごあいさつ


「遺伝性大腸癌」の勉強会開催♪

2016年3月23日(水)、6Fホールにて「遺伝性大腸癌」について家族性腫瘍委員会主催の勉強会が開催されました。
当院外科部長の小池医師を講師に迎え、代表的な遺伝性大腸癌(家族性大腸腺腫症・リンチ症候群)を中心にメカニズムから治療・カウンセリングなどについて講演頂きました。


当院では、遺伝性乳がん卵巣がん症候群Hereditary Breast and Ovarian Cancer (HBOC)・リンチ症候群に関する啓蒙、カウンセリング、診断、治療を適切に推進し市民に貢献するため、家族性腫瘍委員会設置しております。
今後も医療の質向上の為、取り組んで参ります。


2016年3月24日
総合企画室 藤原


台湾の医療について講演会がおこなわれました

2016年3月15日(火)、台湾:嘉義キリスト教病院の小児整形外科医としてご活躍されている、Dr.Chen Chunho(チェン先生)が来日し、台湾の医療について講演を行いました。

チェン先生の所属している嘉義キリスト教病院の初代院長ディットマンソン医師は、側弯症の患者さまの治療にあたっていたということから、親近感がわき、チェン先生のお話しもわかりやすく、質疑応答の時間では、チェン先生のチャーミングなところも見え、楽しい講演会となりました。

同時通訳をして頂いた佐々木先生、ありがとうございました。
チェン先生、講演ありがとうございました。


嘉義キリスト教病院
URL:http://fun.chiayi.gov.tw/cy2012/KIOSK_Shop.asp?COLOR=88AADDD&TableName=POIData&POINO=453&LAN=JN


2016年3月16日
総合企画室 藤原



第6回緩和ケア講習会を開催致しました

2016年3月12日(土)、当院6Fホールにて「第6回緩和ケア講習会」を開催致しました。
第6回目となった今回の講習会は、過去最高の参加人数となり、「講演」「Q&A」「病棟見学」を行いました。

当院では毎年、近隣関係機関への「緩和ケア」の周知を目的に「緩和ケア講習会」を開催しております。
今回は、他病院・施設の多くの方々に参加頂き、現場の生の声を聞くことで、「緩和ケア」の重要性を改めて理解し、共有することが出来ました。

同じ地域で同じような悩みを持った方々とこうした交流を持つことで、「緩和ケア」を必要としている方々へより良い提供に繋がる、有意義な講習会となりました。

ご参加頂きました皆さま、ありがとうございました。
C3病棟スタッフの皆さま、お疲れ様でした。


2016年3月14日
総合企画室 藤原



ロビーコンサートを開催しました

「アンサンブル はなみずき」さんによるロビーコンサートが、2016年2月27日(土)に当院1階エントランスホールで開催されました。
 アーティスト名と同じ曲名「ハナミズキ(マシコ タツロウ氏作曲)」から始まり、約1時間にわたり素敵な演奏を披露して頂きました。NHK朝の連続テレビ小説の主題歌も数多く演奏していただき、連ドラファンと思われる患者さん・ご家族さんが楽しそうに口ずさんでいたのが印象的でした。
「アンサンブル はなみずき」の皆さん、楽しいひとときをありがとうございました。ご来場の皆さんもありがとうございました。

2016年3月1日
総合企画室 M


2015年度中堅フォローアップ研修を開催しました

2016年2月26日(金)に中堅フォローアップ研修を行いました。
本研修のねらいは、「中堅研修の振り返りと問題解決課題の成果を確認し解決法を確実に自分のものとする」です。
午前中は、10月の中堅職員研修の時に研修生自身が設定した〔私の問題解決〕について、半年間の取り組みと結果報告を発表しました。午後からは、仕事上で起こる様々な問題解決の手法、モチベーションマネジメントについて理解を深めました。
中堅職員研修を含めた階層別研修は、病院を離れてのOff-JTで行っており、今回は佐倉市内のホテルにて開催し23名が参加しました。
近い将来、病院の中心となって活躍する中堅職員一人ひとりの成長が、聖隷佐倉市民病院の成長につながり、質の高いサービスとなって患者さまに還元されます。
研修委員会では、職員が組織の中で自己実現できるような魅力的な組織にするための人材育成が必要であると考えています。

2016年3月1日
研修委員会事務局 M


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?