グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 特色と取り組み  >  「ダ・ヴィンチS」導入のご案内

「ダ・ヴィンチS」導入のご案内

内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチS」導入のご案内です。


2012年4月1日、当院は「ダ・ヴィンチS(da Vinci Surgical System)」(米国インテュイティブ・サージカル社製)を導入しました。静岡県西部では1台目となる最先端の内視鏡手術支援ロボットです。(国内43台目/4月4日現在)


「ダ・ヴィンチS」の仕様

手術支援ロボット「ダ・ヴィンチS」は、ロボット部と操作部、助手用のモニター等で構成されるシステムで、ロボット部には先端に鉗子やメスなどを取り付ける3本のアームと内視鏡が装着されています。手術者は、ケーブルでつながった操作台に座り、鮮明な3D(立体)画像を見ながらロボットアームを遠隔操作して、切除や縫合などの手術を行うことができます。


「ダ・ヴィンチS」のメリット

内視鏡を使って肉眼では見えない前立腺の裏側や狭い部位まで自由に拡大して確認することができる上に、人間の手による執刀と比べてロボットアームの方が精巧で緻密な動きが可能であるため、従来の腹腔鏡手術ではできなかった操作ができるようになり、患者さんへの負担も少なく(傷口が小さい、術後の痛みが少ない、出血量が少ない等)、手術がよりスムーズで安全に行えるようになったこと等が挙げられます。


「ダ・ヴィンチS」の現段階での診療領域

ダ・ヴィンチS操作台

ダ・ヴィンチS操作台

2012年4月の診療報酬改定で、前立腺悪性腫瘍手術にのみ条件を満たした医療機関において保険適用の承認がされました。

操作台に座り、内視鏡が映し出した3D映像を見ながら手術を行います。
ロボットアームの先端についた鉗子(かんし)やメスが執刀医の手の動きを微細な動きとして再現します。


ダ・ヴィンチS操作のようす

操作のようす

ダ・ヴィンチS操作風景

操作風景


世界における臨床使用の状況(2010年実績)
全症例数約278,000例
・前立腺摘出術約98,000例(35%)
(近年アメリカでは前立腺全摘出術の7割が「ダ・ヴィンチ」を使用)
・子宮摘出術約110,000例(40%)
・その他約70,000例(25%)

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?