平成28年度 聖隷三方原病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1216 314 239 400 736 1204 2984 3930 3016 760
 当院の退院患者を年齢階級別にみると70代以上の患者さんの割合が全体の5割を占めております。これは、急性期医療を中心に浜松市の北西部中核病院として、地域医療を支えており、地域の高齢化を反映しているためと思われます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合診療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 28.52 21.25 47.83 85.7
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 21 30 19.24 19.05 76.29
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 15 17.67 12.43 33.33 75.67
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 11 35.45 23.85 54.55 83.36
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.95 - -
 介護を要する高齢の患者さんを診療することが多いためか、誤嚥性肺炎・尿路感染症の入院が多くみられます。できるだけ在宅で介護が受けられるように地域の診療所へ情報提供を十分行うことと、高齢化社会において過剰医療を避けバランスの取れた医療を行うことを重視しています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 234 2.82 3.06 0.43 69.46

050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 167 3.55 4.71 0.6 69.56

050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 113 22.04 17.95 14.16 85.5
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 73 2.68 3.22 0 70.48
050030xx97030x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 61 13.33 16.39 0 67.36

 冠動脈の複雑病変、弁膜症に関して、心臓血管外科と緊密にカンファレンスを行い、最適な治療法を選択しています。不整脈に関しても、浜松医科大学第三内科と協力して、WPW症候群、発作性上室性頻拍症、心房粗動、心室頻拍のカテーテルアブレーション治療、植込み型除細動器の植え込みを行っています。外来で非侵襲的に冠動脈病変・虚血の評価が可能な心臓CT、心筋シンチグラフィー、心臓MRIによる検査も行っています。患者さんの病態や状態に合わせて検査を組み合わせて診断に役立てています。
 高齢化社会を迎え、心不全患者さんの増加、再入院率が増加傾向です。このため、病棟で医師、看護師、理学療法士、栄養士、ケースワーカーなど多職種で心不全カンファレンスを行い、心不全患者さんに指導を行い、退院後にも同様の指導を行い、再入院が減るよう努めています。心臓リハビリにも力を入れており、急性心筋梗塞患者さんや心不全患者さんに対して入院中から退院後も切れ目なく心臓リハビリ指導を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150120xx99x1xx 脳性麻痺 手術なし 手術・処置等2 あり 131 4.47 8.63 0 5.79
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 123 3.29 5.5 0 4.1
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 93 4.82 6.42 0 2.99

040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 93 4.44 6.02 0 0.88

0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 58 4.53 5.79 0 2.72
 一般外来は、予防接種普及による感染症の減少あるいは軽症化などの影響により平日日勤帯の病院受診者数は減っている印象です。一方、病診連携が進み紹介患者は年々増えている印象です。PICU(小児集中治療室)では、救急外来からの痙攀重積や細気管支炎などによる人工呼吸器管理例も発生しています。他、RSウィルス細気管支炎、尿路感染症、川崎病、成長ホルモン負荷検査、血管性紫斑病などの症例があります。新生児の入院では、在胎週数28週以上の新生児を当院のNICU(新生児集中治療室)の入院基準としています。他院からの新生児搬送も積極的に受け入れています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 36 12.44 10.3 2.78 65.61
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 28 13.29 11.57 0 60.96
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 27 4.89 6.59 0 59.63
090010xx99x30x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 17 7 9.46 0 58.18
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 14 4.57 8.57 0 74.93
 一般外科の代表的な疾患は悪性のもので乳がん、甲状腺がん、良性のものでは各種ヘルニア、乳房甲状腺の良性疾患です。乳がん手術は、現在、センチネルリンパ節生検を導入しており、今後さらに増加していくものと思われます。2007年度から乳がんの術後補助化学療法は外来化学療法としています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 301 23.26 27.63 62.13 83.6
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 112 22.39 26.26 15.18 75.82
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 58 21.97 24.42 13.79 68.97

070343xx01x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 1あり 54 22.46 26.69 11.11 69.35
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 49 2.84 5.49 0 45.1
 整形外科は全身(脊椎、四肢)の運動器の疾患を対象としていますが、特に関節外科、脊椎脊髄外科、骨折外傷外科、の3つが当科のメインとなっています。
 骨関節外科の骨は骨折などの外傷、関節外科は人工関節などを示します。関節リウマチ、変形性関節症などで障害された関節機能の再建を目的としており、股関節、膝関節の下肢大関節がほとんどを占めています。
 頸椎症性脊髄症、後縦靱帯骨化症に対しては前方除圧固定術を主に行なっています。ほとんどプレート&スクリュー固定を併用するため、術翌日から起立歩行が可能です。後方侵入の椎弓形成術も症例に応じて使い分けて行なっています。アセトーゼCPやRA、不安定性のある症例では後方インストゥルメンテーション(椎弓根スクリュー、外側塊スクリュー)手術も行っています。保存治療無効の胸腰椎圧迫骨折には、バルーンカイフォプラスティー(BKP)を行っています。5 mmぐらいの創で1時間弱の低侵襲手術です。全身麻酔が可能なら超高齢者でも可能です。腰部脊柱管狭窄症,変性辷り症,変性側弯性,後弯性などには後腹膜進入腰椎椎体間固定術(OLIF,XLIF)にインストゥルメンテーション(椎弓根スクリュー&ロッド)後方固定術を併用した前後合併手術が主に行われています。症例によっては後方進入腰椎椎体間固定術にインストゥルメンテーションを併用した後方固定術も行なっています。高度変形例には骨切術も加えた脊椎矯正手術も行なっています。脊椎外科手術のほとんどで手術用顕微鏡を用いて安全な脊髄除圧を心がけています。必要に応じてナビゲーションや脊髄モニタリングを行い、安全な手術を目指しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 27 13.26 8.78 0 75.89
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 27 5.26 5.11 0 44.74
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 25 4.88 6.76 0 32.52
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 18 5.83 5.8 0 39.17
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 12 9.75 10.6 0 82.25
 形成外科の守備範囲は多岐にわたっています。顔面外傷(顔面骨骨折を含む)、熱傷、眼瞼下垂、小耳症・耳介変形、唇裂・口蓋裂、手足や体表の先天異常、皮膚・皮下腫瘍、瘢痕・ケロイド、褥瘡や足壊疽などの難治性潰瘍、頭頸部がん・乳がん術後の再建、その他の整容的な問題(いわゆる「外見」「見た目」に関すること)など、身体のあらゆる部位のあらゆる病態を対象としています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 64 23.72 19.35 53.13 75.64
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 52 8.94 9.87 7.69 77.33
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 8.84 7.52 12.9 61.94
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 12.13 7.12 30.43 66.09
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 26.26 22.05 52.17 75.91
 主な対象疾患は脳腫瘍、頭部外傷を初めとして小児を除いたてんかんが該当します。脳卒中関連ではくも膜下出血と脳内出血は当科の担当で、閉塞性血管障害(脳梗塞・TIA)は脳卒中科と分担して診療しています。入院期間は良性の脳腫瘍で手術だけですむ場合には10~14日間、放射線治療や化学治療を加える場合にはこれ以上の期間となります。
 脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血で手術をした場合はほぼ同じような入院期間となり、リハビリ科へ転科した場合は、脳梗塞や脳内出血では2カ月以上くも膜下出血で約3カ月の入院となります。慢性硬膜下血腫の手術は1泊2日が標準となっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 194 15.06 12.73 1.55 67.62
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 125 5.18 12.35 0 63.3
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 80 2.75 3.68 0 67.66

040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 10.86 10.09 0 35.86

040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 6.66 9.14 0 53.59
 呼吸器外科は専門医6名、後期研修医1名で構成されるチームです。専門医がそろっているので高度な手術と綿密な周術期管理が可能で、胸腔鏡手術、進行肺がん手術、高齢者手術など質の高い医療を提供しています。肺がんだけでなく縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、自然気胸、膿胸などにも豊富な手術経験があり、年間手術件数は350~400例にのぼります。症例数が多いので呼吸器外科医のみでなく麻酔医、看護師、呼吸理学療法士も治療、ケアに精通しています。術前から呼吸理学療法、栄養指導を行い、多くの職種が参加したチーム医療に努め、術後合併症の発生を最低限に抑えています。
 当院は胸腔鏡手術や他臓器合併切除を要する進行肺がんに対する拡大手術を得意とし、特に進行肺がんについては化学療法、放射線療法と組み合わせた集学的治療を行うことにより成績向上を目指しています。肺がんの手術成績は縦隔リンパ節転移の有無が大きく予後に影響するため、画像診断のみに頼るのではなく、必要な患者さんには縦隔鏡、超音波内視鏡(EBUS)を用いて的確な術前病期診断を得たうえで、臨床病期ごとに治療法を決めています。I、II期の患者さんには手術を第一選択とし胸腔鏡下手術を実施しています(年間約100例)。III期より進行した患者さんには病状に応じて術前化学療法または化学放射線療法を実施した後に手術を行ったり、術後に補助化学療法を加えたりしています。切除した病巣は極めて貴重なものであり、希望に応じて抗がん剤感受性試験、遺伝子検査等を実施し術後補助療法、再発時の治療の指標としています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 37 2 3.34 0 62.19
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 21 5.29 4.87 0 75.19

050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 16 22.69 28.23 18.75 69.56
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 13 12.46 12.74 0 78.46
050050xx0151xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 5あり 手術・処置等2 1あり 11 20.45 27.95 0 68.36
 狭心症や弁膜症などの心臓病をはじめ、胸部大動脈疾患などすべての循環器系疾患に対して手術ができる体制を整えています。
 また、各診療科との協力のもと緊急手術にも対応できる体制を整備しています。すべての患者さんにより良い治療を提供できるよう研鑽を重ねるとともに、すべての情報を患者さんと共有し、患者さん一人ひとりがエビデンスに基づいた最適な治療を受けられるように努力しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 63 7.24 10.53 0 59.87


020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 34 4.94 7.72 0 69.38

020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 27 4.7 9.15 0 73.37
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 25 4.88 8.27 0 64.12
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 16 3.06 2.91 6.25 73.94


 入院による白内障手術、緑内障手術、網膜剥離手術にはクリティカルパスを用いています。眼科外来には患者さん用のクリティカルパスをご用意してあり、入院中の治療経過が理解しやすいように書かれております。それらはご自由にお持ち帰りいただけます。
 加齢黄斑変性にも病型の違いがあります。また、進行程度も患者さん毎に異なります。抗VEGF薬の硝子体内注射や光線力学療法(PDT)の適応、治療法の決定のためには、蛍光眼底造影・赤外蛍光眼底造影による正確な診断が必要です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 49 8.69 8.12 0 15.18
030428xxxxxxxx 突発性難聴 45 8.98 9.37 0 59.42
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 42 4.43 5.24 0 64.4
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 32 4.5 5.5 0 42.78
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 25 9.04 9.6 0 53.64
 耳鼻咽喉科の主な診療内容は、内科的な側面と咽頭喉頭の急性炎症、めまい、急性難聴に対する外科的治療があります。当科では後者を重視しながらもバランスのとれた診療を目標にしています。入院治療を要する場合は早く治して早く退院、外来通院の場合もなるべく通院回数を少なくという方針で耳鼻咽喉科全般を扱っています。手術全般に関しては、一般的な術式を安全確実に実行することを目標にし、手術時間の短縮にも努めています。今後も治療成績の更なる向上に努めていきます。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 17 13.47 11.97 0 66.41
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.96 - -
100100xx99x0xx 糖尿病足病変 手術なし 手術・処置等2 なし - - 23.37 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2 なし - - 30.11 - -
080250xx9700xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 28.37 - -
 高齢者社会に伴い、帯状疱疹の患者さんも増加傾向にあります。最近では抗ウイルス剤の開発もすすみ、経口剤で十分に症状の軽快をみることができるようになりました。しかし、高齢者の方で、痛みのコントロールが難しい場合もあります。さらに、老化に伴う皮膚の腫瘍を心配して来院されることも多いです。多くは脂漏性角化症(老化にともなう変化)、良性のものがほとんどですが、なかに前がん状態、皮膚がんもまれに含まれていました。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 132 5.42 7.44 0 74.26
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 84 10.05 13.39 0 68.29
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 51 1.08 2.82 0 64.73
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 33 6 7.78 0 72.27
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 31 4.16 5.83 0 64.87
 泌尿器科は、腎尿路、副腎などの後腹膜臓器や男性生殖器の疾患に対する治療を行なう分野です。
 高齢化社会を迎え、外科系の一領域としての泌尿器科は非常に重要な診療領域となってきています。すべての診療において、常に医療側の満足ではなく、患者さんがいかに診療に満足されるかが大切であり、疾患に対する治療のみならず、治療後の生活におけるQOLの向上も念頭において診療に取り組んでいくことが重要です。
 当科では、腎臓、尿管、膀胱や男子生殖器に関するすべての疾患および副腎疾患について診断、治療にあたっています。最先端の技術を用いて患者さんにやさしい最高水準の医療を提供するとともに、患者さんのQOL(生活の質)を重視し、患者さんが生涯にわたり最も適した治療法を選択できるようにしています。
 手術においては腹腔鏡手術を積極的にとり入れ、腹腔鏡技術認定制度に認定されたスタッフにより 安全かつ適正な治療を行います。副腎、腎、尿管の良性、悪性疾患に対する腹腔鏡手術をはじめ、特に近年増加傾向を示す前立腺がんに関してはロボット手術(ダヴィンチ手術)を導入しています。
 手術困難な進行がん症例に対しては、各種抗がん剤治療、放射線治療等を含め、集学的に治療を計画し、QOLの向上を第一に考えた治療法を選択していきます。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 28 4.96 6.42 0 46.14
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 17 6.53 6.29 0 41.24
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 16 3.5 5.12 0 58.19
120140xxxxxxxx 流産 14 1.14 2.43 0 36.86
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病 なし 11 5.27 7.92 0 36.27
 婦人科良性疾患はできる限り、腹腔鏡を用いた超短期入院治療を心がけています。対象は良性腫瘍、子宮外妊娠、卵巣出血、卵巣嚢腫の茎捻転、子宮内膜症などです。また、子宮内病変(ポリープ、粘膜下筋腫)は子宮鏡またはレゼクトスコープを用いた治療をおこなっています。特に腹腔鏡手術は開腹手術に比べると入院期間が短いだけでなく、術後の痛みが少なく、傷も小さくて美容的にも大変優れています。
 がん化学療法は日帰りまたは短期入院でおこない、できる限りQOL(生活の質)の維持に努めています。また、日本で最初に開設されたホスピスが隣接していますので、最後のひと時まで家族に囲まれ自分らしさを保ちながら生活していただくための支援をおこなっています。さらにセカンド・オピニオンの勧めや在宅医療の橋渡し役を積極的に実施しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 133 2.68 3.68 0 68.37

040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 126 11.43 12.35 0.79 69.65
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 93 24.41 19.92 3.23 71.3
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 91 23.24 21.25 16.48 83.37
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 48 21.04 14.83 2.08 78.15
 肺がん診療においては呼吸器外科、放射線治療科、緩和支持治療科と密な連携をとり、迅速かつ適切な医療が提供できる体制を整えています。
 間質性肺疾患の診療においては、呼吸器外科の協力により外科的肺生検による診断も行い、これまでどおり浜松医科大学呼吸器内科との連携により病理組織診断や診療方針に関して随時検討を行っています。喘息や慢性閉塞性肺疾患の診療においては様々な吸入薬剤の組み合わせで異なる吸入デバイスが次々と上市されています。患者さんの症状及び予後を改善させられるよう、これらを適切に選択し有効な治療を提供しています。気管支鏡検査においては、超音波気管支鏡や蛍光気管支鏡、細径気管支鏡を必要に応じ併用し、診断率の向上を図ると同時に安全性の高い診療を維持しています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 9.65 8.87 0 65.05
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 19 13.53 14.77 0 63.11
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 23.27 12.84 13.33 63.93
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 14 28.79 37.06 0 68.14
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 13 7.69 7.58 0 51.31
 腎炎に対する腎生検での病理診断とその治療、慢性腎不全の保存療法、血液透析用バスキュラーアクセスの形成手術、慢性透析の導入、透析患者さんの合併症治療、維持透析患者さんの管理、急性腎障害の鑑別診断と治療及び急性血液浄化療法、各種吸着療法の施行を主な業務としています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 13.67 21.25 22.22 84.78
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 2.78 3.64 2.7 47.57
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 22 13.68 20.57 54.55 79.18
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし 21 5 4.19 4.76 52.48
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 19 9.53 12.43 5.26 72.53
 当院は、高度救命救急センターであり、救急車搬入患者における疾患分類は、中枢神経系疾患が最も多く、転倒転落事故、消化器系疾患、呼吸器系疾患、交通事故がそれに続いています。このうち、入院及び外来死亡となる中等症以上の患者さんは、呼吸器系疾患、中枢神経系疾患、消化器系疾患、転倒転落事故の順となり、内因性疾患が多くを占めています。症例数2位の診断群分類は急性薬物中毒となっています。これらの患者さんは精神科的背景もあり、精神病床を有する当院の特色を現していると思われます。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 33 22 16.83 0 72.39
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 18 82.44 34.9 0 73.06
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 10 41.5 41.96 10 69
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 15.76 - -
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり - - 25.11 - -
 血液内科では白血病・悪性リンパ腫を代表とする血液悪性疾患や、各種貧血さらに出血傾向を来たす疾患などの診療を行っています。完治の難しいものが多い一方、治療の進歩によりこれらの病気のうち一部のものはある一定の割合で治癒可能となっています。治療は、当初、無治療経過観察から始めていくものから、強力な化学療法を必要とするものまで様々です。
 血液疾患では近年、治療が多様化しており、当院でも医学的エビデンスを有する治療法ならびに標準的治療法を重視しています。一方で、他の専門科の医師や多職種医療スタッフ(看護師・薬剤師・栄養士・臨床心理士・臨床検査技師・理学療法士・歯科衛生士・ソーシャルワーカーなど)の協力のもとに個々の患者様の複雑な病状について対応し、生活の質(QOL)の改善に配慮した入院期間の短縮やご自宅での療養を目的とした外来治療を取り入れ、全人的医療を行うことも心がけています。
 血液内科は専門性の高い領域のため、総合病院でも科を標榜しているところは限られています。近隣の医療機関と連携し、静岡県西部の血液疾患診療に寄与するよう努めて参ります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 154 8.31 11.06 1.95 76.01
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 58 8.33 7.89 1.72 61.84
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 49 8.84 11.74 0 74.08
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 49 6.92 5.5 2.04 60.12
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 48 9.29 11 6.25 69.75
 胆道系の精査および治療内視鏡は以前から当科の得意分野であり、以前と変わらず質を維持しつつ、合併症の少ない治療が行えています。また最近では粘膜下層剥離術症例も順調に増えており、胃、食道のみでなく、大腸についても積極的に取り組んでいます。大腸ステントについては保険適応となった当初から積極的に取り組んでおり、大腸がんの治療成績向上に役立っています。小腸内視鏡を使用した治療や、超音波内視鏡下吸引細胞診(EUS-FNA)なども徐々に件数が増加しています。
 がん診療については、以前と変わらず消化器外科、化学療法科、緩和チームなどチームとして連携しています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 61 6.26 6.82 0 58.43
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 56 4.63 5.6 1.79 40.05

060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 50 12.74 15.92 0 70.5
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 48 6.56 9.08 2.08 72.02
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 34 11.24 13.77 11.76 75.74
 化学療法は現在、ほとんどすべてを外来で行うように変更しています。大腸がん術後の化学療法も皮膚の下に埋め込んで薬剤を投与するための100円硬貨程度の大きさの本体と薬剤を注入するチューブで構成されるCVポートを使って外来に移行しております。手術症例に関しては、高難易度手術である肝臓・膵臓手術は増加しています。膵頭十二指腸切除術においてもクリティカルパスを作成しており、バリアンス(クリティカルパスから逸脱・変動すること)もほとんどなく機能しております。
 今後も引き続き消化器センターとして消化器内科と連携して肝・胆・膵・食道といった主要手術のみならず、胃がん・大腸がんおよびそれらの腹腔鏡手術の技術向上、症例数の増加を目指していきます。
脳卒中科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 97 19.89 16.54 23.71 72.44
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 42 9.38 6.38 0 70.29
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 38 20.55 16.73 28.95 80
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 9.64 7.12 14.29 71.71
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 32.38 18.76 38.46 75.46
 脳卒中は、突然発症の脳血管障害を総称している言葉で、①脳梗塞②脳出血③くも膜下出血に分類されます。いずれも早期診断、早期治療が重要とされており、当科は、その約3/4を占める脳梗塞を中心に診療しています。脳卒中では、後遺症によるADL障害により退院に際しては介護指導、社会資源の活用など多職種の関与が必要になります。このため週一回新規患者さんを中心に、看護師や理学療法士などとの情報共有を目的とした症例紹介を行っています。
 臨床面では、入院患者数は、脳虚血疾患351例(うち脳梗塞263例、一過性脳虚血発作35例)でした。
内分泌代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 19 22.63 14.61 10.53 63.79
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 - - 16.4 - -
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 - - 16.31 - -
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 11.48 - -
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 14.91 - -
当科では主に糖尿病や甲状腺をはじめとした疾患の診療にあたっています。
その内訳では糖尿病の患者さんがもっとも多くなっています。2型糖尿病の教育入院が主な入院目的になっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 73 10 15 37 21 31 1 7
大腸癌 63 28 27 38 16 61 1 7
乳癌 54 36 10 - - 27 1 7
肺癌 165 71 154 136 16 330 1 7
肝癌 - 15 10 - - 63 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 消化器・一般外科では胃がん、大腸がん、肝がんに対して腹腔鏡手術をはじめとする手術を行い、術後の化学療法を行っています。腹腔鏡手術の適応が増えて今後、当院でも増加していきます。乳がんはセンチネル・リンパ節生検を導入しており、今後さらに増加していくと思われます。
 肺がんはPET検査を行い腫瘍の質的診断ならびに縦隔リンパ節転移の評価も行っています。Ⅰ・Ⅱ期の場合は胸腔鏡下手術をおこないⅢ期以上は化学療法・放射線療法、外科的療法を組み合わせた集学的治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 35 11.57 54.71
中等症 132 15.19 78.14
重症 45 21.33 83.44
超重症 12 32.58 85.92
不明 - - -
 当院は近隣に療養施設を多数有し、これまでにもご高齢の患者様の呼吸器感染症の治療を長年に渡り数多く担当させて頂きました。その結果、初期対応の重要性を認識いたしました。そこで、昼夜を問わず起炎菌の同定のため検査を実施し、中央検査部の細菌感染部門からの培養検査の結果と併せて過不足のない適切な治療が常に実施できる体制を継続しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 48 9.1 70.94 0
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 320 28.22 76.71 29.24
その他 22 31.23 73.68 1.75
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
 当院では脳卒中の診療に関して、脳卒中科・脳神経外科・神経内科が連携し、365日、24時間専門医が常時院内に待機し、早期に診療できる体制をとっています。脳卒中科では、入院後、症状が進行する脳梗塞に対して治療を工夫しており、脳に栄養を与える主要な血管の一つで、大脳半球の大部分に血液を供給する「中大脳動脈」の狭窄に関しては、かなりの確率で進行抑制できるようになっています。脳卒中パスの運用を2015年から開始し、他職種との検査・治療の共有化、患者教育を行い治療・再発予防について以前より効率的に行えています。脳梗塞発症後も自宅に帰ることができるような治療を継続して行っていきたいと考えています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 139 1.35 2.21 0.72 69.9

K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 52 0.06 13.37 0 70.63

K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 45 7.11 9.76 4.44 77.87

K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 36 0.14 9.44 0 68.69

K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 24 1.38 2.96 0 68.75
 虚血性心疾患におけるカテーテルインターベーション治療は、詰まっているもしくは詰まりかけている冠動脈を風船で広げた後にステントという薄い金網を内張りする治療です。予定された狭心症に対する冠動脈治療時には狭くなりにくい薬剤溶出性ステントを使用することが多く、3日程度で退院するクリティカルパスを用意しています。緊急で行われる急性心筋梗塞に対する治療も20日程度で退院できます。当科では病診連携に力を入れており、狭心症や心筋梗塞でステントを留置した紹介患者さんは、原則として診療所に逆紹介しています。半年、あるいは一年後に冠動脈の再狭窄がないか再検査を行いますので当科への紹介をお願いいたします。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 100 1.07 1.07 0 62.54
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 83 1.05 1.19 0 76.7
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 34 2.32 9.03 2.94 65.88
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 27 1 2.89 0 59.63
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 22 1.45 12.18 0 62
 鼡径ヘルニア手術は、腹腔鏡下手術も3日間の入院が標準のクリティカルパスを用意しています。ほとんど予定通り3日で退院できています。全身麻酔に支障のない症例は順次腹腔鏡手術に移行しています。
 乳がん手術は、現在センチネルリンパ節生検を導入しており、今後さらに増加していくものと思われます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 224 1.98 17.63 57.59 81.93

K0821 人工関節置換術(膝) 等 186 2.87 19.9 13.44 73.88
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 110 3.83 19.78 60 81.18

K0462 骨折観血的手術(下腿) 等 64 3.92 11.41 9.38 55.12
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(前方後方同時固定) 57 3.68 19.44 29.82 70.91
 骨折観血的手術は骨粗鬆症を伴う高齢者の骨折と高度救命救急センター経由での交通事故などの高エネルギー外傷が多くを占めます。
 股関節、膝関節の件数は大きな変化がなく、肩人工関節・骨頭は15例中12例がリバース型となっています。
 手術総数は1,499例で前年より50例程増加しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 23 1 8.65 0 76.96
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2?未満) 等 19 1 3.37 0 30.79
K0151 皮弁作成術・移動術・切断術・遷延皮弁術(25未満) 15 1 6.13 0 76.53
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2?以上,4?未満) 12 1 3.42 0 39.08
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 11 1 5.55 0 52.36
 手術にて扱った疾患は、外傷と皮膚・皮下腫瘍の割合が多くを占めています。2016年においては外傷および炎症・変性疾患が減少しましたが腫瘍はさらに増加傾向にあります。
 乳がん手術後の乳房再建も増加傾向にあります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 69 1.87 6.54 8.7 77.96
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 26 2.08 33.88 38.46 65.27
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 23 4.57 27 0 63.17
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
 クモ膜下出血、脳腫瘍、頭部外傷が主だった対象疾患です。脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳腫瘍の一部では血管内手術と連携した外科的治療をおこなっています。機能障害を有している症例ではリハビリテーション科とも連携して入院早期よりリハビリを開始しています。
 良性の脳腫瘍で手術だけですむ場合には10~14日間ですが、放射線治療や化学治療を加える場合にはこれ以上の期間となります。
 脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血で手術をした場合はほぼ同じような入院期間となりますが、リハビリテーション科へ転科した場合は、脳梗塞や脳内出血では2カ月以上、くも膜下出血で約3カ月の入院となります。慢性硬膜下血腫の手術は1泊2日が標準となっています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 90 3.74 9.39 1.11 67.79
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 47 4.02 6.6 0 37.34
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 43 3.53 9.28 0 68.7
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 33 3.67 7.21 3.03 57
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 23 5.3 15.78 0 69.13
 呼吸器外科専門医6名を含む7名で構成されるチームです。専門医がそろっていますので高度な手術と緻密な周術期管理が可能で、胸腔鏡手術、進行肺がん手術、高齢者手術など質の高い医療を提供しています。
 症例数が多いので呼吸器外科医のみでなく麻酔科医、看護師、呼吸理学療法士もケアに精通しています。術前から呼吸理学療法、栄養指導を行い、多くの職種が参加したチーム医療に努め、術後合併症の発生を最低限に抑えています。また、患者さんの高齢化に伴い、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞などの合併症を有する患者さんも増加しており、循環器科、脳神経外科、内分泌代謝科、リハビリ科など他の診療科とも協力して術後の合併症予防に努めています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 36 0 1 0 61.72
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 31 0.06 1.06 0 63.97
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 30 9.93 18 0 72.93
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(上行大動脈)(その他のもの) 16 1.06 20.94 25 73
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 13 3.08 7.92 0 77.77
 下肢静脈留手術に関しては足のつけ根と膝の内側の2ヶ所を切って、静脈の中に細い針金(ワイヤー)を入れてワイヤーごと静脈を抜き去るストリッピング手術に加え、静脈を焼いてふさいでしまう高周波静脈焼灼手術を行っています。後者は、周術期の疼痛や美容的面からも良好で患者さんの満足度の高い手術となっています。
 平成29年度は、120例以上の開心術に加え、ステントグラフト治療、低侵襲心臓外科治療の充実化を目標としています。
 当院に来院される患者さんは高齢者、農業に従事されている患者さんが多く、また車社会であるため、術後の生活や活動の制限が極力少なくなるように治療方針を立てています。早期仕事復帰を希望される地域性を考えると非常に有用です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 1667 0.01 1.08 0.24 75.17


K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 156 0.04 4.96 0 65.69


K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 19 0 3 0 72.11


K2682 緑内障手術(流出路再建術) 14 0 2 0 77.93
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートのないもの) 11 0.09 5.73 0 69.91
 白内障手術は、片眼は日帰りもしくは3日間の入院期間のクリティカルパスを用意しています。網膜硝子体手術は、症例によって4~10日間の入院期間、緑内障手術は症例によって3~7日間の入院期間になります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 49 1 7.37 0 18.18
K4611 甲状腺腫摘出術(片葉のみの場合) 等 18 1.67 4.67 0 52.11
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡によるもの) 等 12 1 1 0 56
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 11 1.55 3.73 0 53.27
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 11 0.82 1.27 0 4.18
 扁桃摘出術の適応は習慣性扁桃炎や病巣感染、著明な扁桃肥大などが多いですが、検尿で血尿や蛋白尿を認め、腎臓の糸球体に免疫グロブリンのIgAという蛋白が沈着するIgA腎症の治療としてステロイドパルス療法に扁桃摘出術を併用して行うケースが増えてきています。
 甲状腺手術では、良性腫瘍の場合は片葉切除を基本術式として、手術中の迅速診断で悪性の場合は、甲状腺全摘もしくは周囲のリンパ節郭清術も追加しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 等 121 0.02 0.19 0 61.92
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 110 0.08 4.28 0 73.94
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 81 1.36 7.68 0 68.32
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) 35 0.69 5.03 0 72.86
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 35 2.34 8.77 5.71 72.43
 近年増加傾向を示す前立腺がんに対してロボット支援手術(ダ・ヴィンチ)を施行しています。前立腺がんに対するロボット支援手術は、通常の開腹手術に比べ合併症が少なく、入院期間もかなり短縮され、がんの制御に関しても開腹手術と大きな差はありません。その他、副腎、腎、尿管の良性、悪性疾患に対する腹腔鏡手術をはじめ、進行性腎がんや膀胱がんに対する、開腹手術も数多く施行しています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 39 1.36 3.54 0 44.41
K867 子宮頸部(腟部)切除術 19 0.37 1 0 47.26
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 13 0.08 0.08 0 36.69
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 13 2 4.31 0 43

K877 子宮全摘術 11 6.27 7.18 0 54.91
 婦人科良性疾患はできる限り、腹腔鏡を用いた超短期入院治療を心がけています。対象は良性腫瘍、子宮外妊娠、卵巣出血、卵巣嚢腫の茎捻転、子宮内膜症などです。また、子宮内病変(ポリープ、粘膜下筋腫)は子宮鏡またはレゼクトスコープを用いた治療をおこなっています。特に腹腔鏡手術は開腹手術に比べると入院期間が短いだけでなく、術後の痛みが少なく、傷も小さくて美容的にも大変優れています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 42 5.21 14.93 0 67.67
 内シャント又は外シャント設置術は、血液透析において患者さんと透析装置との間で効率よく血液循環を行うために、患者さん側に設けられる仕組みであるシャント(自己静脈・人工血管)を造設する手術のことです。透析患者さんにはなくてはならないものです。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 114 3.25 7.46 0 75.86
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 79 3.1 5.32 2.53 72.01
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 43 1 6.77 0 73.74

K654 内視鏡的消化管止血術 37 1.78 9.86 8.11 72.51
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 22 6.36 4.05 0 70.95
 胆道系内視鏡や内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を含めた早期がん治療内視鏡が増加しています。内視鏡的大腸ステント留置術については、消化器外科と連携を行い、大腸がんによる腸閉塞に対し積極的に施行することで緊急手術を避け状態を安定させた後、待期手術を行うことが可能となっています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 90 2.91 3.34 0 58.53
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 57 4.98 10.21 3.51 71
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 55 0.18 3.67 0 39.04
K714-2 腹腔鏡下腸管癒着剥離術 18 2.94 10.39 11.11 71.78
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴うもの) 16 1.75 10.44 0 66.31
 消化管の腹腔鏡手術は急激に増加傾向です。これは、腹腔鏡手術の適応を現在、胃がんに関しては早期胃がんまでですが、大腸がんは進行がんもほとんどを腹腔鏡手術の適応としたことによります。今後、胃がん、大腸がんの腹腔鏡手術は症例数の更なる増加が期待できると思われます。腹腔鏡手術の中でも、虫垂炎、胆石症、良性大腸疾患等のうち一部の症例では、おへそに1か所だけ穴をあけて、そこからカメラと手術器具の3つの器具を挿入して行う単孔式腹腔鏡手術を行っています。術後の傷跡はおへそに隠れてしまい全くわからないので若い女性を中心に整容性に優れた術式として近年注目されています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 37 0.25
180010 敗血症 同一 40 0.27
異なる 30 0.2
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 78 0.53
異なる - -
 DIC(播種性血管内凝固症候群)は、さまざまな重症の基礎疾患のために過剰な血液凝固反応活性化が生ずるため生体内の抗血栓性の制御能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発して臓器不全、出血傾向のみられる予後不良の病気です。当院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受けており、がんを含め数多くの大手術をおこなっています。そのため手術後に播種性血管内凝固症候群を合併することもあります。
 また、当院は重篤な患者さんを主に受け入れる高度救命救急センターであり、重篤な外傷の患者さんを受け入れているため、播種性血管内凝固症候群・敗血症を合併された患者さんが多くなっています。
 手術・処置等の合併症は、循環器科の入院治療で以前、冠動脈にステントを留置された患者さんの冠動脈ステント留置後の再狭窄を検査する目的で入院された患者さんや、整形外科の入院治療で以前に人工膝関節・人工股関節を入れた患者さんの人工関節がゆるんだり、脱臼したために再手術を行う目的で入院された患者さん、また腎臓内科で透析を行うために造設したシャントが閉塞・狭窄したために拡張する目的で入院された患者さんが含まれています。
更新履歴
2017/09/29
平成28年度版 初版公開