グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 診療科のご案内  >  消化器内科

消化器内科

診療科責任者、クリティカルパス、スタッフなどについてのご案内です。


このページの目次


診療科責任者

多々内 暁光 部長

多々内 暁光 部長



概要・責任者から一言

<概要>
消化器内科は食道、胃、十二指腸、小腸、大腸の内科疾患が担当ですが、それ以外の腹部疾患についても、ご相談をお受けしています。消化器センター内業務の一環として、消化器癌の術前診断および評価、治療方針の決定があります。消化器癌で手術が必要な患者さんは、まず消化器内科を受診していただき、術前検査を行っていただく必要があります。その上で消化器外科、化学療法科などと共同のカンファレンスを行い、治療方針を決定していく方法で診療を行っています。

また消化器センターの内科部門として、消化管早期癌の内視鏡治療、胆道系の精密検査や治療内視鏡に加え、小腸内視鏡、超音波内視鏡などの精密検査、治療を専門としています。早期胃癌に対しては、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を中心に、手術せず内視鏡で治癒できる患者さんも多くなっています。大腸についてもESDを行っており、徐々に実績も増加しています。以前から実績のある胆道系疾患の診療については、より質の高い診断、治療を目指し、胆道系治療内視鏡を行っています。
手術が出来ない患者さんの場合には、化学療法も積極的に行っています。化学療法科と連携して、取り得るベストの治療を提案させていただくと共に、精神的、身体的両面で十分なケアが受けられるよう、広い範囲でサポートを心がけ、安心して治療が受けられるよう、心がけています。


<責任者から一言>
胆道系の精査および治療内視鏡は以前から当科の得意分野であり、以前と変わらず質を維持しつつ、合併症の少ない治療が行えています。また最近ではESD症例も順調に増えており、胃、食道のみでなく、大腸についても積極的に取り組んでいます。大腸ステントについては保険適応となった当初から積極的に取り組んでおり、大腸癌の治療成績向上に役立っています。小腸内視鏡を使用した治療や、超音波内視鏡下吸引細胞診(EUS-FNA)なども徐々に件数が増加しています。
癌診療については、以前と変わらず消化器外科、化学療法科、緩和チームなどチームとして連携しております。「より質の高いケアを含めた治療」をモットーに、今後も頑張っていきたいと思います。



クリティカルパス

クリティカルパスは、入院中の治療や検査等、標準的なスケジュールをご説明した経過表です。
現在当科で実際に使用されているクリティカルパスについてはこちらをご覧ください。


スタッフ

氏名職位卒年専門領域・認定医・専門医
多々内 暁光部長1999年日本内科学会認定医/専門医/指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
臨床研修指導医講習会修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
山田 哲医長2004年日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修会修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
臨床研修指導医講習会修了
久保田 望医長2005年日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本消化管学会胃腸科専門医
日本静脈経腸栄養学会TNTコース修了
佐藤 義久医師2008年 
山下 龍医師2012年日本内科学会認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
2017年9月25日現在


治療成績(平成25年4月~平成26年3月)

上部消化管内視鏡2,707件
超音波内視鏡(EUS)85件
内視鏡的止血術           96件
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)54件
内視鏡的粘膜切除術(EMR)5件
内視鏡的消化管ステント留置術11件
食道静脈瘤硬化療法(EIS)12件
内視鏡的異物除去術14件
内視鏡的胃瘻造設術(PEG)26件
大腸内視鏡1,236件
内視鏡的粘膜切除術・ポリペクトミー426件
内視鏡的止血術17件
内視鏡的消化管ステント留置術13件
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)9件
小腸内視鏡(経口・経肛門)15件
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP) 診断、結石除去、ステント留置など含む306件
経皮経肝胆道・胆嚢ドレナージ術  26件

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?