グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。

施設沿革

施設沿革についてのご案内です。


1973(昭和48)年5月社会福祉法人・小羊学園により「おおぞらの家」(入所定員40名)が設立される。
1976(昭和51)年11月機能訓練棟を増築する。
1979(昭和54)年9月入所定員を46名に増床する(機能訓練棟を病棟に変更)。
1982(昭和57)年10月入所定員を48名に増床する。
1984(昭和59)年11月マザーテレサが訪問される。
1988(昭和63)年7月障害児保育「ひかりの子教室」を開始する。
1992(平成4)年12月リハビリ施設を増築し、外来小児リハビリ部門を開設する。
1993(平成5)年4月重症心身障害者デイケア「もみの木」を開始する(自主事業)。
1995(平成7)年7月学齢児対象の「夏期デイケア」を開始する。
1996(平成8)年4月増改築し、入所定員を60名に増床する。ショートステイは4床。施設名称を「おおぞら療育センター」と変更する。
1997(平成 9)年 1月「もみの木」が重症心身障害(児)者通園事業A型の指定を受ける(通所定員15名)。
1999(平成11)年4月重症心身障害(児)者通園枠拡大のため、知的障害者デイサービスセンター「あさひ」(通所定員15名)を開設する。
2002(平成14)年4月増築し、入所定員を100名に増床する。ショートステイは10床。
2003(平成15)年4月支援費制度が始まり、ショートステイと「あさひ」は支援費対象となる。これを機に、「あさひ」の定員を25名と拡大する。
2006(平成18)年10月社会福祉法人・聖隷福祉事業団に運営が移管され、聖隷三方原病院に統合される。施設名称は「聖隷おおぞら療育センター」となる。障害者自立支援法により、入所は措置より契約に変更される。「あさひ」は生活介護事業となる。
2008(平成20)年4月あさひの定員を35名と拡大する。
2012(平成24)年1月増築し、入所定員を150名に増床する。
2012(平成24)年4月法改定により、医療型障害児入所施設と療養介護事業所とする。重症心身障害児(者)通園事業「もみの木」を児童発達支援センター「児童発達支援センターひかりの子」とし、児童発達支援事業の指定を受ける。
ショートステイを20床に増床する。
2013(平成25)年4月「児童発達支援センターひかりの子」が放課後等デイサービス事業の指定を受ける。
2014(平成26)年10月「相談支援事業所おおぞら」を開設する。
障害児相談支援事業と特定相談支援事業の指定を受ける。

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?