グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  腎臓内科後期研修プログラム

腎臓内科後期研修プログラム

腎臓内科後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

腎臓内科部長 松島 秀樹



メッセージ

当科では、腎疾患の一貫した診療を行っています。地域医療支援病院、救急指定病院等であり、症例数に恵まれています。各科専門医との連携もスムーズであり、病理医との腎病理カンファレンスも充実しています。
医師が働きやすくかつ長く勤務できるよう職場環境にも便宜をはかってきており、医局は明るくアットホームな雰囲気です。
日本腎臓学会の研修施設、日本透析医学会の専門医制度認定施設となっており、各々の学会の専門医や認定医、指導医の資格習得が可能です。


腎臓内科部長 松島 秀樹


→腎臓内科ご案内ページへ

プログラムの目的と特徴

腎臓内科における後期研修では、腎臓病学および透析療法の臨床経験を深め、この領域における幅広い知識と優れた技能を修得した腎臓および透析の専門医を育成することを目指している。(当院は日本腎臓学会研修施設および日本透析医学会専門医制度認定施設に指定されている。)
当科では、腎生検による腎炎の病理組織診断と治療、腎不全の診断と治療、透析用バスキュラーアクセス形成手術、透析導入、維持透析の管理といった一貫した腎疾患診療に携わってきている。急性期病院としての急性血液浄化療法は勿論、精神科病棟や結核病棟を有する病院として、様々な合併症をもつ慢性腎不全患者の管理も行っている。



研修内容と到達目標

入院患者や維持透析通院の患者を研修指導医とともに受け持ち、入院および外来診療をしていく。症例検討会や抄読会などを通じて知識や考察力を高めて行く。
腎炎、腎不全、水電解質異常の病態生理への理解を深め、腎生検、腎病理組織の診断、腎炎の治療、水電解質異常の診断と治療、急性腎不全の診断と急性血液浄化療法を含めた治療、慢性腎不全の保存療法、バスキュラーアクセス形成手術、慢性透析の導入、維持透析の管理と合併症の治療等の診療をしていく。
特に透析療法の臨床の場では、様々なスタッフと円滑にチーム医療を進めて行く能力をも育成していく。
また、他科で発症した腎不全の診断と治療、各種合併症を有した維持透析患者の管理といった、他科からのコンサルテーションに的確に対応できるようにする。
症例報告や臨床研究などの学会活動を行い、最新の知見や研究の方法論などを身に付けて行く。



主な学会認定

・日本透析医学会専門医制度認定施設
・日本腎臓学会研修施設


メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?