グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 特色と取り組み  >  がん診療体制について

がん診療体制について

当院のがん診療体制について、がん診療拠点病院・キャンサーボード運営委員会からのご案内です。


聖隷三方原病院は2005年に静岡県西部でもっともはやくがん診療連携拠点病院の指定を受けました。
総合病院の利点を生かして各専門科で協力してがん診療を行っています。

実施している治療内容と実績

各がん腫ごとの治療内容や治療法ごとの治療成績については、各診療科のホームページをご覧ください。

肺がん呼吸器内科
呼吸器外科
胃がん
大腸がん
膵臓がん
胆嚢がん
胆管がん
消化器内科
消化器外科
化学療法科
肝臓がん肝臓内科
乳がん化学療法科
外科
前立腺がん
腎がん など
泌尿器科
卵巣がん
子宮がん など
婦人科
咽頭がん
頭頚部がん など
耳鼻咽喉科・頭頚部甲状腺外科
リンパ腫
骨髄腫
白血病 など
血液内科
脳腫瘍脳神経外科
骨・軟部腫瘍整形外科
皮膚腫瘍皮膚科
放射線治療について放射線治療科

行われているカンファレンス(キャンサーボード)

がんの治療を複数の専門家の視点から検討するためにカンファレンス(キャンサーボード)を設置して、患者さんにもっと適した治療をみつけられるように努力しています

肺がんキャンサーボード毎週呼吸器内科
呼吸器外科
放射線治療科
消化器がんキャンサーボード毎週消化器内科
外科
化学療法科
放射線治療科
乳がんキャンサーボード毎週外科
化学療法科
化学療法・緩和合同カンファレンス隔週化学療法科
緩和支持治療科
がん専門看護師
化学療法認定看護師
全体キャンサーボード必要時関連全科
かん診療連携拠点病院・
キャンサーボード運営委員会
隔月関連全科

セカンドオピニオンについて

 がんの治療を選択するときに、どの治療が一番いいか迷われるのは当たり前のことです。複数の専門家の意見をきくことをセカンドオピニオンといいます。
 主治医以外の意思から意見をきくと、医師の気を悪くするのではないかと思われる方がいらっしゃいますが、セカンドオピニオンをうけて患者さまご家族の不利益になることはありません。
 セカンドオピニオンを希望される方は、担当医、看護師へお申し出ください。紹介状および必要なデータをお渡しいたします。また、患者さんがセカンドオピニオンを気兼ねなく受けていただけるよう医療相談室にも対応窓口を設けています。


 セカンドオピニオンについてはこちら

患者さんご家族へのサポート体制について

 当院にはがんと診断された患者様、がんの治療を受ける患者様、そのご家族が安心して治療を受けられるように、さまざまなサポート体制があります。

 がんサポートセンターは、患者様、ご家族の心配ごとに一括して対応する部署です。この中には、つらいからだの症状や精神的な問題などに対応する緩和ケアチームがあります。
 緩和ケアチームは、専門の医師・看護師・薬剤師・臨床心理士などいろいろな職種が共同して、主治医とともに、患者様のつらい症状を和らげる方法を考えます。
 がん相談支援センターでは、経済的な問題や生活に関する相談などに、専門の相談員が対応しています。
 がん看護外来では、告知を受けてから気持ちが落ち込んでいる、受けた検査やこれからの治療について分かりやすく解説して欲しい、病気や治療についてもっと情報が知りたい、といった患者様の悩みに、専門の知識を持つ看護師が相談にのります。
 これらのサポートを利用したい時は、主治医・看護師に希望をお伝えください。



患者さまのためのおしゃべり会「じゃがいも」について

 同じ病気を抱える患者さんどうしでお話をして、気持ちや体験を分かちあう会です。

 患者さまのためのおしゃべり会「じゃがいも」についてはこちら


緩和ケアについて


がん相談支援センターについて


がん緩和ケアに関する地域連携・地域の教育研修について

浜松地域の他のがん診療連携拠点病院をはじめとした関連施設と協力して、年間のがん緩和ケアに関する地域連携・地域の教育研修の年間計画をたてて開示しています


教育・研究体制


がん診療体制の見直し(PDCAサイクル)について

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?