グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 特色と取り組み  >  講習・講演会のお知らせ

講習・講演会のお知らせ

このページの目次


看護部教育講座

聖隷三方原病院認定看護師等による教育講座です。年6回開催し、1回ごとの自由参加が可能です。
(注)各コースとも受講料は100円/1回の資料代をお願いします。(当日ご用意ください)

【お申し込み・お問い合わせ先】
聖隷三方原病院 地域医療連携室
フリーダイヤル:0120-811-559(携帯電話からはご利用いただけません)
※携帯電話の方:053-439-0001
FAX:053-439-0002


摂食・嚥下障害看護コース

講座のねらい
1.患者の摂食・嚥下障害を早期に発見し、対処できる知識・技術を習得する。
2.摂食・嚥下障害患者への基本的なケア技術を習得する。

講師
リハビリテーション科医師、認定看護師、言語聴覚士、管理栄養士、歯科衛生士


2017年度日程内容場所
1回目5月9日(火)
摂食・嚥下に関わる基礎的知識救急棟3F
大ホール

17:30~19:00
2回目6月12日(月)摂食・嚥下障害患者の看護
3回目7月10日(月)間接訓練・直接訓練の原理と方法
4回目8月21日(月)嚥下調整食の特徴と作り方、栄養管理
5回目9月25日(月)摂食・嚥下障害患者の口腔ケア
6回目10月16日(月)摂食・嚥下障害患者に必要な呼吸訓練


排泄ケアコース

講座のねらい
排泄ケアの基礎的な知識、ケア方法を習得して看護実践に活かすことが出来る人材を育成する。

講師
鈴木幸子(皮膚・排泄ケア認定看護師)


2017年度日程内容場所
1回目5月10日(水)コンチネンスケアとは救急棟3階
大ホール

17:30~19:00
2回目6月14日(水)排便に関する解剖とメカニズム
3回目7月19日(水)排便障害に対するアセスメントとケア
4回目8月9日(水)排便障害に対するアセスメントとケア
5回目9月20日(水)排尿に関する解剖とメカニズム・排尿障害のアセスメントとケア
6回目10月11日(水)排尿障害のアセスメントとケア

褥瘡ケアコース

講座のねらい
各職場で適切な創傷・褥瘡・スキンケアをタイムリーに提供するために、職場で中心になって活動できる人材の育成

講師
佐奈明彦(皮膚・排泄ケア認定看護師)、フットケア外来担当看護師


2017年度日程内容場所
1回目6月13日(火)皮膚の解剖生理と創傷治癒理論の基礎 スキンケア救急棟3F
大ホール

17:30~19:00
2回目7月11日(火)褥瘡の評価(DESIGN-R)と鑑別すべき創の状態
3回目8月8日(火)褥瘡の程度によるケア方法、創傷被覆剤の使い方
4回目9月19日(月)褥瘡のトータルケア(栄養・全身の管理と療養環境調整)
5回目10月17日(火)医療機器関連圧迫創傷(MDRPU)特徴と対策
6回目11月21日(火)看護師の役割;褥瘡の予防と治療方針の決定


緩和ケアコース

講座のねらい
緩和ケア領域の基礎的な知識、技術を学習し、がん以外の患者ケアにも生かすことが出来る。

講師
福田かおり(緩和ケア認定看護師)、大木純子(がん看護専門看護師)、青木早由里(緩和ケア認定看護師)、今井堅吾(ホスピス科医師)


2017年度日程内容場所
1回目5月8日(月)ケアとしてのコミュニケーション救急棟3階
大ホール

17:30~19:00
2回目6月5日(月)がんによる苦痛について(総論)
3回目7月3日(月)がん疼痛(各論)
4回目8月7日(月)精神症状の治療とケア
5回目9月4日(月)その他のよくみられる症状(呼吸器症状 消化器症状 他)
6回目10月2日(月)看取りのケア


がん放射線看護コース

講座のねらい
がん放射線療法の基礎的な知識、技術を習得して看護実践に活かすことが出来る人を育成する。

講師
西野奈々江(がん放射線看護認定看護師)、放射線治療科技師


2017年度日程内容場所
1回目10月14日(土)放射線治療概論ホスピス
2階研修室

17:30~19:00
放射線治療の実際
根治治療の特徴と患者支援
2回目11月11日(土)緩和治療の特徴と患者支援
代表的な有害事象①放射線皮膚炎
代表的な有害事象②放射線粘膜炎

救急看護コース

講座のねらい
救急における基本的知識と救命技術を習得し、臨床において異常の早期発見・対応できる看護師を育てる。

講師
大瀧友紀(救急看護認定看護師)


2017年度日程内容場所
1回目6月6日(火)気道と呼吸ホスピス
2階研修室

17:30~19:00
2回目7月4日(火)循環
3回目8月1日(火)救急におけるフィジカルアセスメント①
4回目9月5日(火)救急におけるフィジカルアセスメント②
5回目10月3日(火)救急におけるフィジカルアセスメント③
6回目11月7日(火)災害時における自職場での対応について


がん化学療法看護コース

講座のねらい
がん化学療法の基礎的な知識、技術を習得して看護実践に活かすことが出来る人を育成する。

講師
加藤亜沙代(がん化学療法看護認定看護師)


2017年度日程内容場所
1回目10月14日(土)がん化学療法概論 ホスピス
2階研修室

17:30~19:00
抗がん剤の安全な取り扱い・安全な投与
がん化学療法の副作用を最小限にするためのセルフケア支援
2回目11月11日(土)がん化学療法の副作用とケア  ①悪心・嘔吐
がん化学療法の副作用とケア  ②骨髄抑制・口内炎
がん化学療法の副作用とケア  ③脱毛・下痢、便秘


感染管理コース

講座のねらい
1.病院感染を防止する為の、基礎的な知識と技術を提供する。
2.職場内で中心となり感染予防の行動を推進することができる人材を育成する。

講師
颯田千絵子(感染管理認定看護師)


2017年度日程内容場所
1回目5月18日(木)標準予防策ホスピス
2階研修室

17:30~19:00
2回目6月15日(木)感染経路別予防策
3回目7月20日(木)感染防止技術
4回目8月24日(木)職業感染予防対策      
5回目9月21日(木)感染症発症時(アウトブレイク時)の対応,検体採取
6回目10月19日(木)冬季に流行する疾患の感染予防対策


集中ケアコース

講座のねらい
ICU、リカバリー領域看護の基礎的な知識、技術を習得し看護実践に活かすことのできる人材の育成

講師
大石佐奈美(集中ケア認定看護師)


2017年度日程内容場所
1回目6月7日(水)侵襲と生体反応第4会議室

17:30~19:00
2回目7月5日(水)フィジカルアセスメント(循環)
(持ち物:聴診器)
3回目8月2日(水)フィジカルアセスメント(呼吸)
(持ち物:聴診器)
4回目9月6日(水)人工呼吸器装着患者の看護
5回目10月4日(水)早期リハビリテーション
6回目11月1日(水)重症患者の栄養管理


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?