グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 特色と取り組み  >  院内助産所たんぽぽ

院内助産所たんぽぽ

院内助産所たんぽぽのご案内です。


当院では、助産師が中心となって順調な妊娠経過の方の「お産」を担当していく院内助産所 『たんぽぽ』 を2009年3月に運用開始しました。

これは医療設備・体制の整った病院内での「安全なお産」と、産後まで専任の助産師がご夫婦のバースプラン(注)に沿ってお世話させていただきアットホームで快適な「あたたかいお産」の両立が実現可能なシステムです。

『たんぽぽ』では、お母さんが本来持ち得ている「自らが産む力」と赤ちゃんが持っている「生まれてくる力」を手助けし、安心とともにご満足いただけるような「お産」を提供していきたいと考えております。産科医師、小児科医師とも連携をもっておりますので更にご安心いただけると思います。

また、分娩施設の減少や分娩難民と呼ばれる妊産婦の発生が余儀なくされている社会の中、産科医師と助産師の役割分担は重要となっています。産科医師と助産師で「医師の援助が必要な分娩」と「正常分娩」の役割分担をすることにより、分娩件数確保と安全の確保、更に産科医師への負担軽減と助産師のモチベーションの向上があると期待しています。

(注)バースプランとは…いわゆる「お産の計画」です。しかしもっと大事なことは赤ちゃんに今、親として何をしてあげられるだろうとか、ご夫婦でお産の計画を考えることで、夫婦の絆や赤ちゃんを含めた家族の絆につながり、おなかの赤ちゃんに語りかけながらおこなうことで胎教にもなります。



院内助産所たんぽぽのご利用案内です。

たんぽぽでの出来事をご紹介します。(記事内の写真及びお名前は、ご本人了解の上掲載しています)

たんぽぽでの思い出写真を紹介しています。(記事内の写真及びお名前は、ご本人了解の上掲載しています。)

院内助産所たんぽぽにおけるお産の状況をお知らせします。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?