グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > ご利用案内  >  当院の医療への取り組み  >  セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンについてのご紹介です。


このページの目次


セカンドオピニオンとは

現在診療を担当している医師の見解とは別に、他の医師等の意見を聞くことをセカンドオピニオンといいます。当院では、患者さんが当院以外の医師のセカンドオピニオンを確認できるように、希望があれば当院での診療上のデータを提供いたします。


セカンドオピニオンのご案内



なぜセカンドオピニオンが必要か

説明する人は自分が最もよいと思う方針を勧めます。それが絶対的に適切かどうかは分かりませんが、一人の話を聞いただけではそれだけがよい方針に思えてしまいます。別の立場の人から説明を受ければ医学の素人でも具体的な比較ができるようになると期待されます。そもそも最もよい方針を見つけようとするのは自然な欲求であり、密かに相談する人は昔から大勢いました。



セカンドオピニオン導入の経緯

1992年にインフォームド・コンセントを当院の方針とし、情報提供に重点をおきました。しかし情報量を増やしたからといって、「自己決定」は浸透しませんでした。

そこで検討したのがセカンドオピニオンの普及です。単なる情報提供だけでは自己決定は進まず、かえってインフォームド・コンセントが単なる手続きのようになってしまいます。自由に相談ができれば選択肢の具体的なイメージも湧いてきます。複数の意見を聞くことで医療の限界やあいまいさを理解していただける可能性もあります。その結果自由に医療機関が選択できれば、医療者と患者さんが対等になって新しい関係が生まれるという期待も出てくると考えました。



導入後の患者さんの反応

1998年8月、医師へのアンケートを実施したところ、患者さんからセカンドオピニオンの申し出を受けたことがある医師は1割程度でした。

医療相談室への申し出も当初はほとんど見られませんでした。しかし、当院の姿勢が徐々に浸透し窓口を訪れる方は増え始め、この数年ではっきりと希望を述べられる方も少数ではありますがみられるようになりました。



当院ではセカンドオピニオンについて何を実施しているか

1998年4月末「セカンドオピニオンが気軽に聞ける環境作り」の方針を明らかにしました。

・セカンドオピニオン推奨ポスターの掲示
・入院患者さん用パンフレットに文書追加
・職員に文書を配布し体制の確立

現在、患者さんから医師、担当看護師に申し出があれば紹介状及び必要なデータをお渡ししています。また、患者さんがセカンドオピニオンを気兼ねなく受けていただけるよう医療相談室にも対応窓口を設けています。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?