グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。

外科

診療科責任者、専門外来、スタッフなどについてのご案内です。


このページの目次


診療科責任者

荻野 和功 病院長

荻野 和功 病院長

藤田 博文 外科部長

藤田 博文 副院長・外科部長

浅利 貞毅 外科部長

浅利 貞毅 消化器外科部長



概要または責任者から一言

消化器センター外科と同じスタッフで構成されています。外科を訪れた患者さんが一般外科に行くのか消化器センター外科に行くのかはそれぞれの科が扱う対象疾患により分別されます。最もわかり易い説明は、外科の疾患の内で消化器に関するものを除いた残りが一般外科で扱う疾患となります。代表的な疾患は悪性のもので乳癌、甲状腺癌、良性のものでは各種ヘルニア、乳房甲状腺の良性疾患です。また、救急で訪れた患者さんの傷の処置も毎朝おこなっています。乳房と甲状腺に関しては、週に3回専門外来を開いており、即日で超音波検査、レントゲン検査、必要なら針生検検査ができる体制となっています。どのような疾患でも患者さんにわかり易い説明を心掛けていますが、特に乳癌の患者さんには治療の選択肢が多岐にわたるため、忙しい限られた時間ではありますが、「できるだけわかり易く丁寧に」を目標に診察をするよう心掛けています。



専門外来

乳腺甲状腺外来は月曜日・水曜日・金曜日の午後に予約制で診察をおこなっています。超音波検査・病理検査の技師の方々の協力のもと、必要あればその場で乳房エコーや細胞診・針生検がおこなえるシステムをとっています。注射室とも連携し一部の化学療法を外来でおこなっています。



スタッフ

 職位卒年専門領域・認定医・専門医
荻野 和功病院長1978年日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本乳癌学会専門医 乳腺専門医
日本救急医学会専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
インフェクションコントロールドクター
日本がん治療認定医機構暫定教育医
マンモグラフィ読影認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
藤田 博文副院長
部長
消化器センター長
1988年日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
マンモグラフィ読影認定医
臨床研修指導医講習会修了
NST医師教育セミナー修了
日本肝胆膵外科学会評議員
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本内視鏡外科学会 技術認定医
da Vinci Surgical System Off-site Training Program修了
Robotic Observationship 研修終了(da Vinci)
浅利 貞毅部長1997年日本外科学会指導医
日本外科学会専門医
日本外科学会認定医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本移植学会移植認定医
マンモグラフィ読影認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
木村 泰生医長2003年日本外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本救急学会JATECプロバイダー
臨床研修指導医講習会修了
NST医師教育セミナー修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
da Vinci Surgical System Off-site Training Program修了
Robotic Observationship 研修終了(da Vinci)
S System Modules - Japanese Online Training Modules 研修修了
瀧口 豪介医師2008年日本外科学会専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本食道学会食道科認定医
野毛 誠示医師2009年日本外科学会外科専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
丸山 翔子医師2010年日本外科学会外科専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
マンモグラフィ読影認定医
宮崎 敬太医師2011年がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
片桐 悠介医師2012年 
高井 亮医師2012年がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
西尾 公佑医師2014年 
北條 真鈴医師2015年 
2017年11月2日現在


主な疾患の入院期間

手術のための入院期間は、標準的手術方法で問題点がない場合、乳癌手術9~14日間前後(個人差あり)、甲状腺手術7日間、成人鼠径ヘルニア手術5日間、小児鼠径ヘルニアは日帰り手術です。



クリティカルパス

クリティカルパスは、入院中の治療や検査等、標準的なスケジュールをご説明した経過表です。
現在当科で実際に使用されているクリティカルパスについてはこちらをご覧ください。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?